シーバスタックル PR

往年の万能ルアー【アラジン90S】持ってる?シビアな状況ほど使いやすいワケ

こんにちは、金のから揚げが大好きたかっぺです

やってきました!名作ルアー紹介

管理人が今まで使ってきて、2024年になっても使い続けるであろうルアーを厳選してお話しています

今回は、これぞバーサタイルというルアー、アーガスのアラジン90Sについて色々お話していきましょう

今でも生産中のルアーで手に入りやすいので、使ってみると驚くほど扱いやすいのでお勧めですよ

バーサタイル・アラジン90S

バーサタイルルアーはたくさんあります

だけど、性能を極限まで煮詰めているバーサタイルルアーは知る中ではほんの数例しか見当たりません

レンジがぼけるや、動きが破綻するなどの問題点が浮き彫りになりやすいわけですが

今回紹介するアラジン90Sに関してはレンジがぶれずに、派手な動きではないがしっかりと泳ぐ、ダウンでの泳ぎでは浮き上がりにくくしっかり泳ぐ

と扱う状況にアジャストできる性能がハイバランスに設定されています

見た目はラパラのカウントダウンに似る形状ですが、使うと洗練されていて扱いやすさが出ていますね

リトリーブで変化する動き

アラジン90Sの代表的な部分では、リトリーブスピードで動きの特性がかわるということ

スローでは、ボディーがふらつき弱弱しく泳ぐタイドローリングでしっかりとシーバスにアピールします

リトリーブを上げれば、ウォブンロールになりハイアピールも可能になってきます

特にスローな誘いをするバチなどでは目につきやすい動きになりますね

また、水流のアタリが強くなってくると水平な姿勢となるので、ターゲットに見切られにくい特性があります

バチ・イナ・稚鮎・カタクチ等色々なシチュエーションで使えるのはいいですよね

レンジキープ力は最強

アラジン90sはシンキングで約30秒で1m程度沈む設定です

カウントダウンでレンジコントロールするルアーはたくさんある中で、このアラジンは使いやすいルアー上位と思っています

その使いやすさは、攻めたいレンジをキッチリ狙える所にあります

ほとんどのシンキングルアーは、狙いたいレンジを攻めたくても、リーリングしていくと徐々に浮いてくるものがほとんどです

しかも足場が高ければより簡単に浮いてくるものが多いと思っています

アラジン90sは最後まで狙いたいレンジを引けるからこそ、ターゲットに悟られずバイトに持ち込めることがあります

いくつもあるシンキングルアーの中で、きっちり足元まで引けるルアーはアラジンのいいところですね

少し癖のあるルアー

このアラジンは使いやすさは有れど、扱いやすさはある程度ドリフトができる方が扱いやすいと感じるでしょう

ただ巻いてくる状況よりも、流し込む釣りに特化していると感じます

流れの中をフラフラ泳がせてレンジを一定に保てる使い方がこのルアーのいいところなので、いまどこにルアーがどのように泳いでいるかをイメージ出来ればベイトライクな動きがでてきます

フックは純正を守れ!

当たり前のようなことを言いますが

このアラジン90sはとてもバランスよくできています

泳ぎやフォールスピード等ジョン製のフックの番手を大きくしたり、小さくするのはあまり宜しくありません

そもそも、スローな巻きでは少し尻下がりで泳いでくれるルアーで、速度を上げると平行に泳ぐルアーです

少しでもバランスが崩れると、泳ぎの特性がかわってしまうことがあるので気を付けたいですね

まとめ

発売が2007年のアラジン90s

発売当初は、よく釣れるルアーとしてバチからイナ子、秋のカタクチの爆発ルアーとして重宝してきました

このルアーで河川のドリフトは何かを学んだ気がします

今でも、バチやイナッコ、稚鮎やカタクチでは外せないルアーですね

信頼と実勢が詰まったアラジン90Sをぜひ手に取って試してみてください

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう! By たかっ

(Visited 36 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。