ショートジグで巨寒ブリを狙うにはアシストフック選びが重要

ショートジグで巨寒ブリを狙うにはアシストフック選びが重要

こんにちは、網戸の張り替えは難しい…の、たかっぺです。

師走にもなると、いよいよ寒ブリシーズンが本格的になります。

伊勢湾では、サッパやマイワシ、カタクチイワシがベイトとなり

ライトジギングで巨寒ブリを狙うことができます。

タックルセッティングがトータルで上手にセットしていないと、巨寒ブリは取れません。

中には、針が小さく伸びていた方もいました。

今回は、巨寒ブリでも負けることなく強いフックについてお話していきます。

ライトジギングで巨寒ブリを狙うには

伊勢湾で、巨寒ブリのベイトとなるのが、サッパマイワシ、カタクチイワシが代表的です。

それらに似せたショートジグを、ライトジギングに特化したセッティングでのぞむのですが。

そんなタックルで巨寒ブリがヒットしたら、強烈な引きと曲がり狂うロッドで、初めての方は驚くことでしょう。

ショートジグについては記述がありますので、合わせてお読みください。

伊勢湾に威力絶大ショートジグをご紹介!巨寒ブリにはこれだ!

巨寒ブリを狙うにあたり、ドラグ調整・ノット・フックは特に気を使わなければならない部分になりまして

特にフックに関しては、巨寒ブリ用のフックを選定しないとすぐに伸ばされたり、掛かりが浅かったりすると

すぐにバレてしまいますよ。

フックが細く小さい物はNG

基本的に、巨寒ブリ用のフックはかなり大型の物を使います。

大型でもフックの軸が太いや、細くても特殊な製法であったり、フックのフトコロ部分がひろくキープ力があったりと

見極めるポイントは多々あります。

よく、勘違いされがちなこととして「ショートジグは小さいから、ジグの大きさにあわせればいい」

と小さく細いフックを選ばれる方がいますが、これはやめておきましょう。

鯛やハマチ、シーバスならともかく相手は巨寒ブリですから、それなりの大きさ太さのあるものを選定しましょう。

ショートジグ専用のアシストラインの長さを考えよう

フックのセッティングの基本として、ジグの目の下付近に針先が来るようにセッティングしていきます。

青物などは目をめがけて襲うと言われています。

ただ、ショートジグの結束位置から目までの距離で、大きめのフックを使うとアシストラインはかなり短くなってきます。

「この長さで大丈夫なのか?」

と思われますが、十分にアシストラインの強度はあります。

また、フッキングの確立と魚のキープ力の観点から抱き合わせのダブルフックをお勧めします

青物は吸い込むように捕食しまして、2本同時にかかるようなフックがいいわけです。

強烈な引きの中で、1本の針より2本針掛かりがある方が安心ですからね。

ダブルフックの種類の中には段差フックがありまして

巨寒ブリを狙う際は、段差フックは不向きになります。

フッキング率は高い物の、1本しか針がかりしない場合もありましてキープ力に不安が残るからです。

このようにフックの位置にも気を使うことで、キャッチの確立を上げるわけですね。

信用度大!お勧めフック

いままで、船長さんや常連さんに「このフックの方がいい」とお勧めしてもらい使用してきたものをご紹介していきます。

どれも、刺さりやキープ力に関しては申し分なしですよ。

・ボーズレス:ボーズレスフック ブリ用ツインショート

タングステンジグで有名のボーズレスから出ているフックでして

ブリ用やワラサ用と分けてあるので、使い分けがとても分かりやすいです。

何より、刺さりが抜群にいいですね。

・ヤマイ:ステキ針 幻ツインアシスト2㎝ 2/0

オフショアで鍛え抜かれたフックは、信用度大のフックでして

アシストライン2㎝はショートジグにぴったりです。

・カツイチ:デコイ Twin Pike Shorter 3/0

ジギングと言えば、デコイのフックと口をそろえて言うほど有名です。

中でも、ショートタイプはショートジグにぴったりなサイズでして

フックのフトコロの深さは、針傷の広がりが少なくバラシが無くなることでしょう。

リアフックもセッティングしておこう

青物は目をめがけて襲うため、フロントフックでフッキングするのですが

フッキングミスをしたときや、不意にフロントフックが外れた場合でも安心できるように

リアにもフックをセットしましょう。

青物以外にも、サワラなどの歯の鋭い魚に対しても有効なので、是非つけておきましょう。

フロントフックよりは小さいフックを選びましょう。

あまり大きいと、ジグの動きを遮ってしまうので注意しましょう。

また、根が複雑な海域では外さないと根がかりしちゃいますよ。

フックは唯一の魚との接点

ロッドやリール、ジグは魚とコンタクトする為の必須アイテムですが

フックは唯一、魚との接点になります

針先が少しでも、丸まっていると針が貫通せずにバラシの原因にもなります。

釣行時には、数回に一度は針先をチェックするようにしましょう。

また、魚をかけた後でもチェックし、針先が丸まっているなら、すぐに交換しましょう。

フックは消耗品であることを忘れずに

まとめ

ライトジギングで巨寒ブリを狙う際は、必要以上に準備が必要でして

フックも1つや2つ持っていくだけでは準備は不十分です。

一度でも、フックに違和感があればすぐにチェックするように癖付けて

少しでもおかしいのであれば、すぐに交換するようにしましょう。

1日1回チャンスがあるかどうかの釣りです。

確実に仕留めるなら、そのくらいの準備は必須項目ですよ。

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ