タイラバタックル PR

鯛の習性を知り尽くした達人監修のタイラバ【紅牙 玉神】で釣りまくれ!!

こんにちは、中途半端な日焼けで半袖が恥ずかしい、たかっぺです

2023年タイラバの注目株がダイワより発売されました

それが、今回紹介する【紅牙ブレードブレイカー TG 玉神】です

タイラバの達人の中井一誠さんの新たな戦略のタイラバで、ヘッドにアタックしてくる鯛を食わせるという新メソッドになります

鯛の捕食性質を最大限に生かした玉神についてご紹介していきましょう

発売と同時に釣具屋さんでは売り切れ続出の代物、見つけたら即買いですね

 

玉を噛む

 

タイラバでの真鯛のあたり方でよく知られているのは

クタイをベイトと勘違いし少しづつかじりながらフックポイントまで誘うため巻き続けるのがタイラバの考え方です

ヘッドは、フラッシングなどの効果で鯛に興味を抱かせるための物なのですが

時折、ヘッドにアタックしてくる鯛がいることが中井一誠さんの動画で明らかになっています

確かにタイラバをしていると、たまに強引なアタリを見せることもあり針も外掛かりがある個体もいました

よく見るとヘッドに噛み跡みたいのがあるのを覚えています

この製品のコンセプトは、まさにヘッドを噛みにくる真鯛をもターゲットにしていることから玉噛み→玉神という名前が付けられています

なんともダイワさんらしいネーミングですね

この玉神がどのように優れているのかを、少しお話していきましょう

玉神で攻めが広がる

独特な形状の玉神は、見慣れているタイラバの形状に比べてネクタイが小さくよりヘッドとの一体型を意識した作りになっています

ボリュームが抑えられ、かつ揺らめくショートカーリーのネクタイは餌としての認識を強く意識していて今までのタイラバよりも幅広い攻めができますね

玉神の強みとは何かを知ることで今まで口を使わない時でも攻めることができるのではないでしょうか

ヘッドと一体型になるネクタイ

玉神では、ヘッドとネクタイの一体感が強いです

コンセプトであるヘッドに食らいつ真鯛をヘッドより近い位置でフッキングできることは大きな強みです

これだけではなく、シルエット的にボリュームを抑えることで、餌としての認識を強めることができます

ボリュームが大きいのは大鯛狙いでは最適でしょうが、どんな鯛でも釣るにはボリュームを大きくするのは逆の場合が多いです

ボリュームを抑えて、様々な型の鯛を狙えるのはありがたいですね

タングステンが制覇のカギ

玉神の設定はタングステン製だけです

タングステンのメリットは、沈下が鉛よりも早いこととシルエットを小さくできるというところです

ボリュームを抑えるには、同gの鉛とタングステンでは同じ重量でも小さく作れるタングステン製が有利

着底からの巻き上げがタイラバでは基本動作

着底が分かりやすいのは、鉛より高比重のタングステンが感度上昇のカギとなりアングラーに情報を確実に伝えることができるのです

ブレードマジック

タイラバではアピールを強めて興味を抱かせるようにしていきます

その効果がネクタイの波動やヘッドのアピールなのですが

玉神では、アピールをより強めるためにブレードがつけてあります

通常のタイラバではブレードを付けること治具などが必要で、つけてもネクタイやフックに絡みやすくなっていました

この問題を大きく変えているのも玉神ならではです

ブレードも脱着が容易になっているのでアピールを減らしたい場合でも直ぐに対応可能ですね

ネクタイ簡単交換新機構

玉神のネクタイはすぐ交換が可能な仕様となっています

紅牙βシステムと言われますが

フックの交換からネクタイの交換まで、揺れる船内での作業をしやすくした設計でとてもありがたいですね

面倒な手間がはぶけているので、これからタイラバを始める方はこのシステムが簡単で釣りがしやすいですよ

即合わせが有効な玉神

 

タイラバでは、通常はアタリがあれば、そのまま巻き続けてフッキングさせるのがセオリーです

しかし、いつ合わせればいいのかはベテランでも迷うところ

長いネクタイをかじらせてフックポイントまで違和感をなくして食わせるのは低活性時では難しいでしょう

しかし、玉神ではヘッドとネクタイが一体型のようにみえてネクタイも短い設定です

つまり、アタリがあった時には、もうフックポイントに鯛の唇があるような状態になります

即合わせ厳禁なタイラバが即合わせになるので、迷いなくフッキングが決まるのではないでしょうか

デメリットはお値段と人気

メリットだらけの玉神ですが

2つデメリットがあります

それが、タングステン製であり高額なことと、高い人気故に入荷してもすぐに売り切れることです

発売前より騒がせている玉神、釣り人口が増えている今では、釣れるという商品はお店からすぐに姿が無くなります

欲しいのに買えない状況もあるということ

気長に待つしかないですが…

せっかくあっても、タングステンの加工のむつかしさからの鉛製よりも3倍のお値段があるということ

タイラバでは風や操船状況によってヘッドの重さを合わせていく作業が不可欠です

いろんな状況に合わせるために、色違いと重さ違いを数種類持っておきたいところですが

お小遣いアングラーには辛いですよね…

まとめ

タイラバの達人が開発した、今後人気が爆発しそうな紅牙 玉神

コンパクトで、イワシやシラスパターンに強い印象が大きいです

メリットだらけの玉神が、今までのタイラバと合わさりより攻めの幅が広がりタイラバの概念が覆りそうですね

これからタイラバを始める方も、ベテランの方も揃えていきたいシリーズになることは間違いありませんね

いくらお金があっても足りませんね…こりゃ…

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ

(Visited 1,056 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。