新しい試みショアラバ!タイラバをキャスティングで楽しもう

新しい試みショアラバ!タイラバをキャスティングで楽しもう

こんにちは、友人や知り合いから、家庭菜園でとれた夏野菜や冬野菜をもらうのが、とっても楽しみ、たかっぺです。

誰もが魅了される真鯛!

伊勢湾の春~夏でよく釣れる時期になります。

鳥羽や伊良湖沖では、春から夏場には浅瀬でタイラバでよく釣れまして

脂がノリノリでおいしすぎます。

浅瀬で、タイラバをするときには、キャストして誘うこともありまして

船でなくてもできるんじゃないの?

ということで、今回はショアからタイラバをキャストして鯛など狙う、ショアラバについてお話していきます。

タイラバは沖に出ないとだめじゃないの?

タイラバと言えば、ジギング船や、レンタルボートを使っての釣行が主流ですね。

船長のポイント選定の1つに浅瀬で鯛を釣るというキーワードがありまして

潮が速くなる時間帯に、水深20mくらいのところでタイラバをするときがあります。

つまり、深場や浅場でも釣れることがありまして

「浅場があるなら、ショアからでもタイラバができるんじゃないの」

ってことで、始まったのがショアラバという新しいカテゴリーになります。

まだ、ブームにはなっていませんが、にわかに盛り上がってくるジャンルと思っています。

磯場で使える新たな釣法「ショアラバ」

鯛のベイトになるのが、カニやエビなどの甲殻類や、カタクチイワシやシラスなどの小型の魚でして

これらのベイトが、集まりやすい1つが磯場になります。

管理人は、季節にもよりますがヒラスズキやロックショアジギングが好きでよく渡船で磯に上がります。

ヒラスズキや回遊魚の気配が薄い時には、エギングやショアサビキ、そして「ショアラバ」をしています。

渡船の場合、昼過ぎまで迎えがなく、寝るのももったいないので色々している次第でして…

ショアラバ歴は短いのですが、なかなか様々な魚が釣れるので

ショアジギングで雰囲気が無い場合はすぐに、タイラバをキャストしちゃいます。

この釣法、とっても簡単で、ブームの予感がしています。

磯場に上がる時は専用の装備で挑みましょう。

装備品は詳細な記述がありますので、参照ください。

初心者必見!荒磯の王者ヒラスズキと対峙するには装備を整えよう

鯛だけじゃない!その他の釣れる魚種

ショアラバで釣れる魚は、鯛だけではありません。

実は、根魚にも効果的でして、ハタ系の魚はよく釣れます。

アカハタ・オオモンハタ・キジハタ・マハタ・ホウキハタ等々です。

だいたい巻き上げて少ししてから、アタルようでして最初の突込みは強烈です。

毎回ドキドキしながら巻いてます

タイラバが魚に対して、どのように見えているのか不思議ですが、ハマチなどの回遊魚やサワラなんかも釣れますよ。

「タイラバ1つで全魚種釣れるんじゃないかな?」と思うほどよく釣れます。

そんなこんなで、色々釣れるので、磯場以外にも堤防やサーフからでもしてみるのもいいですね。

ヒラメも釣れたりして…

ショアラバには重量に制限がある

そんなショアラバですが、オフショアみたいに100gや120gが使えません。

理由としては、ロッドのキャスト重量オーバーだからでして

ショアラバでは、底取りができる程度の重量30g~50g程度で誘っていきます。

ロッドもその重量がキャストできるロッドになってきます。

また、ある程度ティップが繊細でないと、鯛が食ってきたとき違和感を感じて離してしまいます。

どんなロッドがいいの?

30g~50gの重量がフルキャスト出来て、繊細なティップがあるのは、シーバスロッドが向いています。

(ヒラスズキロッドでもいいですよ)

幾度かボトムを取り、巻き上げる行動を1回のキャストで数回繰り返して誘うので、飛距離が出る10ft以上がいいですね。

パワー的には、鯛の引きにも耐えられるようにシーバスロッドでM~MHクラスでOK

(結構引きますよ~)

リールは、PEライン1.5号を300m巻ける物と、ハイギア以上の巻き上げが速いタイプがいいでしょう。

シマノでは4000HG(XG)、ダイワでは4000H(XH)【旧式では3012H】があっていると思います。

管理人はヒラスズキ用を使っていますが、パワーがあるのでやり取りが楽ですね。

ヒラスズキにはどんなロッドを使うのかは以前に解説していますので、参照してください。

ヒラスズキ入門!ヒラスズキと勝負できるタックルをご紹介

また、リーダーはフロロカーボンラインの20lb~25lb程度をセットしておきましょう。

根が複雑な場所での釣りですので、少しでも太いほうが安心ですよ。

ボトムを取ったらただ巻くだけ!

ショアラバの動かし方は、簡単!

キャストしたら、ボトムを取り、一定の巻きスピードで中層まで巻いてくる

これを手前まで繰り返しますが、コツとして

一定の巻きスピードは、日によって変わってきます。

この感覚を早く見つけることと

ショアラバがフォール中に鯛はずっと見ていまして、フォールヒットもあります。

テンションフォールフリーフォールを織り交ぜながら、その日のベストな状況を見出していきましょう。

アタリがあったら…

あたりは明確に出ます。

アタリがあったら即合わせ!ではなく、常に巻き続けてください。

鯛は、ラバーをくわえて味わいながら食べようとしまして

すぐにあわせてしまうと、すっぽ抜けますよ。

また、ずっとアタッているのに乗らない場合がありまして、続くようであればリールドラグを弱めるといいですね。

お勧めショアラバ

実際、どんな物がいいかを少しご紹介します。

実は、ショアラバ専用という商品ではあまり売られていません。

重量と、キャストしたときに飛びやすい形状かを見る必要があります。

また、ヘッドは固定でなくてフリー(遊動式)にしておくと食いこみがいいですよ。

色にもこだわった方がよくて、オレンジ系・ゴールド系・レッド系・チャート系・シルバーホロが施されているのが鯛の食いつきがいいでしょう。

色々な重量とカラーはある程度揃えてから、釣行する方が確率が上がりますね。

・シマノ:炎月タイガーバクバク

30g~45gがショアラバにはいいでしょう。

シマノの炎月シリーズはタイラバでは定番ですね。

・ダイワ:紅牙ベイラバーフリーα

独特な形状が鯛を魅了する。

45gがショアラバに合っています、紅牙シリーズはどこでも実績が高いですね。

・ジャッカル:ビンビン玉スライド

45gがショアには向いていますね。

ラバーに、甲殻類のエキスを織り交ぜてあり。カーリーの波動+においで鯛を寄せるラバーが標準装備

鯛もいちころですね。

・ジャッカル:ビンビンロケット

2019年の新商品

ジャッカルのタイラバは鳥羽のタイ釣り漁師の間で話題になるほどです。

キャスティングに特化した、ショアラバです。

形状と重量が魅力ですね。

お勧めチューン

標準でついている針は2本針がほとんどでして

ラバーをくわえながら捕食する鯛に針が2本だけだと、針がかりがしていない時があります。

より高確率で鯛をフッキングさせるには、4本針を使用することをお勧めします。

「4本も針をつけたら、根がけてしまうよ!」

根がかり回避にはコツがありまして

着底を感じたら、すぐに巻き上げることが大事です。

遊動仕掛けで、ラバーがあるおかげでヘッドより後にラバーが落ちてくるのである程度回避できますよ。

ただし、スリットに入り込んでしまうと…難しいかも…

まとめ

新しい試みのショアラバについてお話しました。

磯場や、堤防で釣れないと嘆いているあなた!

してみる価値はありますよ。

まだ開拓されていない釣法なので、今後が楽しみですね。

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ