新型コロナウイルス感染予防について

極寒ジギングには重宝するお勧め簡単リーダーキットをご紹介

極寒ジギングには重宝するお勧め簡単リーダーキットをご紹介

こんにちは、最近やたらと爪の伸びるスピードが速いのが気になる、たかっぺです

寒ブリシーズン!皆さん釣果はいかがですか?

バイトの瞬間に高切れ…リーダーのすっぽ抜け…などは無くしたいのが寒ブリジギングですが

万が一トラブルがあった場合にもう一度結束をしなければいけません

極寒の中で揺れる船内の中で、確実に結束できればいいですが

風に邪魔されてノットがしにくく時間がかかったりするので難しいのが正直なところ

今回は、極寒時期にとても役立つリーダーキットを紹介します

簡単確実な物なのでお勧めですよ

手が凍えるとリーダー結束ができない…

 Unity

極寒のジギングでは、できる限りトラブルが無いように準備はしていきたいですが、忙しくて中々できなかったという方も多いのではないでしょうか

しかし、準備ができておらずPEラインにコブや傷があった場合や、リーダーを確実に編み込めていなければバイトの瞬間に高切れやすっぽ抜けもあり得ます

この状況は避けたいところですが、なってしまった以上は再度システムを作り直さないといけません

極寒の船上では、このノットを作るのは結構至難の業になってきます

ベテランであれば、コツがわかっているのですぐにでも出来ますが

寒くて手が凍えてしまっていて、風も強く、大きな風波で酔いやすくなるのが極寒ジギングです

しかも、器具などを使ってもうまくいかないこともあるわけでして

更に、その時に限って時合が来たりするものでして…

なんとも最悪の一日になってしまいますよね

こんな特定の条件下で管理人も愛用しているのが、リーダーキットでして1月・2月のジギングでは欠かせません

もう少し詳しくお話していきます

極寒で高切れすると一気にやる気が失せる

 No motivation

ジギングをこよなく愛している皆さんはこんな経験がありませんか?

「やった!鰤や!鰤や!鰤や!絶対鰤や!」

とバイトしてフッキング完璧にしたと思いきやPEラインの高切れ…

ジグも没収…

しかも、周りで連発している状況…

やる気が無くなるのも無理はないですよね

なんとか冷静にリーダーを急いで組みなおすも、指先が凍えていてうまく編み込めずすっぽ抜ける始末

昔の管理人もありまして、ふてくされて寝てた記憶があります(後で船長に怒られましたけど)

実は、この時期は当たればでかい鰤でして、しかも連鎖ヒットも多くみられまして、このような高切れなどのトラブルや絡んでの高切れ多く見られます

やはり、中には修復できずに途方に暮れている人や黙々と編み込んでいる方もいまして

怒って釣りを放棄する人も見たことがありまして

ほんとに厄介なトラブルですよね

手や器具でのノットは極寒では厳しい…

Equipment

このようにトラブルで再度システム構築する場合極寒の船上で編み込むのは結構至難の業です

特に冬場だと、風にとにかく邪魔されます

細くてコシの無いPEラインは風でなびくと作業がとんでもなくやりつらく、しかも指先が凍えているので、感覚が無くテンションを保持しにくかったりしまして

ゆっくり焦らずしているにも関わらず、できたと思いきやすっぽ抜け…なんてことがよくあります

中には、編み込み途中で酔ってしまい戦線離脱なんてことも

最近では手ではなくノット専用器具を使って編み込んでいるのですが、この風が強く波が高く指先が凍えるような特殊な状況ではやはり使いづらくなってしまいます。

ノットの解説については関連記事を参照ください

もう使ってる?PRノットが簡単にできるボビンワインダーをご紹介

でも、なんとかしないと釣りができないのが現状でして

色々探しているうちに「待ってました!」な商品がありましたよ

極寒ジギングの救世主登場!

 item

待ってましたな商品はクレイジーオーシャンのフラッシュリーダーでして

発売から結構経つのですが、この時期のジギングには欠かせなくなっています

いたって取り付けは簡単、PEラインにループを作って製品のループを通すだけ!

極寒の中でもあまり下を向かなくても数分でできちゃう画期的なアイテムです

よくぞ出してくれました!というアイテムで助かっています

今では、釣友も必ずタックルボックスに入っている人気なアイテムですよ

取り付けはいたって簡単!数分で完了

クレイジーオーシャンHP:フラッシュリーダーより一部抜粋

取り付けは本当に簡単です

製品のパッケージやクレイジーオーシャンHPで詳しく出ているので参照してもらうのが一番いいと思います

これからの極寒のジギングシーンでは活躍する画期的なアイテムなので一つボックスに忍ばせてみてはどうでしょうか

色々なラインナップ

このフラッシュリーダー、種類がたくさんあります

オカッパリのシーバスからアジング・エギング・イカメタルまでリーダーの太さや長さの種類がいっぱいあります

選ぶ際は、ご自身がよくしているリーダーシステムを確認して適合するものを選ぶといいですね

寒ブリジギングでお勧めなのは、スピニング・ベイトタックル共に12号の10mがお勧めです

リーダーはフロロカーボンラインですので根ズレに強く、10mあれば船底にPEラインが擦れにくいでしょう

少し値段が高いのが…

すごく画期的な商品なのか、釣具屋さんで売られている値段は結構します

正直お安い新品リーダーが購入できる値段でして

ここら辺は、購入される方の価値観になってきます

しかし、特別な環境下では大変便利!と、これだけは言えるので予備という感じで入れてみてもいいのではないでしょうか

どこの釣具屋さんでもお勧めしているありがたい商品

 Recommended

このフラッシュリーダーは釣具屋さんには、高確率で店頭に販売されていますが

この時期には12号10mはいつも品切れ状態です

それだけ、皆さんこの時期のジギングを分かっている方たちでして

渡船料金も安いわけでなく、その金額のもとを取ろうと思うとこういった時短でトラブルでも安心な物が絶対に必要になってきますよ

高切れによるトラブルももう怖くないですね

まとめ

この時期の高切れは、ほんとにガッカリします

時にはふてくされたりしてしまうものですよね

でも、このクレイジーオーシャンのフラッシュリーダーを使えば、やる気も失せることなく地合いを逃すことなく鰤を釣り上げられるかもしれません

後悔する前に、タックルボックスに入れておきましょう

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ