シーバスから青物まで釣れる!万能ルアー「マキッパ」はよく釣れる

シーバスから青物まで釣れる!万能ルアー「マキッパ」はよく釣れる

こんにちは、カビを取るのも出ないようにするのも大変ですよね…の、たかっぺです。

今期の伊勢湾は、非常に多くの青物とシーバスに恵まれています。

シーバスアングラーにとっては、寝る暇がないくらい忙しいのではないでしょうか。

そんな今期絶好調の伊勢湾で、使用率が特に高いルアーマキッパについてお話していきます。

まだ、持ってない人は絶対あった方がいいルアーですよ。

すぐに売り切れてしまうので要注意です!

マキッパについて

マキッパはメガバスから2018年にリリースされたルアーでして、対象魚問わずなんでも釣れてしまう魅惑のルアーです。

ボディは鉛製で出来ているため、小型化にできどんな魚でも食わせやすく

後方にブレードがあることによっての集魚効果は抜群でして

泳ぎ方も、低重心設計とブレード効果でほぼ水平に泳ぐので、ルアーであることが見切られにくいですね。

管理人は、シーバスや小型の回遊魚メインで使っていますが

港湾・サーフ・河川まで、どのシチュエーションでも使えるので、大変重宝します

重量はシーバスや青物でしたら、20g・30g・40gを使っていきましょう。

ただ、マキッパは後方重心ではないので、他の同重量のジグよりかは飛距離が落ちてしまいます

この点を考慮してマキッパの重量を選択していくのがいいでしょう。

今期伊勢湾大活躍

今年の伊勢湾では、青物が大変よく釣れています。

湾奥の四日市では鰤クラスが数多く上がっていたり、1mクラスのサワラも多く上がっています。

ショアからの青物では、横にブリブリ動くものやよたよた動くものが有効になってきます

トップ系の誘い出しやミノー系の早巻き、メタルジグをボトムからのシャクリなど誘いはたくさんあれど

ブレードのアピール力と小型のシルエットにほぼ水平に泳ぐ姿勢のマキッパは、ただレンジをあわして巻いてくるだけで青物がつれてしまう、オートマチックルアーです。

これだけ伊勢湾での実績があるなら、他地域でも有効ではないかと考えています。

管理人は、遠州灘にも行くことがありまして、やはりマキッパは1軍扱いで持っていくでしょう!

三重県方面は、マキッパは大人気でして入荷するけどすぐになくなってしまいます。

それほど実績あるルアーですので、他地域で人気が出る前に購入するのがいいですよ。

お値段やすくて、よく釣れるのですから、無くなるのはあっという間もうなづけます。

カラーは何がいいの?

全てのカラーがいいのですが

伊勢湾はやや濁りがある海域でして、必ず入れておきたい色として

・グリーンゴールド:海の色が緑っぽい時に使います。

・アカキン:マズメに効果大、海の色がやや茶色の時によく使います。

・ブルーピンク:底まで見える澄んだ時に使います。

・グローゼブラ:デイゲームのハクパターンなどのマイクロベイトではよく使います。

ブレード付きルアーは数あれど

ブレード付きルアーはたくさんあります。

多くは、アイの位置がボディの背中側についていまして、レンジをキープできるのに長けています。

しかし、表層を引くためには、重量を軽くするしかないので飛距離が問題になってきます。

表層を引けて、尚且つある程度飛距離がでて水平姿勢を維持できるルアーとなると

マキッパのように、水平姿勢が維持できブレードのアピールがあるのは数少ないです。

また、巻き心地がブレード付きルアーとは思えないくらい軽いです。

巻き感が軽いのは、長時間使用ができるのでアングラーにとっては、扱いやすいルアーですよね。

ただ巻くだけ簡単!

マキッパの操作は、ただ巻くだけです。

表層を引きたいときは、ロッドを立てて早めのテンポでリーリング(1秒間に1回転よりやや速く)

少しレンジを入れて誘う時は、カウントダウンで誘っていきましょう。

カウントダウンをする前にキャストしてからテンションフォール(リールのベール返した状態でフォール)で何秒でボトムについたかを確認しておきましょう。

数え方も自分の感覚でいいですよ。

例えば、カウント10でボトムをついたのであれば、着水後3で巻きだしたりできますよね。

ナブラが多く出ている場所などでは、ロッドを立てて表層を巻いてくるだけ!

サーフでは、大遠投してロッドを立てて、リトリーブに緩急をつけて弱ったベイトを演出すれば効果的!

大規模河川では、流芯のボトム付近をドリフト気味で通すとシーバスが入れ食いになるかも…

このように、どんな場所でもブレードの回転を意識したリトリーブをするといいですね。

ただ、タダ巻きや緩急でも魚の雰囲気があるのにバイトが無いなら、ストップ&ゴーも試すといいことあるかもです。

巻き途中で止めると、イレギュラーな動きが加わるのでバイトしやすくなりますよ。

特にこのメソッドでサワラはよく釣りましたよ。

お勧めチューン

例えば、周りがマキッパをよく使っていた場合に、多くが同じ動きの為に、ルアーであることが悟られる場合があります。

こんな時にお勧めなチューンが、ブレードをシリコンブレードに変えるといいでしょう。

艶めかしい動きが加わると、よりバイトしやすくなしますよ

ただ、シリコンブレードはちぎれやすいのが最大のデメリットでして

予備はたくさん持っておいた方がいいかも…

ブレードが綺麗に回らないと釣れにくい

マキッパのブレードの取り付け部分のスイベルが少しでも曲がっていると、ブレードは回転しません。

回転しないブレードは不規則な振動になってしまい途端にバイトが遠のきます

このスイベルは取り外すことができないので、ペンチでまっすぐになるようにしましょう。

ただ、あまり何回かするとスイベルが折れてしまい、新しいマキッパを買うことに…

回収時に堤防の淵に当ててしまったりとか、ボトムを取った釣りをした場合や、魚を多くかけた後は

必ずブレードが綺麗に回っているかをチェックしましょう。

まとめ

今期伊勢湾で、青物やシーバスルアーで活躍したメガバスのマキッパについてお話しました。

このルアーを一つ持っておくと、周りでは釣れていないのに自分だけ爆釣!

なんてこともあるかもですよ。

お値段やすくてよく釣れる、夢のようなルアーですね。

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ