ショアジギングルアー編 PR

クリア系ルアーはどんな時に使う?1軍ルアーに入れるべきワケとは

こんにちは、麺類大好きたかっぺです

シーバス釣行やショアジギング釣行に行くときに必ず持っていくルアーと聞かれると

それがクリア系のルアーになります

色々なカラーがあり、ホログラム系でもよく釣れるのですが

見切られるのが速い気が…

こんな時にクリア系を投入すると、再度食いが立つことがあります

今回は、クリア系がなぜいいのかや使い時についてお話していきましょう

クリア系の魔力

クリア系ルアーには色々お世話になっています

シーバスのナイトゲームやデイゲーム、ショアジギングのトップゲームなどです

特にシーバスゲームでは欠かせないくらいクリア系は常にルアーケースに入っています

散々ルアーをローテションして表層からボトムまで探っていたのにルアーカラーをクリアにしたミノーであっさり釣れた…というのもありました

サラシが薄く状況が悪いヒラスズキでも、クリア系に変えた途端奪い合う姿を確認したこともあります

色々なルアーカラーがある中で、何故クリア系がいいのでしょうか

全ての状況にマッチするわけでなく、特定の条件でよく作用するように感じます

クリア系の持つ魔力について、少しお話していきましょう

光の透過による変化

流れの変化でルアーの挙動が乱れて食いにスイッチが入る

ルアーの持つポテンシャルの高さがシーバスなどに口を使わせるということは多々あります

このルアー性能だけでなく、もう一つに変化というのがカラーの差ではないでしょうか

ホログラム系など色がはっきりしているルアーは、光の明滅によってベイトの質感で騙していますが

幾度も使用するとその質感が邪魔をしてスレる原因ではないかと思っています

では、クリア系の場合どうなるのか

見た通りスケスケのボディで、ベイトとは思えませんよね

しかし、水中では光の乱反射でシルエットがはっきりしなくなり

不思議がるシーバスに口を使わせるのではないかと思っています

特に光量が多い時ほど、光の透過が分かりやすい状況ほどクリア系の出番が増えてきます

クリア系ルアーの使い時

くっきりとしたシルエットで食わない時、光量による加減でクリア系の出番となるのですが

具体的に言うとどんな時なのか

いくつか例を挙げていきましょう

澄潮の時

春先や秋終盤~冬にかけて海水の状況をよく見ると透明度が高い時があります

透明度が高いとよりはっきりとルアーであることを見せてしまっています

デイゲームなどではアピールが高いホログラム系での出番を想いますが

シーバスはしっかり見ていて、偽物と見切ってしまうこともあります

クリア系であれば、ボディ内部で光の乱反射によってシルエットがぼやけてシーバスが気になって仕方がなく見切られずに思わず口を使ってしまいます

満月で明るい時

満月で明るい夜は、ルアーがはっきりと見えるのではないでしょうか

ナイトゲームでは、明るめのカラーを使いシルエットをよりくっきりさせるように組み立てますが

満月や、よく澄んだ月夜の日は明るいためにシルエットがはっきり見えてしまいます

その為、カラー選択はクリア系を中心に組み立てていくときがあります

完全なクリアではなく、薄いカラーが塗布されたものを使うとアピールしながらもシルエットがぼやけるのでお勧めです

スレた激戦区

入れ替わり立ち代わりルアーが投げられる場所では、特にクリア系と細身のタイプがシーバスは口を使ってくれる気がします

バチのシーズンで人が並んでいる状況でも、細身+クリア系のフローティングミノーやシンペンを流せば一人爆釣なんてこともありました

ポイントを休ませられないくらいに人が入れ替わるときなどはクリア系こそ強みでは

トップでも使いたい

クリア系というとミノーやシンペンの方が効果が高いような気がしますが

実際には、トップ系こそ取り入れていきたいと思っています

シーバスのトップゲームや青物トップゲーム等

少し潜るタイプであればあるほどクリア系がよく釣れる気がします

暴れているのにシルエットがはっきりしないのか見に来て口を使う感じで、アピールが高いホログラム系より出る回数が多いのがクリア系でした

青物でもよく似た感じで、実際にカラーがはっきりしている物よりクリア系の方が出方が派手な状況がありましたよ

1軍ルアーにいれておこう

クリア系は迷った時こそ投入したいカラーです

その状況は釣り場に到着しないと分かりません

その時の状況にアジャストできるように、常にクリア系のルアーは入れておくようにしています

特に、その場所で強いルアーであれば、ホログラム系とクリア系は必ず入れていくようにしています

樹脂系ルアーだけでなく、ハイブリッド系ルアーのワームをクリアにすると効果的です

釣果に差が出たりするので、人が多い状況などでクリア系のワームに交換してみてください

一人勝ちも夢でないですよ

いままで敬遠されがちなクリア系

これほど魚を騙せるカラーは無いのでお勧めですよ

まとめ

実釣して8時間…夜が明けてきた…今日もダメだった…

以前の管理人はこんな感じでした

しかし、ダメもとで使ったクリア系のカラーがハマったことがきっかけでクリア系の魔力に取りつかれています

今では、ルアーケースには同じルアーでもクリア系は必ず入れて釣行しています

それはデイでもナイトでも同様

それほどスレに強く、魚を騙せるルアーです

皆さんも、クリア系を試してみてはいかがでしょうか

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ

(Visited 4,936 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。