新型コロナウイルス感染予防について

ホライゾンLJは粘りと操作性がいい!2年間使いこんだ結果…

ホライゾンLJは粘りと操作性がいい!2年間使いこんだ結果…

こんにちは、愛犬が最近なつかずに少し困っています、たかっぺです

この2年間ライトジギングで愛用しているホライゾンLJですが

鰤やサワラ、鯛など数多くの魚種を仕留めてきて、そのロッドの特性とライトジギングとは思えない強靭なバットは自分のジギングスタイルにはピッタリと手放せません

今回は、愛用しているホライゾンLJ を2年間使いこんだインプレをしてきます

ライトジギングで鰤を求める最高のロッド

Best rod

管理人がオフショアジギングをを初めて、もう15年近く経ちメインフィールドを鳥羽沖や志摩沖などを中心としています

伊勢湾出口のこの海域では、潮通しもよく木曽三川の栄養がもたらす好フィールドです

鰤やサワラ、鯛やシーバスにアジやイサキなど幅広い魚種に恵まれています

そんなフィールドをジギングで狙う際に中心となり、軸としているのがライトジギングタックルです

中でも、冬場のライトジギングで狙う鰤に好都合なロッドとしてテンリュウのホライゾンLJ があり、管理人が絶対的な信頼を置くロッドです

このロッドは出始めた当時から使っており、ジグ操作のしやすさと、鰤がかかっても主導権を与えないパワーが魅力でして、他のロッドのハイエンドクラスにも引けを取りません

新作が出るたびに買い換えて、進化したホライゾンLJを使い続けています

価格帯も魅力で、操作性と強靭なパワーを兼ね備えてジギングロッドの中では購入しやすいのではないでしょうか

ホライゾンLJは強靭さが信用の証

HP

テンリュウHPより一部抜粋

テンリュウ独自の技術にC・N・T(カーボンナノチューブ)用いています

このホライゾンLJ に採用されていて、バット部分にCNTが用いられています

カーボン繊維と樹脂で覆ったシートを巻いてロッドを仕上げていくのですが、これだけでも粘りがあるロッドなのですが、より強靭に仕上げるためにカーボン繊維と樹脂の間にCNT粒子を入り込ますことでより結びつきを強くしている技術で、ライトタックルという枠を外れた強靭なパワーを得られる製法です

簡単に言うと10㎏オーバーの鰤が来ても主導権を渡さない強靭なバットパワーがあるのがホライゾンLJなのです

この進化が無ければ、新型のホライゾンLJには乗り換えませんでした

まさに信頼のパワーの証なのですね

ジグの繊細な操作を可能にするティップは素晴らしい

また、もう一つの技術にマグナフレックス製法というのがありますが

旧型のホライゾンLJのも搭載されていました

ティップ部分には繊細なジグアクションを可能にするためにグラス素材を用いてしなやかさを追求しているのが大きな特徴です

カーボン素材とグラス素材を一緒にするマグナフレックス製法がホライゾンLJに搭載されていて

簡単に言うと、ジグの動きを繊細にコントロールできるティップとがベイトが多い場所で弱り切ったベイトを演出できる理想のロッドアクションなのです

ジグを動かしながらも動かせすぎない絶妙なコントロールができるというわけです

CNTとマグナフレックスで最強なライトジギングロッド

最近では、色々なメーカーから面白いロッドがたくさん出てきています

中でもジグ操作に特化し、かつ強靭なバットパワー2曲を兼ね備えているロッドは珍しいです

その操作感はベテランから初心者まで幅広い層で使え、安心できるロッドですね

そんなホライゾンLJのラインナップはベイトモデル4機種・スピニングモデル4機種になっており

中でも鳥羽などの海域でお勧めのが、HLJ621B-FML(ベイトモデル)になります

鳥羽の冬場の巨鰤ジギングでは、いつも満船で出航し必ずと言っていいほど船を立てて操船します

そうなると、よりバーチカルな釣りを展開していきますので、パワーと縦の操作に特化したベイトモデルが有利になってきますし、120g前後のショートジグを操るのでこの機種を主に使っています

数々の鰤を仕留めたロッド

このライトロッドで鰤を仕留めるのは爽快感があり、楽しさも倍増します

このロッドのパワーを信じれるからこそ、強靭なノットが編み込め少々強引なやり取りも可能です

このロッドの繊細さがあるからこそ、ジグの動きを感じ取れます

このロッドを使って2年間大いに遊んでいまして、多くの鰤を釣ってきました

buri

1日で鰤を6本釣り上げたことも…

Various fish

いろんな魚種を釣ったことも…

double

ダブルヒットもあったことも…

このロッドなしでは、なしえていないこともありましたよ

繊細なジグ操作は、ライトジギングでは必須ですよ

今までの釣行内で詳しく出ていますので参考にしてください

シャクりが鰤を呼ぶ!今年も鳥羽が熱い!20210121釣行記

シビアな状況から一転…鰤乱舞!鳥羽ジギング釣行記

ロッドに注意点

どのロッドでもそうなのですが

ロッドを破損させないような注意は絶対に守りましょう

基本的にドラグ値を守るということと、ロッドの曲げすぎには注意が必要です

ドラグの締めこみすぎには要注意

よく、ロッドにも記載があるMAXドラグ値よりも締め込みすぎは危険です

ラインブレイクが危険ではなくて、ロッドの限界値を上回らないようにすることが大切です

強靭なバットは持っていますが、やはりライトジギングロッドです

ドラグが強すぎると最近のラインは特に強く、ノットも強く編み込めるような治具もあります

そのままファイトや根がかりを無理に外そうとすると思わぬところで折れたりしますのでドラグ設定値は上限を守るようにしましょう

これはどのロッドでも同じですよ

ロッドの曲げすぎに注意

よく竿尻をお腹に当ててポンピングしている方はいますが

この時過度にロッドを曲げこむことは厳禁です

どんなに性能がいいロッドでも限界点は存在します

そうしてしまうとロッドは簡単に折れます、中にはロッドの作りがいいので力を分散させるため粉々になるロッドも存在します

基本的にライトジギングでのやり取りは脇差でファイトをするのがロッド破損は免れるとともに、魚をばらしにくい操作にもなるので気を付けましょう

テンリュウロッドは使いやすい物が多い

テンリュウHPより一部抜粋

ホライゾンLJだけをお話していますが、他にも優れたロッドは多いです

ホライゾンシリーズに新たにMJが加わったことや、ディープライナーシリーズも多くのかたが使っているロッドです

タイラバ専用ではレッドスナイパーは、感度がとてもよく春の大鯛にはピッタリのロッドではないでしょうか

テンリュウひいきをしているわけではありませんが、全ての人に使い勝手のいいロッドを開発しているのは素晴らしいですね

【ホライゾンMJ】は伊勢湾ジギングでは無敵のロッド?!今までにない発想がすごい!

まとめ

今回は、管理人が年間愛用しているホライゾンLJについてお話してきました

他にもいいロッドはたくさんあるのですが、繊細さとパワーを合わせ持つロッドは手放せません

特に、これであまり釣れていない状況で釣るのはうれしい限りですし、「ロッドは何使っていますか?」と聞かれた時にホライゾンLJと胸を張って言えるのはうれしいですね

誰でも使えば納得のホライゾンLJを試してみてはいかがでしょうか

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ