ショアジギングルアー編 PR

サワラハイシーズンの準備出来てる?2023年お勧めルアーを厳選紹介!

こんにちは、鼻毛の伸びるスピードが速いと感じる たかっぺです

秋も深まりつつある頃、地元の伊勢湾奥では面白い光景に出くわします

オフショアのキャスティングやジギングでよく釣れだすサワラがオカッパリからも狙えるということ

しかも、ベイトをたらふく食べて肥えた個体が多いのも特徴的で、脂の質とノリは絶品です

釣りたさに、足しげく堤防などに通うのですが

サワラを狙うには、カタクチイワシのサイズ感によく動き動きが破綻しないルアーは必須になってきます

もうすぐ秋のハイシーズンを迎える鰆ゲームに必須なルアーを今回はお勧めをご紹介していきましょう

秋はサワラハイシーズン

サワラのシーズンは漢字の通り春となっていますが

もう一つのハイシーズンは、秋になってきます

春先の産卵に向けてと冬に向けて荒食いをする季節で、よく肥えた個体が狙える時期です

荒食いをするために、大漁に接岸するカタクチイワシを狂ったように捕食する光景が伊勢湾奥では毎年の行事見たくなっています

この時期になると、鈴鹿沖のサワラは人気絶頂となり、堤防からでもメーター超えのサワラも狙えたりできるのです

かなりの群れが回ってくるので、とにかくサワラに猛アピールできるルアーを揃えて挑むため、地元に釣具屋さんにはサワラゲーム用のルアーが売り切れ続出になることもあるのです

伊勢湾鈴鹿沖のサワラ

毎年、秋口になると賑わいを見せる場所の一つが鈴鹿沖になります

カタクチイワシが岸に大接近する時期でもあり、サワラだけでなくシーバスや鰤なども回遊してきて良い釣果に恵まれる人も多くなってきます

カタクチイワシをたらふく食べていて、脂の乗りが絶頂になる時期で、この時期のサワラの刺身を食べると他の刺身が食べられないというほどです

この時期になれば、とにかく人で埋め尽くされるほどの人気ぶり

堤防やサーフは埋め尽くされ、少し沖では船団ができているほどです

オカッパリから狙うには

人で埋め尽くされたサーフや堤防でサワラを釣っている方はたくさんいるのかというと、釣れている方はあまり多くはありません

しかし、サワラはかなりの至近距離まで回遊してきます

サワラがいないのではなくて、いるのに食わせられない状況の方が多いのも事実

そんな中でよく釣っている方の特徴的なことは、サワラに特化しているルアーであるということです

オカッパリから鰆を狙うために必要なこと

それが、飛距離・ハイアピール・サイズ間になってきます

飛距離

飛距離を出す意味は、長くサワラにアピールさせるためです

サワラの回遊ルートを少しでもアタックして、とにかく気付かせることが大切になってきます

その為飛距離に長けたルアーは必須というワケです

ハイピール

サワラは、よく動くものに反応します

ウォブンロールが強く、ロッドに動きが伝わるような派手なアクションで魅了させて食わせるのが鰆を狙う上で大切になります

早く巻くことで逃げ惑うベイトを演出したり、パニックベイトのジャークもメソッドの一つで早く巻いたときに動きがきっちりと出せるルアーも必須になってきます

サイズ間

カタクチイワシがベイトの場合はそのサイズ間にあわせるのがサワラをよく釣るコツになります

鈴鹿沖での例を言うと、カタクチイワシは8センチ程度

その中に14㎝のミノーと9㎝のミノーとでは、9㎝の方が食いが良かったことがありました

ベイトのサイズ間にあわせてルアーを選択することは大事なのですね

サワラ狙いにピッタリなルアーを厳選紹介

では、いったいどんなルアーがいいのでしょうか

この秋にサワラ専用として持っておいた方が良い、ルアーをメーカー別にご紹介していきましょう

ダイワ

・サワラッシュ

2023年9月に発売予定のサワラ専用のルアーです

この特徴は、早巻きでも動きが破綻しないことは勿論、わずかな食いのスイッチでのフォール姿勢が面白いです

フォールはシミ―フォールで食わせの間として大きな武器になりますね

 

・ショアラインシャイナーZ バーティスR

伊勢湾では持っておいた方が良いミノーとまで言われるショアラインシリーズ

オカッパリからの使用感としては、98S の方が扱いがいいのかもしれませんが

よりアピールを強めたければ125Sも持っておくといいでしょう

 

・セットアッパー125S -DR

サワラがいそうなのに食わせられないと感じた時は、レンジを少し下げると食ってくることがあります

そんな時は、ミッドダイバー型のミノーを持っておくといいのですが動きが破綻しやすいのが難点です

このセットアッパーは飛距離も出て、動きが破綻しづらいのでお勧めです

 

ジャクソン

・ピンテールサワラチューン

サワラ狙いにはこのルアーと知名度が高いです

このルアーは絶対に持っておくとよいルアー

飛距離と動きの反応が抜群によく、いろんなメソッドにも対応できるのでお勧めです

ハイシーズンになると人気カラーが売り切れごめんなルアーですね

 

・ビッグバッカーアンチョピード

青物を釣るためのルアーと人気のビックバッカーシリーズ

ヘビーシンキングで飛距離はよく出ます

どんな早巻きでもきっちり泳ぐように設計されているので、初心者の方でも扱いやすいのではないでしょうか

 

メガバス

・マキッパサワラチューン

何でも釣れるブレードジグで初代マキッパは本当によく釣れてくれました

しかし、アシストフックの噛み切られも多いのも事実

そこで、シングルフックの見直しとブレードの波動の見直しによってサワラ専用として出ています

サイズ間もコンパクトながらもハイアピールできるのでお勧めですね

 

シマノ

・サイレントアサシン

もはや餌とまで言われたサイレントアサシン

信用できるミノーとして長くある伝説的なルアーです

飛距離と泳ぎの基本性能が高い次元で設定されているため、持っておいて損はないルアーですね

 

・オシア シュートスピード110HSジェットブースト

早く巻いてはきっちりとブリブリさせながら泳ぎますが、重さを感じない引き抵抗で疲れないルアーではないでしょうか

多彩なアクションにも破綻せず、フォールでの食わせの間も演出できる優れものです

 

アクアウェーブ

・メタルマジックTG

タングステンでコンパクトなボディーとアピール重視のコロラドブレード

飛距離よしでアピール良し、サイズ間もばっちりで

釣れるためのルアーと言っても過言ではないですね

タングステン製はお値段しますが、このコーモランのルアーはお求めしやすくてありがたいですね

 

ブルーブルー

・ブローウィン140S

ブリブリ泳ぐルアーに反して、早く巻くとS字を描いて泳ぐのが特徴的

また、ロッドを煽れば切れの良いジャークができるので食わせの間の演出には効果の高きルアーの一つですね

ただ、あまり売っていないのが難点です

 

・メタルシャルダス

飛距離だけならば、とにかくよく飛ぶブレードジグです

ジグと聞くと早くフォールするイメージはありますが

巻き始めると浮き上がり泳いでくれるので、サーフなどの場所では重宝するルアーですね

コントロール性が強いルアーなので、使い勝手はとてもいいです

 

サワラカッター対策は万全に

色々とルアーを紹介しましたが

どんなに良いルアーを持っていても、サワラ対策を施していないと鋭い歯の餌食になってきますよ

今までにどれだけのルアーをサワラの歯にやられたことか…

そんな鰆カッターの対策は絶対に施しておきたいですよね

ルアーフックは常に良く刺さるものに交換しておくのは勿論ですが、ルアーより30㎝程にリーダを太いものを取り付けておきましょう

あまり太いと違和感で食わせられないこともあるので、お勧めはフロロカーボンラインの16号を付けることをお勧めします

まとめ

秋のサワラハイシーズンを地元で楽しめるのはとてもありがたいことです

ゲーム性の高さや、食べて絶品のサワラは是非つってもらいたいものですね

釣るためには、サワラに特化したルアーを使うのが最も効果的

今回ご紹介したルアーをもってサワラを是非釣りあげてください

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ

(Visited 162 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。