新型コロナウイルス感染予防について

デイ爆発ルアー!シャルダスの魔力を徹底インプレ【おいしい使い方】

デイ爆発ルアー!シャルダスの魔力を徹底インプレ【おいしい使い方】

こんにちは、くしゃみをすれば怖い視線を感じるたかっぺです

デイでもナイトでも、シーバスを狙うには最高の季節となりました

あちこちでボイルしている光景は興奮ものです

そんなデイゲームではトップ系やバイブレーション、ワームなどを駆使してシーバスを誘うのですが

表層をブレードでゆっくり誘うルアーでも好反応を示します

その意図に添うのが今回紹介する【シャルダス】になります

発売してから、人気が高く今や売り切れ続出の魔法のルアーは一体何がいいのでしょうか

今回は、シャルダスについて色々お話していきます

デイシーバスにシャルダスは必須!

デイゲームでシーバスの気を引くルアーとして、波動で寄せるバイブレーションや水面を逃げ惑うベイトを演出するトップ系等々があります

どのルアーもシチュエーションが合えば好反応を示して欠かせないルアー達です

そんな中に新たに一つルアーを加えるとしたら浮き上がり早く表層をブレードで寄せる【ブルーブルー株式会社のシャルダス】をぜひ入れておきたいところです

今まで鉛製のブレードルアーでシーバスはよく釣れましたが

表層付近をブレードで誘うジャンルはあまりなく、表層を意識しているシーバスにはトップ系に次ぐ新たな攻めの一つとして1軍扱いになっています

そんなシャルダスについて、もう少し詳しくお話していきましょう

浮く+ブレードの魔力は絶対的エース

ブレード系のいいところは、ブレードの回転によってフラッシング効果と波動がシーバスがベイトの認識を高めるところです

皆さんがよく聞くブレード系というと、鉛製をよく思い浮かべます

意図してレンジの攻略を容易にして優秀なルアーなのですが

表層を引く場合には、小型な物+早く巻くことにを意識しないと表層は引けません

表層直下を綺麗にブレードを回転させて誘うとなると、水面から飛び出たりするので操作が難しいことがありました

しかし、シャルダスでは早く巻くことをしなくても、巻きだせば浮いてくる形状をしているので

ゆっくり巻きシーバスによく見せてブレードの煌きで食わせることが容易にできるルアーです

トップ系で出なくなり、バイブレーションを試す前に是非投入してほしいルアーがシャルダスでもあります

新たな攻めで誰よりも多くのシーバスを手にすることができるかもしれませんね

豊富なサイズ展開

シャルダスにはサイズ展開が色々あります

重量で種類あるわけですが

どんな場所で使ったりするのかをお話ししていきます

14g

流れの中をゆっくりと誘えて、浮き出しにくいのが大きな特徴です

つまり河川での流れの中を引くためのルアーと言ってもいいですね

浮きにくい浮力設定なので水面を暴れだすようなことが少なく、アップクロスで流れより早めのリトリーブをすればシーバスがいれば一撃で食ってきます

14gとシリーズ最小ですが、飛距離はよく出るので是非リバーシーバスには入れておきたいところですね

20g

シリーズの中で扱いやすさとオールマイティーに使える重量設定

使える場所を選ばないのが大きな特徴です

港湾・小規模大規模河川・河口・ピン打ちなどどこでも使えるので持っておきたいところです

実は、この20gは浮きがはやく、リトリーブがうまくあわないと水面を飛び出したりするので少し注意が必要ですね

35g

メインフィールドは磯場やサーフ、逆風吹き荒れる場面などでも威力を発揮します

とにかく荒波でも負けじと泳ぐ重量が欠かせず、ヒラスズキにおいてはサラシの中でも動きが破綻せずにゆっくりとブレードを感じながら巻けるので、ルアーがどの位置にいるのかがよくわかります

巻きがかなり重たいジャンルに入るので、パワーのあるタックルで挑むのがセオリーですね

もはや入手困難?引き波シャルダス

浅いレンジを、もっとゆっくりに引くためのルア

管理人の地元では、浅い場所でシーバスをどのように食わすかがカギとなります

デイゲームでウェーディングで浅瀬のブレイク付近まで移動して探りを入れる時に、この引き波シャルダスが特攻ルアーになってくるのです

ブルーブルーのオンラインショップで購入可能ですが

売り切れが続出なので、あればすぐにでも購入したいところですね

ブルーブルーオンラインショップはコチラ👈

ちょっとした食わせのコツ

このシャルダスは水面直下を綺麗にブレードを回転させて釣ることを目的にしていますが

リトリーブスピードを上げると、水面から飛び出してしまいます

これでは釣れない…と思いきや

よくバス釣りのテクニックでスピナーベイトのバジングという技があります

瞬間的に、わざと水面で波紋をたてて食わせのスイッチを入れるのですが

シーバスでもバジングは有効で、ここぞというポイントでわざと水面を割るような動きをさせると、それが食わせのスイッチになるので試してみては

少しコツが入りますが

ちょっとした技として、扱ってみても面白いですよ

ピン打ちにも効果大!

実は、管理人がよくするピン打ち

テトラの際をひたすらシャルダスで攻めるだけですが

すぐに浮く姿勢を利用すれば、結構バイトを拾えます

特に日中ではシーバスは物陰に隠れることが多いです

物陰をタイトにシャルダスの食わせの魔力で攻めたりすると、シーバスも我慢できなくて割って出てきますよ

障害物回りに、誰もいないデイでは秋口などは大チャンスですね

シャルダスピン打ちを試してみては

やばいチューニング

よく釣れるシャルダスですが

さらに釣れるように工夫したのが、ヤバイチューニング方法で【バルダス】というのがあります

シャルダスでも、金属の波動ではスレが生じてしまうものです

同じ周期で同じフラッシングではスレるのも当たり前

そこで、ブレードをマドネスのシリコンブレードの交換するだけで、更に爆発します

波動に滑らかさが出るのでしょうか?

幾度も同じコースを攻めて出なかったのに、ブレードを変えて水面爆発があったのは衝撃でしたよ

このヤバイチューニングの詳細は関連記事があるので参考にしてみてください

このルアーはヤバイ!シャルダス+シリコンブレードの【バルダス】はお勧めチューン

まとめ

デイの新たな一手にシャルダス

サイズ特性で色々なシチュエーションで攻めれる万能ルアーです

これでなければ釣れない状況も多々あるようになってきました

アナタの攻めの一手にシャルダスをどうぞ

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ