PEラインで指を切った…キャストトラブルを防ぐ方法とは

PEラインで指を切った…キャストトラブルを防ぐ方法とは

こんにちは、夜中の運転は一人カラオケ状態のたかっぺです

近年シーバスのルアーは大きく重たくなってきています

ベイトに合わせたサイズ展開でより大型でより重量が増しているのですが、よく釣れる反面スピニングリールではキャスト時にPEラインがスレて人差し指を切ることがありませんか

特にフルキャストをする場合に重いルアーだと、指先に大きな負荷がかかりケガをしやすいです

海水に触れたりするとシミて痛いですよね

今回は、重量級ルアーをキャストする際に付けた方がいい保護具についてご紹介します

重量級ルアーを扱う際は要注意!

Heavy lure

シーバスのベイトといえば、イワシ・ボラ(イナッコ)・鮎・コノシロ・サッパ等々になってきますが

鮎やコノシロをマッチ・ザ・ベイトで攻める場合にはルアーはかなり大きく重量があるものになってきます

ルアーが大きいと大型が食ってくるので、なんとも楽しいのですが

スピニングタックルでこれらのルアーをフルキャストするとラインを引っ掛ける人差し指が切れることがあります

一度切ってしまうと、次のキャストができなくて利き手とは逆の手でキャストしたりしますが、中々うまくいきませんよね

ビックベイトが主流になってきてから、よく起こるものでして

なぜ切れるのか、切創を回避するための保護具についてもう少し詳しくお話していきます

PEラインの特性によるもの

Line characteristics

指が切れる原因は、PEラインを使っているからでして

PEラインはナイロンラインやフロロカーボンラインよりも引張強度が強いラインでして、伸縮性もほとんどなく強度強くて細糸ができるのでルアーなどのキャストシーンでは向いているラインでもあります

しかし、強度強く伸縮性が無く細いゆえにキャスト時にはダイレクトに負荷が指先にかかります

特に重量級ルアーをキャストする際には、より大きな力が指先に加わりより切りやすくなってきます

他のラインでもいいのでは…

PEラインを使うとケガをするのなら、フロロカーボンラインでもいいのではと思うでしょうが

PEラインの大きなメリットは細さによる飛距離でして、これを同じ強度のフロロカーボンにすると太さがありガイドの摩擦抵抗が大きくなってしまうため飛距離が格段に落ちてしまいます

フロロカーボンラインより細いナイロンラインにしても同じです

シーバスシーンにおいて飛距離が欲しいところはたくさんありまして、結果的にPEラインを使っています

細いラインほど指を切りやすい

飛距離を求めるあまり、PEラインの号数を下げる方も多いのでは

でも、下げればより食い込みやすくなり、指を切りやすいです

特に最近のPEラインは細いのに強度が高いのが主流で、シーバスでは0.8号や0.6号を使う人も多いのではないでしょうか

この細い号数で鉄板バイブレーションをフルキャストすると、指を切る確率が高くなってきます

指を切らないためには保護具が必要

よく投げ釣りをしている方を見ていると、大きな遠心力をいかして大遠投している姿を見ます

投げ釣りでもPEラインは主流でして、大きな重りを大きな力でふるのですから指先には相当な力がかかりケガも多いとのこと

そんな投げ釣りの方の指先を見ると、人差し指だけのグローブをしていまして

これはいいな…ということで今でもボロボロですが使い続けています

管理人が使っているのは廃盤になっている物でご紹介ができないですが

最近では、結構色々出ていまして少しご紹介していきます

・シマノ:パワーフィンガー

摩擦に強いカンガルー革を使用している本格派

脱着が容易な工夫はルアー交換を頻繁にするシーバスアングラーにとってありがたい工夫です

少しお値段高めですが、長く愛用できる工夫がされているのが魅力ですね

・リトルプレゼンツ:フィンガーガード

新しく買うならこれだ!と目を付けているのがこのリトルプレゼンツのフィンガーガード

人差し指と中指にはめるのが特徴的です

ズレ防止で中指にはめるのは中々のアイデアですね

3つ入ってこのお値段はうれしいです

・オーナー:フィンガーガード

フィット感にこだわっていて、マジックテープがしっかりとくっつくので長時間でもズレの心配はなさそう

老舗のこだわりの逸品ですね

もし指を切ってしまったら…

 doctor

細いPEラインで指を深く切ってしまうと、刃物で切ったようになります

血が止まりにくい状態になってきますので、すぐに圧迫して止血を優先しましょう

基本的に、血が固まるまで圧迫し続けます(時間はかかります)

すぐにでも釣りを切り上げて、傷口を洗うと同時に止血を優先しましょう

傷口を見て気分が悪くなる方がいるなら、最寄りの形成外科や皮膚科を受診をお勧めします

一番は切らないようにすることですけどね

まとめ

PEラインの性能は年々上がってきていて、細くてより強いラインが出てきています

しかし、細いと指のけがをするリスクが高くなりまして

指をきちんと保護しておかないとケガをすることになりますよ

釣りは深くのめりこむと、もはや遊びの領域を超えていきます

体をいたわり釣りを楽しむためには、入念な準備と適した装備は必須になってきますよ

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ