オフショアジギングを快適に!夏場の熱中症対策とは

オフショアジギングを快適に!夏場の熱中症対策とは

こんにちは、急に暑くなると体のだるさが取れませんね、たかっぺです。

夏場でのジギング釣行においてとても大切したいことがあります。

それは、人体の保護でして

夏場のジギングは過酷な現場です

少しでも快適に釣りを楽しみたいと思うのはアングラーの願いですよね

今回は、夏場のジギング釣行で必ず着用しておきたい着衣についてお話していきます

夏場のジギングは無風・高気温・照り返しとの闘い

夏場のジギングでは、無風で高い気温と、海面の照り返しによる体力の消耗

ただでさえ早く起きて渡船屋に向かうのですから、体力が消耗するのに拍車がかかるのも当然です

最近では、35度を超えるような環境で無風であれば尚更でして

こまめな水分補給は勿論、こまめに休憩が必須は必ず守って釣りをしていきましょう。

怖い熱中症

このような過酷な環境だと、熱中症が懸念されます

熱中症を防止するためには、こまめな水分・塩分補給をして体の温度を下げるために汗をかかして気化熱で体温を下げることで回避できます。

しかし、汗をかいても気化する為の風が無い場合だと効果は薄いことになります

熱を奪おうと汗を大量にかくけど、熱が奪われにくい環境になっているために体温は上昇していき熱中症を発症するわけです。

熱中症のサインとは

熱中症を発症すると色々な体の異常のサインが出てきます

初期症状で分かりやすいのが

・汗をかかなくなること

・鼻水が出てくる

この段階で自力で水分を補給できるのであれば、必ず日陰で(船室などの)休憩するようにしましょう

熱中症が進行すると

・ずきんずきんと脈打つような頭痛

・体の異常なほてり

・手足のふるえ

この段階ではかなり危険な症状でして、とにかく体で大きな血管が通る脇や股などを冷やす必要があります

意識があり、自力で水分補給ができるようならば少しづつ水分を補給させましょう

震えが大きい場合は至急救急搬送が必要です。

救急搬送が必要な場合

・激しい震え

・意識障害

・猛烈な吐き気

この状態になると一人では起き上がることはできません

至急に救急搬送が必要になってきます

特に、吐き気がある場合には急性腎不全を起こしている可能性がありますので一刻を争います

熱中症にならないために

よく聞く熱中症ですが、軽傷でも自分で立つのが苦しい状態です

こうならないためにも、必要なことはこまめな水分補給気化熱を考慮した服装日照りや照り返しを抑えた服装が絶対条件です

釣行時間は数時間でしょうが、持っていく水分は多すぎるくらい持っていきましょう

そして衣類にもこだわることで、リスクを軽減できますよ

また、帽子は絶対必須です

出来れば、サファリハットがお勧めでして首まで影になるものが好ましいです。

汗のイメージが強い熱中症ですが、頭を長時間高温にさらされると意識障害がおこりやすい状態になりますよ

首筋も大きな血管と頭に近い血管なので温めるのは禁物です。

首筋も冷やせれると尚いいでしょう。

少しでも快適に過ごす為の工夫

出典:シマノホームページより

そんな過酷な環境を少しでも快適に過ごす為の衣類の工夫があります。

最近では、よく見るものでして

ストレッチ素材で体にフィットする長袖のインナーシャツで、吸汗性に優れて速乾性に長けるものを選ぶのがいいですね

汗を吸いすぐに乾くことで熱を奪うので、何もつけていない状態よりも快適な訳でして

更に欲を言うと、冷感素材の物がいいでしょう

少しでも涼しく感じるように工夫することが夏場は大切ですよ

このようなインナーを上下で着れば日焼けを防ぐことも出来て、釣行後の火照りも軽減されますよ

アウターにも同様の素材を使用したものを着れば夏場のジギング快適ファッションの出来上がりです

日焼け止め対策にも効果的

日焼けというと健康体のイメージを抱きますが、過去のことです。

多少日焼けするのは悪くはありませんが、浴び続けるのはよくありません

シミや皮膚がんのリスクが高くなるのと、帰宅後に体が火照ってしまい疲れをとることができなくなります。

日焼け止めを定期的に塗るのも手間になってきまして

やはり、薄くて吸汗速乾性のある長袖のストレッチインナーを上下に来た方がいいでしょう

素地にも紫外線対策を講じてあるものを選ぶとベターですよ

空調服の存在

最近、現場作業をしている方には必須のアイテムでして

それが空調服です

背中側に2つの内気用のファンがあり、内部に強制的に風を送って通気させる役割があります。

管理人も現場作業者でして、この空調服は今では現場作業に欠かせません

夏場のジギングにも持ってこいですが

通気ファンのモーターは水に弱いですので、波がかぶらない条件で使う必要があります

船の移動の際は波がかぶらないところに移動することが必要ですね

又、バッテリー駆動ですので使い方にコツが入りますよ

お勧めインナー・空調服

色々お話しましたが、実際にはどのようなインナーがいいのかをご紹介していきます。

釣りに行くなら釣り具メーカーの物が一番考えられているのでお勧めです

・シマノ:SUN PROTECTION ロングスリーブシャツ

紫外線から肌を守るをコンセプトに作られたものです。

釣りは激しい動きが多い場面があります

激しい動きにも耐える耐摩耗性の素地を使用しながら、吸汗速乾性があるので長いこと愛用できるのがいいですね

・ダイワ:DU-60009S(UVカット クールアンダーシャツ(ミドルネック))

吸水速乾は勿論、通気性にもこだわっています

メッシュを採用しているので、わずかな風でも気持ちよくいられるでしょう

また、紫外線対策もばっちりなシャツです

・RBB:RBB COOL ラッシュガード

シーバスアングラーなら知らない方はいないほど人気なRBB

素地にもこだわっていまして、キシリトールを素地に練りこみ冷感できるような製品です

また、よく動くのを考慮して少し厚めの素地で作られていますよ

空調服

釣り用の空調服は今はありませんが、色々と出ているので紹介します

ただし、記述にもあるように防水使用ではないことや海水域で使用するので、その辺りをを十分考慮して使いましょう

水さえ気にしていれば結構使える代物ですよ

・ディッキーズ×空調風神服:エアーマッスルバックチタンベストセット

生地の裏側にチタンをコーティングしてあり、内部の温度上昇を抑えた効果がありまして

ファンによる冷却も効率的に行える快適使用です。

・バートル: 半袖 ブルゾン エアークラフト AC1076 レッドファン&バッテリーセット

作業着でおなじみのバートルの製品です

現場作業を中心に考えてあるので、とにかく頑丈です。

見た目がちょっといかつくてカッコイイですね

・ジーベック ベスト XE98010 ファン バッテリーセット

コチラも作業着メーカーです

ベストタイプの空調服は動きやすさがウリでして

裁断にこだわっていて、内部に空気が入ると大きく膨らむのではなくシャープなシルエットを実現しています

首筋もよく冷える画期的な商品

上記に記述したような対策でもいいわけですが

とにかく冷やすことを目的にしている製品がありまして

最近、管理人も現場作業で使っている物でして、感想はとにかくいい!

充電式で長寿命なので一日中冷えますよ

冷えすぎて風邪ひくかも…

ただし、防水ではありません

まとめ

せっかくの楽しい釣行も暑さでダウンしてしまえばひとたまりもありません。

今では、暑さは耐えれる物ではなくなってきています。

いかに上手にこの酷暑を快適に過ごすかを考えていくのが必須になってきますよ。

快適なグッズは、この酷暑では使わないでいるのは熱中症リスクが高くなりますよ。

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ