その他 PR

テカテカEVAグリップを新品同様にしてみた!意外に簡単!

こんにちは、マキタのツールボックスを釣り具入れにしたい、たかっぺです

皆さんロッドで一番気になるところは何処ですか?

管理人は、EVAグリップがテカテカになっているのが凄い気になります

このテカテカを直す方法は無いものかと調べているとありました

意外にたくさんの方が投稿しているので参考にさせていただきました

今回は、EVAグリップを新品みたいにしてみよう!のお話です

ロッドの一番みすぼらしい場所

ルアーロッドの多くはEVAグリップを採用されていて、ロッドが滑らないことや高級感に一役買っています

でも新品の頃は、とても質感よく高級な感じがありましたが、釣行を重ねていくたびにEVAグリップがテカテカになっていきます

そんなロッドをまじまじと見ると、色々な釣行の思い出と少しみすぼらしくなった見た目に思いをふけてしまいますよね

そもそもEVA素材自体が押し圧に弱い性質があり同じ場所を幾度も当てると癖がついていきます

あまりテカテカにさせてしまうと、滑り止め効果も薄れるので結果としてロッド破損に繋がるので何とかしたいですよね

グリップ交換はDIYでは難易度高し

テカテカになったからグリップを交換してみよう!

と、DIYでしようとするのは結構至難の技です

グリップだけがハマっているわけでなく、固さや質感を求めるためにグリップ内部は意外にしっかりと作りこまれているのが多いです

特に造形がされている物であれば自分で交換は難易度はかなり高くなり、結果的に専門のメーカーで修理依頼という形になります

経年劣化で徐々に朽ちていく物は依頼するしかないわけですが、テカテカなだけであれば今回の修繕方法をする方が、断然見た目もよくお安く済みますよ

甦れ!テカテカグリップ!

今回はアピアのフージンRSの少しテカリ気味になってきたグリップを施工していきます

ということで、準備するものとどのようにしたのかを少しお話していきましょう

用意するもの

・布(水拭き用) アルコールシートでもよい

・320番の紙やすり

・マスキングテープ

・ライター

養生

まずはリールシートやロッドエンドキャップなどEVAグリップ以外の場所をマスキングテープを使って傷がつかないように処理します

汚れをふき取る

EVAグリップについた手垢などを水拭きやアルコールシートを使って綺麗にしておきましょう

意外に汚いです

ペーパーでこすり傷をつける

320番の目の細かい紙やすりで軽くなでるように同じ方向に軽くこすりましょう

こすることで、テカテカ部分が毛羽立ちます

あまりこすりすぎると形が変わるので要注意

ライターで炙る

じっとりと炙らないようにしましょう、EVAは樹脂なので熱に非常に弱いのでサッと炙るようにしましょう

ちなみに火であぶるのは、全体の質感をよくする為です

新品みたい!?

テカリが抑えられて、全体的に質感も新品時に復活!(少し焦がしましたが…)

とりあえず完成!!

気になったら都度しましょう

結局使い続けるとEVAグリップは押し固められていきます

1度施工したから大丈夫というワケではないですね

気になってきたら都度するようにすれば、経年劣化は除いて新品みたいな気分にはなりますよ

是非お試しあれ

まとめ

テカテカEVAグリップは俺の釣りの歴史そのもの!

と、思い出にふけていても現実は単なる汚れと押し固めただけの話

やっぱり、どうせ持つなら新品みたいなタックルが理想ですよね

意外に簡単に今回の方法で綺麗になるので、お勧めな方法ですよ

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう! By たかっ

(Visited 51 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。