ロッドジョイント部分固くて取れない…ちょっとお勧めのツールをご紹介

ロッドジョイント部分固くて取れない…ちょっとお勧めのツールをご紹介

こんにちは、車のシートの隙間から1000円が出てきてラッキーのたかっぺです

こんな経験ありませんか?

分割式ロッドのジョイント部分が取れなくなったこと

シーバスロッドやオフショアロッドでよくあるのですが

固くて中々取れなく石鹸水流して取っていたりしましたが、後が大変ですよね

今回は、固くなったジョイント部分外す為のツールについてご紹介していきます。

ジョイント部分の固着はツールで解決

ちょっと前まで、ロッドのジョイント部分がよく固着して困っていました

今まで、ジョイントの固着で泣かせられたアングラーも多いはずでは…

最近この問題に対して、面白い商品が出てきまして

とってもジョイントの固着を外しやすいので、管理人今では必ず車にあるという物です

いままで泣かせられた体験談は数知れず…これでロッドを折ったのは2回ありまして

つくづくロッドは取り扱い注意な物と思い知らされていますよ

ジョイント部分が取れないと保管できない…

多くのロッドは、ジョイント式(分割式)になっています

シーバス用ロッドは飛距離を出す為に9ft前後が多く出回っていますが

これだと、長すぎて保管できる場所がないことと、ランガンするにあたりコンパクトにならないと不便です

そのため、センター分割式が多くジョイント式になっているのですが

幾度もキャストしているうちにジョイント部分が緩み、不意にすっぽ抜けることがありまして

ロッド破損のリスクもあり、ジョイント部分は結構きつく押し締めたりするものです

また、オフショアのロッドの中にもグリップの部分が脱着できるようになっている物もありまして

同じくきつく押し締めたりしちゃいます

こうすると、ジョイント部分が固着して取れない…なんてことがありまして

取れないと保管できないばかりか車載できないこともありますよね

取れなくなった時最初はこうしてた!

管理人は、不意にジョイントから外れて竿先を折ってしまったことがある人でして

これ以来、きつくジョイントの部分に押し締めたりします。

そうすると取れない…なんてことはよくあることでして

そんな時に管理人は車の中に洗剤を薄めた物を入れていまして滑りをよくして取っていましたが

かなりの手間!

オフショアロッドの場合は太くてジョイント部分が長いので取れません

手が滑ってしまったり、洗剤がついてしまうと尚更です

冷やすのは効果的だが…

ジョイント部分を「冷やすといい」というのを聞いて試すと固着を解きやすくなります

熱膨張できっちりはまっていた場合には効果的です

車のエアコンなんかで冷やして何回か取ったことはありますが、スペースの問題と時間が結構かかります

毎回氷なんかはもっていかないですしね…

おすすめ!取れなくなった時はこのツール

このジョイント固着で取れないあるあるをなんとかできるツールが2つありましてご紹介します

これさえ使えば、現場作業は楽になります

夏場のデイゲームでイライラすることはなくなりますよ

・スミス:フェルールワックス

ジョイントの部分に塗りこんで使用します

しっかりと密着出来てすっぽ抜けがなくなり重宝します。

また、ジョイント部分を抜くときもワックス効果で取りやすいのが印象的

ただ、寒い時期だとワックスが固まることがあるので、温めてから外さないといけません

*ロッドメーカーによっては使用を控える注意書きがあります

・ジャクソン:ロッドエッグ

今まであるようでなかった商品で、ロッドに挟むと強力グリップと卵型なので力が入りやすくすごく抜きやすくてびっくりです

2つ持っていれば、簡単にできてとっても便利!

いままでジョイント固着で困っている方はお勧めです。

ジョイントを抜くときの注意点

ジョイント部分を分け外す時に方向があるというのを知っておきましょう

外すときに、回して取るタイプ引っ張って取るタイプがあります。

ジョイント部分に芯となる部分を取り付けてあるタイプを印籠継ぎ(スピゴットフェルール)

印籠継ぎの場合は真っ直ぐ刺して真っ直ぐ抜くが鉄則で、ひねってしまうとジョイント芯材が破損したりジョイント部分のブランクスが割れたりしますので注意が必要です

ロッドのブランクスに合わせた継ぎ手を逆並継ぎ(スリップオーバーフェルール)

逆に逆並継ぎはひねりながら徐々に抜いていくようにします

真っ直ぐでも抜けるのですが、ひねりながら抜くのが抜きやすさにもなりますよ

現在のルアーロッドは軽量化を図るため多くは後者を採用しています

絶対にしちゃダメな行為

ジョイント部分を外す為に持ちやすい部分を持つのですが

持ちやすいガイド部分をもって外すことはやめておきましょう

結構な力で引っ張りますので、ガイドが折れたり、ちぎれたりする場合がありまして

その修理代の方が高くついてしまうこともありますよ

ガイド部分は外からの力が加わると壊れやすいので注意しましょう

まとめ

ロッドジョイントが抜けない時はたくさんありますよね。

でも、このツールを使えば、力が逃げずに簡単に抜けたりします。

固着で困っている方はぜひ試してください。

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ