新型コロナウイルス感染予防について

【ホライゾンMJ】は伊勢湾ジギングでは無敵のロッド?!今までにない発想がすごい!

【ホライゾンMJ】は伊勢湾ジギングでは無敵のロッド?!今までにない発想がすごい!

こんにちは、痛風は激激激痛!皆さん贅沢病には注意しましょう!たかっぺです

今年の春にテンリュウから新発想のジギングロッドが誕生します

それが、ホライゾンMJ

新コンセプトで作りこまれ、まさに伊勢湾ジギングで使ってみたいロッドです

このロッド1本で多様な誘いにアジャストできる特徴があります

今回は、テンリュウホライゾンMJについてお話していきます

2021年近海ジギングでは一番欲しいロッド

テンリュウHPより一部引用

2021年の春に発売予定のテンリュウからリリースされるホライゾンシリーズのLJ・SLに次ぐ、新たなコンセプトを携えたMJが加わります

LJはライトジギングで管理人も愛用しているロッド、その繊細な誘いと独特な粘りでショートジグの早巻きや緩急のワンピッチワンジャークに精通している近海鰤ジギングではなくてはならないロッドです

SLもロングジグをスローの誘いでしか食わない場合に多用するロッドで、思い通りにジグをコントロールできるスローテーパーのロッドです

そして今回、発売されるMJシリーズはスロー操作とハイピッチ操作のどちらでも精通しているロッドで、これ1本で伊勢湾ジギングが成立できる夢のようなロッドです

伊勢ジギングは、一定幅のワンピッチワンジャークの緩急での食わせや、活性が低い時などはスローな展開で食わせる等誘いのバリエーションが釣果に繋がったりします

その都度状況に合わせ、メタルジグやロッドを変えて最適な動きになるようにしていくのですが、合わせるために多くのロッドを持ち込む方も多いです

しかし、ある程度の状況であれば、ホライゾンMJ1本で賄えるので釣りの展開が早く楽なのが最大のメリットではないでしょうか

ホライゾンMJのコンセプト

 

ホライゾンMJのコンセプトは、スロー操作とハイピッチ操作どちらでも1本のロッドで賄えるというものです

いままで、どのメーカーもこの考えはなく、一つの釣技に対して一つのアプローチしかありませんでした

例えば、ホライゾンSL(スロー操作用ロッド)でショートジグのワンピッチワンジャークのハイピッチをすると、張りが強いセティングなのでジグの繊細な動きがしづらい傾向があり、ある程度ティップが入り込んでくれるようなLJが理にかなってきます

逆の場合もティップが入り込みすぎジグが追従できずジグの性能をいかせません

それらを1本で操作できればこれほど楽なジギングはありませんね

また、長さも長すぎず短すぎずの5ft10inなので扱いやすさは力のない方でも楽にできることでしょう

実際に使ってみないと分かりませんが、特にロングジグを大きくハイピッチで使う場合などは、ロッドも短く張りが強いのでベストマッチするのではないでしょうか

タイプは5本

このMJシリーズは5タイプあります

それぞれ、使うジグの重量に合わせて選ぶのがいいでしょう

テンリュウHPより一部抜粋して引用

詳細についてはテンリュウHPを参照してもらうと分かりやすいですよ

この中で、管理人が鳥羽沖などの伊勢湾近海ジギングで目を付けているのが、MLとMHです

太刀魚パターンならば、200g前後を大きくスライドして早めに誘う場合がよくあります

5ft代長さで軽快に操れ、食い渋りにはスローな展開で誘いをいれれるマルチさは魅力ですね

伊勢湾ジギングにはピッタリ

Fishing results

キャスティングヒート釣果情報より一部引用

伊勢湾は木曽三川の恵みによりベイトが豊富で、特に伊勢湾出口付近は好漁場です

そんな伊勢湾のジギングは少し特殊というか癖が強い釣り場としても知られています

伊勢湾のどの海域でも、同じ誘いが通用するかというとそういうわけではなく水深や潮流によって誘い方に変化を付けないと釣れません

特に鳥羽沖などは、スロー系の出番が少なく、ハイピッチやブレの少ないワンピッチワンジャークが必須の漁場なのですが

食い渋りの状況になると一転スロー系がいい場合もあり、一日に幾度も訪れます

この変化をよく掴むことが鳥羽沖によく見られることで、このMJシリーズは特化しているのではないでしょうか

実際に使ってみないと分からない部分もありますが、紹介動画などを見ると興味津々ですね

細かい釣り分けならホライゾンLJも必須

rod

ここまでは、ホライゾンMJ1本で事足りることを記述していますが

これは、鳥羽沖だけの話かもしれませんが、実際にライトジギングをする場合には、あまりジグを動かさず早い誘いが必要になる時があります

特に冬場の鰤のライトジギングではよくあります

ティップが入り込むことによって、ジグの暴れる幅を抑えて、弱りながらも逃げ惑う姿を演出できるからでして

この動きを再現できるには、このLJは必須です

より繊細に誘う場合にはLJ(HLJ621B-FML)を、ハイピッチかスローを選択するときはMJ(HMJ5101B-ML)を使うと細かい設定ができるのではないでしょうか

シャクりが鰤を呼ぶ!今年も鳥羽が熱い!20210121釣行記

これからのジギングにふさわしいロッド

good

このMJシリーズはこれからのジギングシーンに一番ふさわしいロッドではないかと思います

細かい番手設定のロッドをいくつか購入することも色々考えられていいですが

より安価ですましたいのが、世のサラリーマンですよね

マルチな才能の先駆けともいえるこのロッドは、是非購入したいロッドでして、今年の太刀魚パターンに間に合う様にしていきたいですね

そろそろ、管理人の持っているジギングリールも結構年数使っているので、リールもセットで購入したいですけど…

(奥さんの機嫌次第ですが…中々OKが出ないので困ってしまいます…)

まとめ

ハイピッチとスロー操作が1本で両立できれば、どれだけ財布に優しいか…どれだけ無駄な時間をはぶけるか

まさに釣り人の願いを叶えたようなロッドです

これから、ジギングを初めて色々な釣法に触れたい方にはお勧めのロッドになるでしょう

管理人もこれは欲しいですね

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ