ウェーディング PR

ウェーダーはコンパクトにして持ち運ぼう!お勧めウェーダーボックスについて

こんにちは、スシローが好き たかっぺです

暖かくなってきてウェーディングがしやすくなってきましたね

ところで、皆さんはウェーダーを入れる物は何を使っていますか?

管理人はウェーディング後の臭いが車内に蔓延するのが嫌でフタ付きの軽量タイプのEVA製のウェーダーボックスを使っています

意外にコンパクトにまとめれて場所とらずに臭い対策になるのでご紹介していきましょう

ウェーダーは臭う・かさばる

ウェーディングは陸からの釣りとは少し異なり釣りしている感が強く、とても好きな釣法の一つです

ですが、困ることがウェーディング後の臭いです

新しいウェーダーならあまり臭いは感じませんが

長く履いてきたウェーダーは、染みついた海水の臭いと人の汗と皮脂で蒸れた臭いがこびりついていることがよくあります

ウェーダーはたくさん汗をかくので定期的に洗っていても、臭いは蓄積されるものです

また、コンパクトにまとめられるような感じはありますが、意外にコンパクトにまとめたつもりでもバックが大きかったり、濡れないような入れ物に入れたりと結構場所をとってしまいます

ウェーダーを持ち釣り場に行くには、臭い対策とコンパクトにまとめられるケースは必須なのです

トートバックでは場所をとる

トートバックのウェーダー収納バックはたくさんありますが

どれもコンパクトに見えて、意外に隙間が多く結構場所をとったりします

荷室を有効活用するには、ライフジャケットやウェーダー・ネットなどの大きくてかさばるものを臭い無くして隙間なく収めるかが荷室を上手に使うコツになります

ですので、トートバックよりも設置面積が少ないウェーダーボックスに分があるということですね

車内の臭い元はシャットアウト

釣り後にしっかりと使ったものを洗浄していないと特有の臭いとなって現れます

数か所を転々として釣りするスタイルの管理人は、朝マズメや夕マヅメなども狙うために車内に入れたまま転々とします

釣行後すぐに洗うことで臭いは少しは解消しますが

時間経過とともに臭いは確実に漂ってきます

しかも、雨が降っている時など臭いが滞る状態では運転している自分が酔ってしまいそうです…

この臭いを消す対策はただ一つ…閉じ込めるしかないということで、確実に密閉できるケースが望ましいということです

お勧めウェーダーボックス

臭いを防いで、コンパクトにおさまるウェーダーボックスはどんな物があるのでしょうか

水が漏れず軽くて丈夫で床スペースをあまりとらない

というのが、色々とメーカーから出ています

・シマノ:BK-071R ブーツケース

ブーツケースとありますが、ウェーダーを入れてみるとクロロプレーンのウェーダーも難なく入れることができます

結構綺麗におさまり、設置面積が少ないのでお勧めです

・ダイワ:ウェーダーバック

ブーツタイプとは別にウェーダーに焦点を絞った工夫凝らしたバックです

ショルダーベルトは水分を吸って重くなったウェーダーを持ち運ぶのに最適な仕様

ブーツタイプよりも幅と高さが少し大きくなっていて、入れやすい仕様です

浜田商会: AEG011 EVAウェーダーバッグ

ウェーダーバックの中では最安値

水きり板などが無く靴底が分離できませんが、水漏れなく臭いをシャットアウトするだけでいいというシンプルさがいいですね

とにかくしっかりしていて安く求めるという方にはお勧めです

荷物はまとめると積み下ろしが楽

荷物を乱雑で適当に入れてしまうと何が起こるのか

それが、積み下ろしに時間をかけてしまうことです

一見、ジッパーで閉めるフタでは開閉に時間がかかると思いますが

実際には、トートバックから出すのとではボックス型の方が型が崩れないのでスムーズな出し入れが可能です

また、形的に荷物を求めやすい形をしているので、取り出しがしにくいという感じはありません

取っ手を持ち上に持ち上げるだけで取り出しができるので、ボックスタイプが断然やりやすいですね

今まではトートバックを使っていましたが、ウェーダーボックスを使いだしてから荷室は綺麗に積み込めますね

まとめ

ウェーダーは臭い!

臭いは海水の臭いと人の臭いで車内は悶絶級の臭さ…

臭い物にはフタをしろということで、ウェーダーバックで臭いをシャットアウト!

荷室もスッキリで釣り車アルアルの小汚さをスッキリ解消できるアイテムですよ

臭いと社内のスペースが気になったら是非使ってみてください

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう! By たかっぺ

(Visited 30 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。