ジギング PR

ジギングで大漁のコツは【ジグを素早く落とせ!】船長が語る真実とは

こんにちは、高い牛乳と安い牛乳の味がいまいちわからない たかっぺです

突然ですが、ジギングにおいて大事なことは何ですか?

多くの方はジグやロッド・リールなどのタックルと答えますが

まず意識したいことは素早い行動です

仕掛けを早くセットするということではなく、ポイントに着いてからのジグ投入する一連の行動をとにかく誰よりも早くすることです

これは、どの船長さんも同じことを言います

一体どういうことなのか、詳しくお話していきましょう

早く落とせ!

どんなにいいジグやロッド・リールを使っていても魚を掛けないと意味がありません

このジグ釣れる…このシャクリがいい…どれも大切なことですが

もっと大切なことは、そのポイントで一早くターゲットにリアクションさせることです

その為には、ジグを素早く着底させることが大切になってきます

いたって簡単なことですが、結構これができていない方が多いと船長さんは口を揃えて言っています

よく常連さんの乗合になると、船長さんから「早く落として!」という言葉が出ることがあります

ポイントにいるから釣れるではなく、ポイントだから一瞬のチャンスをものにしてほしいとのことなのですが

一体どういうことなのでしょうか?

紐解いていきましょう

ジギングでのポイントを知ろう

お話を進める前に、ジギングのポイントの見つけ方を知っておかなければいけません

ここでポイントになるのがベイトの溜まり方です

船長さんはベイトがたまるポイントをたくさん知っています

ベイトの塊がいれば、確実にターゲットもいるであろう予想の元に季節と潮の動きを見定めてポイントを選定してきます

そしてベイトの動きとターゲットの動きが魚探で明確になると、管理人がよく通う遊漁船では「立ち上がっている」という表現をします

この時が最大のチャンスで、高確率でヒットさせることができます

このことを念頭に置いてお話していきましょう

素早くジグを落とせ!

素早く落とすということは、ジグを重たくして着底させるということではありません

素早くとは、船長さんの「どうぞ」の声と同時にジグを投入できるようにするという意味です

先ほどのポイントのお話をしましたが

魚探がベイトモリモリの反応とターゲットが捕食しているであろう状況であれば、リアクションの確率も高いはずです

ですが、その勢いは船の侵入やベイトの移動で状況がすぐに変わります

よって、ベストなタイミングで食わせる必要があるために素早くジグを落とすということなのです

ポイント到着前に投入準備

先ほども言いましたが

ポイントに到着し合図と同時にジグを投入する方と、合図でタックルを持ちジグを投入する方とではよく釣る方は合図と同時にジグを投入する方が圧倒的に釣ります

つまり、ベストなタイミングを逃さないためには、合図を待ち準備よりもポイントにゆっくり侵入する状況を見込みリールのベールやクラッチを切っていつでも投入準備を済ませ合図と同時に投入することはジギングにおいて大切なのです

ジグを最適にセット

いくらジグを早く落としても、ジグがベイトに合っていなければ話になりません

実釣の時間が進むにつれてジグはある程度絞れてきますが、前半戦はある程度のジグを選んでおく必要があります

極端な例で言うと、イワシやサッパがベイトではショートジグが有利なはずなのに、ロング系を使っていたりすることやその逆もあります

これは出船前に船長さんに状況を予め聞いておくとその日の最適なジグやカラーを知ることができて無駄な時間が無くなりますよ

ルーティンを意識しよう

実は、この素早く落とすという意識はすぐにはできません

仕掛けの交換や、少しの睡眠等々

待ちの時間の過ごし方で、どんどんと気力がなくなってきてしまいます

こうなると、いつチャンスがあってもおかしくないジギングでは釣れないと言っているようなものです

そこで、常に意識したいことはジグ投入までのルーティンが大切です

体調が優れない場合は仕方ありませんが、それ以外では船が侵入の為にスピードを落とした時にタックルを持ち釣り座に立ち合図を待つ意識を常に持つことを体に染み込ませるようにしましょう

僅か8時間程度の実釣と、高いお金を払ってターゲットを釣り上げるワケですから無駄な動作は極力減らしたいというワケですね

まとめ

ジギング釣行で船長さんが「早くジグを落として」という言葉

チャンスをものにしてくださいという意味が詰まっている言葉です

すぐに状況が変わるジギングでは、わずかなチャンスをものにできるかどうかで変わります

ジグの種類やカラー、タックルバランスも大いに関係ありますが

ポイント到着してからの素早い行動こそがこのチャンスをものにできるのです

常連さんであればあるほど皆さん必然として出来るテクニック

早く落とすをとにかく実践してみましょう

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう! By たかっ

(Visited 52 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。