新型コロナウイルス感染予防について

寒い日は特に要注意!血圧高めの人が注意するべき3つのこと

寒い日は特に要注意!血圧高めの人が注意するべき3つのこと

こんにちは、お菓子大好きたかっぺです(特にチョコ)

シーバスのナイトゲームや朝早い船釣りなど、冬場になってくると体にも堪えてきますが、それでも行きたいのがアングラー魂です

しかし、中年齢にもなってくると血圧やコレステロールが気になってきますよね

中には、医者から血圧を注意されている方もいるのではないでしょうか

実は管理人もその一人でして、予防と長く釣りを楽しみたいので定期的に通院しています

血圧が高い方が特に注意しなければならないのが冬場でして、着替えの途中で急に倒れたなんて話は聞くことがあります

そうならないためにも今回は、寒い時に血圧が高い方が注意しなければいけない3つのことについてお話していきます

釣りには関係ないと思うかもしれませんが、中年の方には大事なことになってきますよ

いつまでも楽しい釣りをしたいですからね

高血圧の方は寒い日には防寒対策を完璧に

Cold protection

年齢も中年になると今までの暴飲暴食のつけが回ってくることがあります

飲んだ後のラーメンは最高!揚げ物とチューハイはよく合う!

なんて若い時はよく言ったものですね

こういったことで夜な夜な遊んでいると、中年になると健康診断で血圧が高いやコレステロール改善なんてよく言われます

これをほったらかしにしてしまうと、ある日突然頭に激痛が起こり脳梗塞を発症することも中年でもあるというのです

しかも、時期的に冬場が多いとのことです

以前に管理人の知人が、冬場でのジギング釣行で急に意識がなくなり倒れて病院に担がれました、命こそ助かったものの今も左足が自由に動かない状況です

原因はヒートショックと言われるもので

寒い時期に暖かい場所から寒い場所に移る時に起こりやすく、高血圧で更に血圧の急上昇により脳卒中を発症したことによるものでした

これは誰でも起こりえることでして、特に血圧に不安を抱える方には知っておいた方が良いことになってきます

では、もう少し詳しくお話していきます

寒いとなぜ血圧が上がるのか

blood pressure

俗に夏と冬では、冬場の方が血圧は上がりやすい傾向となります

特に冬場は汗もかきにくく、鍋や暖かいラーメンなどの塩分が濃い食事が増えてきます

塩分をうまく排出できないと、血管に水分が多くなり血管を圧迫して高血圧となるのです

加えて

冬場の方が温度差による変化が大きく、血圧を調整する交感神経が血管を収縮することでより血圧が上がってしまうのです

例えば、お風呂場で湯船に入るまでの時間や出た後の湯冷めによく見られます

こういった血圧の上昇は正常な方でも見られます

しかし、血圧が常に高めの方はこの上昇幅が急激になってしまい、血管が圧に耐え切れず血管の細い箇所に影響が出てしまい脳卒中や心筋梗塞を引き起こしかねないのです

血圧が高めの方が注意しなければいけない3つこと

3

血圧は、朝起きた状態で排尿後の数値をよく見ます(人によります)

その時点で上130・下85以上の方は高血圧となりまして

改善策を取って生活にも注意が必要な状況になってきます

注意する為には3つのことがあげられます

(詳細については医師の診察を受けてください)

塩分摂取を減らす

冬場だけに限ったことではないですが

高血圧の場合、塩分調整がカギとなってきます

冬場では塩分を排出しやすい汗をほとんど掻きません

塩分がどんどん蓄積されていくようなもので、血管がパンパンになってきます

しかも、冬場の食事は塩分量が多い鍋やラーメン、うどんなどがおおく出てきます

ラーメンで例えると一杯約8gの塩分があると言われ、一日の塩摂取量は約6g程度が高血圧改善には理想で、かなりオーバーしていることが分かります

意識して塩分を減らすように心がけることが大事です

完全防寒すること

完全防寒といっても着こむというわけでなく、あまり温度変化が無いように気を付けるということです

もちろん、いっぱい着て寒さをしのぐことは大事です

ヒートショックの怖いところは自覚しながらしてしまうことで、急激な温度変化を避けるということを強く意識することが最も大切です

例えば、防寒着に着替える時でも、なるべく車内で着替えることや暖を取れる場所で着替えるようにしていきましょう

首筋は冷やさない

実は、防寒着を着ていても首筋が冷やされてしまうのはいけません

結局大きな血管を冷やしてしまうので、ヒートショックは怒りやすい状況になってきます

ネックウォーマーであったり、防寒着を一番上までファスナーを締めてフードをかぶる等首筋の温めることも意識していきましょう

要因を取り除く

塩分が大半を占める高血圧ですが、要因になるものもたくさん存在します

代表になってくるのが喫煙と飲酒です

タバコは、色々な物質が入っていますがニコチンが交感神経を刺激してしまい血圧が急上昇することがあげられます

しかも、一瞬ではなく持続されるというから怖いのです

一番いいのは禁煙です

(ちなみに管理人は禁煙外来を受診し禁煙に成功した一人です…もう禁煙して4年です)

そしてもう一つは飲酒です

飲むな!ではなく、ほどほどにということでして

血圧が上がる要因はアルコールにあります

いわゆる飲めば飲むほど血圧急上昇となってきます

さすがに釣行前は控えるかもしれませんが、釣行中など運転が無い方はよく飲んでいる光景を見ます

中には大量のビールを飲まれている方も…

血圧に不安がある方はアルコールは控えるのが無難です

高いと思っている方は迷わず病院へ

hospital

上記は注意することですが、高いと分かっていて放置することはいけません

放置した結果に、最悪のことがおこりえますよ

少しでも不安に思っているのなら迷わず内科や循環器科を受診しましょう

そして高いと思っている方には毎日の血圧測定をお勧めします

毎日血圧を測る

 Sphygmomanometer

自分の状態を自分で確認するということでして

朝早く釣りに行く前は勿論、毎日朝起きて排尿後に測ることをお勧めします

何よりこれが一番重要になってきまして

高血圧は目に見えない生活習慣病の一つです

目に見えないから、ある日突然倒れることになってしまい、目に見えないから油断してしまうことが一番怖いのです

実際管理人も毎日欠かさずチェックして自分の状態を数値で確認するようにしていますよ

長く釣りはしていきたいですからね

まとめ

いつまでも若くない…若い時よりも体が…

そう思うのも無理はなく、今まで色々な社会の経験を積んできた管理人を含めた中年です

体に少しづつ異常が出てくるのもおかしくありません

その一つが血圧でして、やはり目に見えない苦進行していくことを防ぐことを意識して取り組まないとこの先も楽しい釣りができなくなってきます

それには、正しい知識と正しい行動をすることが大切ではないでしょうか

同じような年代の方でも楽しく釣りをするために今回はあまり聞きたくないことをお話しました

いつまでもルアーと戯れたいものです

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ