シャクリ方 PR

ライトジギングはロッドの角度で食いがかわる!2つのシャクリ方について

こんにちは、カップヌードルにカツオ出汁を入れて、ウマ味変しているたかっぺです

ジギングでロッドワークと言えば、早巻きやスライドアクション等をイメージしますが

その軸となるロッドワークがあるのをご存じですか?

それがロッドの角度になります

ロッドの角度を決めてシャクリをしていくと、ジグの動きを色々と演出できるので結構重要だったりします

早巻きと言われて早く誘っていても釣れない…と感じた時にロッドの角度を意識すると突破口が見いだせるかもしれませんよ

ベイトの動きで変えるロッドワーク

その日の食いのパターンは必ず存在します

ジグをベイトの暴れる動きに似せるワケですが

その暴れ方は毎回同じとは限りません

激しく追われてパニックになっている状況や、早く泳いで逃げ惑う姿等色々です

その動きに合わせるために、早巻きをするのですが

食わないことも結構あったりするものです

食わないわけでなく食わせられないというのが妥当で、この時の動きを2つの方法で攻略できる場合もあります

それがシャクリ始動時のロッドの角度になってきます

特にライトジギングでは重要であり、釣るための要素になります

この2通りのロッド角度を知っておけば、結構食わせられる状況にもなるので憶えておきましょう

ジグの動いているイメージを持とう

お話をする前に、ジグを動かすのはジギングで当たり前なのですが

ジグがどのように動いているかをきちんとイメージを出すことが大切です

ロッドから伝わる感触でジグが左右によく動いているのか、あまり動かずに動いているのかを判断してジグが水中で動いている姿が分かるようになると食わせ方が見えてきます

この動きのイメージができていないと、ただロッドを大きく早くシャクっているだけで食わせの間を演出できずに食わせきれない状況に陥ります

最近では動画でジグの動きがよくわかりますが、これはジグの基本の動きです

その時のロッドの伝わる潮の重みや流れの状況、海水色等を考慮してジグがどのようにして動いているかを具体化していきましょう

あまり難しいことではなく、手元に伝わる重さやロッドのふり幅などをジグに当てはめていくとイメージしやすいです

ライトジギングで2つシャクリ方について

シャクリの角度は始動前のアドレスみたいなもので、その位置から振り幅を同じにしてロッドアクションを加えていきます

その位置というのが水面からロッドが水平なのか、ティップを水面に下げるのかの2通りです

早巻きで同じふり幅でも2通りの位置ではジグの動きは全く違います

ロッドを水平で操作

水面と平行に構えて、その位置を主としてロッドアクションを加えましょう

そうすると、ロッドのバット部分を意識してのシャクリとなるためとラインスラッグを出しやすいことからジグは跳ね上げて動いていきます

跳ねてジグが僅かに横を向いた状態や平打ちするタイミングで食わせの間をとりやすく青物に口を使わせやすい状況となります

特に、ボトム付近でおとなしくしている青物を活性化させる方法として用います

ロッドティップを水面に近づけて操作

ティップを水面に近づけてシャクるワケですが

ロッドの反発をあまり使わず操作するのでラインスラッグは出しにくいのが特徴です

ジグはあまり動かずに、素早く逃げようとするベイトをイミテートしやすく追わせて食わせることに特化しています

目のいい青物は群れに中で素早く逃げようとするものに目を奪われやすいです

周辺がロッドを水平に操作していて食わせれていない状況下で、この操作は結構有効的なので実践してみましょう

もっと動かないようにするには

実は、このシャクリは鳥羽海域では、必須テクニックです

あまり動かし過ぎると食わせきれない状況も多々あり、水面にティップを下げて誘う方法は常連さんではよく使われる操作です

これでも動かし過ぎている場合もあるので、更に動かさずに逃げ惑わせるためにはジグの重量を上げて、ロッドの反発を鈍くすると効果的なこともあります

ただのシャクリでは食わせきれない

ジギングはジグをシャクり誘う釣りです

ジグも大切ですが、何よりもジグをどのように動かせるかが釣るためのポイントです

常連さんがよく釣るのは、このシャクリ方をマスターしている方たちばかりです

ただ単にワンピッチで誘っているのではなくて、その時にベイト反応や潮の動きや流れの状況を加味してシャクリを変化させて食わせているのです

ただジグを動かせばいいという考えでは、中々食わせきれないこともあります

今回の2通りのシャクリは食わせるために基本として憶えておきましょう

それから、緩急を加えたりフォールを意識したりすると釣果は比較的に上向きになるでしょう

まとめ

よく釣れている状況下で、なぜ釣れないの?と感じる方は多いでしょう

周りに魚がいないから…ジグが悪いから…

そう感じることも多いでしょう

ですが、シャクリ方があっていないことがよくあることです

早巻きで釣れている状況で、その早巻きがジグを躍らせすぎている状況で食わせきれていないのであればシャクリ方を根本的に変える必要が出てきます

その方法がティップを水面に近づけて操作することになってきます

逆のこともあり得ます

今回記載した内容を参考にしてもらい、食わせきれていない青物を釣っていきましょう

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう! By たかっぺ

(Visited 39 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。