マゴチタックル PR

秋は河口を狙え!マゴチが集結する場所をベイト中心で考えよう

こんにちは、ウェーダーの中にカメムシがいました たかっぺです

季節は夏を終えて秋に移行したころ

河口ではマゴチの釣果があがってくるようになります

土日の休日ともなれば、人気の河口エリアでは5メートル間隔で人が並ぶことも

それもそのはず、マゴチはハゼが大好きで上げ潮にのって遡上するハゼに狙いをつけて群れで押し寄せたりする為です

今回は、秋口のマゴチの狙い目についてのお話をしていきましょう

よく釣る方で、2時間で2桁釣果という爆釣劇もあるので狙い目ですよ

釣りの組み立て方が釣果を左右する

マゴチを釣るにあたり、真夏のサーフのイメージが強いのではないでしょうか

何故真夏のサーフなのか

その答えはマゴチの大好物に関係してきます

それがベイトのシロキスの存在

マゴチにとって、大好物と言われるベイトはシロキスとハゼです

共に底付近を泳いでいて砂の中で擬態したマゴチが目の前を通りかかると大きな口で丸呑みにするのですが

真夏のサーフではシロキスが主なベイトとなるので、シロキスが釣れている海域ではマゴチが釣れるチャンスは高いわけです

マゴチを釣るためには、このベイトがどこにどのようにいるのかを考えて釣りを組み立てること大切になってくるのです

マゴチが釣れています!と釣具屋さんでアナウンスがあったとしても

何故釣れるのかベイトが集まりやすいのはどこなのか

を把握と調査することでマゴチの釣果は上がるというワケです

秋のマゴチは食欲旺盛

秋に入りマゴチの食欲は大変旺盛になってきます

ベイトが集まり豊富な場所に移動して、冬に備えての体力作りと大好物を目の前にして抑制がきかない状況に陥るからです

マゴチは基本的にベイト次第です

食べやすいベイトが目の前にウジャウジャいる場所では、マゴチも大量に入ってくることもあります

しかも大好物で食べやすかったら食欲も旺盛になりますよね

ベイトはハゼを意識しよう

そんなマゴチが最も意識するベイトがファミリーフィッシングの代表格のハゼになります

ハゼは場所は河口部や河川の水深が浅いエリアの泥質の浅瀬を好み河川でも遡上をしてきます

ハゼがすみやすい場所に上げ潮と同時にボトムに添って泳いできます

秋口にもなれば、1年魚のハゼもある程度大きくなり行動範囲も広くなってきます

この状況を加味してマゴチがどのような場所に集結するかを考えると大爆釣も夢ではないのです

ハゼが釣れる河口は最有力場所

ハゼが移動する場所全てにマゴチはいるかというと、そういうわけではありません

それが水深と関係してきます

特に下げ潮に入るとボトムが見えるほどの水深はマゴチは嫌って入ってきません

ですので、限られる場所として考えられるのがハゼよく釣れている河川などの河口エリアに絞らてきます

しかも、底質が泥質であればマゴチも擬態が生かせるので大好物のハゼにありつけて食べやすい場所となるのです

ハゼはどこで釣れているのかを釣具屋さんで情報をもらい、その周辺の河口部で釣りができそうな場所をグーグルマップなどで目星を付けると、狭い河口エリアでも意外に良い釣果に恵まれたりするのです

ハゼになりきれ!ルアーはこれだ!

そんな河口に集合するマゴチを狙い打つには、ルアーの選択が一つのカギになります

つまりハゼになりきれるルアーが攻略のカギになるということ

そんなルアーを厳選して紹介していきましょう

ヘビキャロ

マゴチ狙いには遠投してじっくり探れる理想的なリグのヘビキャロ

そのトレーラーワームで是非つけておきたいワームといえば

・エコギア:パワーシャッド

ワーム選びで迷ったらコレを買えてきな定番中の定番のワーム

 

・メガバス:スピンドルワーム 

メガバス独自の素材でより艶めかしく泳ぎ、リニアに反応しリアルな動きとなるワーム

難点はよくちぎれることです…

 

・マーズ:ローリングシャッド

安定して泳ぐことと強い波動の両立させたワーム

 

ジグヘッドリグ

飛距離とワームの質感を損なわない多彩に使える主軸のリグ

ひろいサーチ力と食わせの能力を両立させているので使っている方も多いのではないでしょうか

・ブルーブルー:ジョルティ

ハイブリッド系ルアーの中で最も飛距離の出やすいルアー

風が強い日でも安定した飛距離が出てくれるのでお勧め

 

・コアマン:VJ-16

もはや伝説級の集魚力を発生させる持っておいた方がいいルアー

マゴチは勿論の事、シーバスや青物までターゲットに出来るから優秀ルアー

 

・DUO: ビーチウォーカージャンゴ

マゴチ専用に作られたジグヘッド、安定した飛距離と迷わないワームセッティングで初心者から上級者まで使えるのでお勧めです

 

メタルジグ

風が強い日でもよく飛ぶ物は、釣果UPの必需品ですね

・ジャクソン:飛びすぎダニエル

飛距離は文句なし!ハイアピールなアクションでマゴチに来ぢいてもらいやすいのでお勧めです

 

・メガバス:マキッパ

飛距離は投げ方によっても変わりますが、集魚能力と食わせ能力に長けたルアー

リフト&フォールでは使いやすいのもお勧めです

 

・ブルーブルー:シーライド

不思議な形は、魚を魅了させるアクションができる仕様

シャクリ操作では、半円を滑るような動きが面白いですね

 

嬉しい外道も

マゴチを秋口でハゼをイメージして狙うと、うれしい外道も登場します

同じようにハゼをベイトとしているシーバスも結構釣れたりします

シーバスもハゼは食べやすいベイトの一つで、特に秋口になると食べやすく大量にいるハゼを求めて河口に集中する傾向があるので

マゴチ狙いと同時にシーバス狙いもできるので面白さは病みつきになりますね

まとめ

秋口ともなると、マゴチもシーズン終盤に近付いてきます

その前に、荒食いをするのがマゴチの習性

その荒食いに好都合なベイトがハゼになってきます

ハゼがどの海域にいてどんな習性でどんな場所でよく釣れているのかを知れば、おのずとマゴチがいる場所も分かってきます

今回ご紹介したルアーをもって攻めれば、2桁釣果も夢ではないですね

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ

(Visited 75 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。