マニックはカタクチイワシ狂っているシーバスの効果抜群のルアー!

マニックはカタクチイワシ狂っているシーバスの効果抜群のルアー!

こんにちは、仕事の時は起きるのが億劫なのに釣りの時はバッチリ目覚めます、たかっぺです

秋らしくなってくると、伊勢湾の沿岸部ではカタクチイワシの大量接岸に遭遇します

産卵を前にしたシーバスん荒食い時期に加えて、大好物のカタクチイワシが大量にいたら、そこはボイルだらけのルアーマン天国になってきます

この時に、あるルアーが抜群の効果を発揮してくれまして

今回は、ボイル時に抜群の効果を発揮するマニックフィッシュについてお話していきます

カタクチイワシにはマニックフィッシュ!

Lure

東海地方で毎年のこの時期にカタクチイワシの大量接岸があります

この時に、各地でサワラやツバス(ハマチ)で賑わったりしますが、シーバスも荒食いの時期と重なり、デイゲームで2桁釣果なんてこともあります

辺り一面でボイルに出くわすことも珍しくなく、トップ系で狙っているアングラーも大勢います

どのトップでもよく釣れるのですが、より人より釣るためのルアーの存在がありまして

それが、DUOから発売されているマニックフィッシュです

マニックと聞くと、多くの方がバチパターンで使用するルアーでシンキングペンシルと思いつくでしょうが、マニックフィッシュは小型フィッシュベイトを意識して作られているので、カタクチイワシの時にシルエットとサイズ間でかなり有効なルアーです

このマニックフィッシュはゆっくりタダ巻きでもよく釣れるのですが、ボイルしている時にはトップ系としても使うことができるトップ&サブサーフェスルアーなのです

もう少し詳しくお話していきます

マニックフィッシュをトップ系で使う

 Seagull

マニックフィッシュはタダ巻きでも食わせの効果が高いルアーですが

ボイルしている状況では、パニックベイトを演出するべくトップ系で使うことがあります

シンキングペンシルですが、巻くと浮き上がりが非常に速いのがこのルアーの大きな特徴です

この特徴を生かして

着水後にロッドを立てて早めのリーリングをするとルアーが水面に出てきて、さらにロッドアクションが加われば、パニックアクションを起こせるのです

他のトップ系でも狙えますが、マッチ・ザ・ベイトでシンキングペンシルの飛距離が加われば、入れ食いになること間違いなしですよ

東海地方では、この時期にほしいカラーのマニックフィッシュが品薄になるところもあるくらいです

トップ的に使うにはロッドの角度が重要

 Rod angle

ロッドを立ててアクションすれば、誰でも簡単にパニックアクションをおこすことができますが

アクションの仕方を変えたいときは、ロッドの角度でアクションを変えるといいでしょう

例えば、ロッドを立てて小刻みにシェイクしながらリーリングすると、ルアーはやや頭を左右に振りながら水面波紋をたてて動きます

食いが悪いなと思ったときに、少しロッドを寝かせてシェイクしながらリーリングするとドッグウォークのような動きになります

わずかな差ですが、これで食いが変わることがあるので試してみましょう

又、近くまで寄ってきても手前でシーバスが反応することもあるのがトップ系の面白いところ

近くまで寄ってきたときにロッドを立て気味にしておくとルアーが一瞬水面を飛ぶような動きになりがちです

これでは、反応が薄くなるので、必ず水面にルアーがいるようにルアーが近づいたならロッドを下げるようにしていきましょう

伊勢湾でのカタクチイワシパターンではもはや常識

sea ​​bass

この時期の伊勢湾のカタクチイワシパターンではマニックフィッシュは常識的存在です

特に朝マズメでボイルしている状況や、上げ潮のタイミングでシーバスが回遊してくるときにトップで狙ったりします

反応がいい時には連発もありますが、ボイルが落ち着きだすとさすがにパニックアクションでは釣れにくくなってきます

(釣れないわけではないけれど…)

実は、ここでマニックフィッシュの定番の使い方が生きてきます

それが、タダ巻きでして

水面を割らないようにロッドを下げてリーリングを調整すれば、水面直下を泳ぎます

しかもボディーをくねらせ泳ぐので、水面付近を弱々しく泳ぐことができます

わずかにリーリングを緩めたり止めたりするとバランスを崩すので、これが食わせの間になり、多くのバイトが得ることがありますよ

使う時は穏やかでボイルをよく見かける時

 

このマニックフィッシュを使ってもあまり効果のない時があります

それが、海が荒れている状況でして

荒れているとその周辺のベイトは穏やかな海域や深場に移動したりします

この状態の時は、穏やかな海域を探して移動するか、ルアーを層を探れるものを使うかになってきます

荒れている状況はシーバスは釣りやすい状況ですが、トップ系での反応はあまりよくないので、状況を踏まえてルアー選択は考えていきましょう

コアマンとコラボ商品のカラー設定がヤバイ

Dangerous

DUOが手掛けるマニックフィッシュでもいい釣果は出るのですが、IP26などのルアーを手掛けるコアマンとのコラボ商品が激ヤバでして

サイズや重量は大きな差はありませんが、カラーチョイスが伊勢湾にピッタリでして、お気に入りのカラーがあれば予備を持っているくらいです

伊勢湾でカタクチイワシがベイトの時に必ず持っておいた方いいカラーはゴールドとシルバー系です

伊勢湾の海水色はやや濁り気味な状況が多い時があります

濁りの中やマヅメでは、アピールする色がゴールドでしてシルバーよりゴールドがよく釣れる状況があり、クリアな状況ではシルバー系でイワシのキラキラを演出してくれます

このフルメッキされたゴールドとシルバーは激ヤバカラーでして、在庫があれば購入しておきたい商品ですね

まとめ

カタクチイワシが大量接岸…これを言聞いたときには、ボイルがあちこちで発生することを予想して、必ずマニックフィッシュを入れていきます

サイズとトップ系では伊勢湾のカタクチイワシパターンでは面白いほどドはまりするルアーです

まだ持ってない人は、ハイシーズンのカタクチイワシパターンを攻略できないかも…

それほど、効果の高いルアーなのでお勧めですよ

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ