新型コロナウイルス感染予防について

釣れるチューニング!?バイトマーカーでリアルさアップ!

釣れるチューニング!?バイトマーカーでリアルさアップ!

こんにちは、寒くなると朝マヅメが応えますね、たかっぺです

皆さんは、シーバス用のルアーやジギングでのメタルジグに何かしらチューニングを施していますか?

針を小さくするや、前後の針サイズを変えるなど色々工夫されていると思いますが

ボディーにチューニングをする場合に面白いアイテムがあります

今回は、ルアーやメタルジグに貼るだけで、よりベイトライクなルアーになるバイトマーカーを紹介していきます

ヒレを演出出来ればもはや餌!

luer

ルアーやメタルジグのシルエットは本物のベイトのような形をしていますが

よく釣れると言われるルアーやメタルジグでも、同じような場所や誘いをしてしまうとスレて来るものです

でも、その動きやルアーでしか反応が無い状況も多いわけでして

反応が薄れ途方にくれたときに、思いつくのがチューニングです

針のサイズを下げてみたりと色々するわけですが、どれもパッとしない状況などがあるわけでして

こんな時に効果が高いチューニング方法が今回ご紹介するバイトマーカーです

もう少し詳しくお話していきます

多くのルアーは泳ぎ方とフラッシングでアピールさせる

Visual effects

ルアーをアピールさせている方法は、泳ぎ方とボディーが受ける光を反射するフラッシングになってきます

どんなルアーでも、そのアピールでシーバスがバイトするように作られていまして

より使いやすい状態でアングラーは使っていますが、いずれルアーが偽物と勘づくこともあるわけでして

バイトも遠のいてくることもあるわけです

やはり、人工的に作られた泳ぎやフラッシングには、限界がありルアーに反応する魚もすぐに偽物と区別されてしまいます

これはルアーである以上しょうがないことで、実際に泳がせ釣りの方が理にかなっている場合がほとんどです

しかし、やはりルアーで釣りたいのがルアーマンの性でして、何かいい方法はないものなのかと試行錯誤をしているうちに、なるほどの商品がありました

同じルアーなのにヒレを付けたら釣れ続いた

Red snapper

目にとまった商品がヒレの形をしたシールでして

面白そうなので購入して、ジギングでの釣行で変化を見るためにつけていない状況と付けた状況で試したところ…

その日は鯛が高活性でタイラバをメインにしていましたが、潮代わりと同時にタイラバでアタリが無くなった状況でした

船内の皆さんがジグを投入し、実績の高いTGベイトでアタリが頻繁にあるも徐々にアタリも遠くなる状況で、試しに同じジグにバイトマーカーを付けた1投目から、連続バイトが多発!

実際、バイトマーカーを貼っていない状態でシャクっても反応なく、貼った状態では好反応ということがありました

又、シーバスで落ち鮎シーズンのこと

ミノーを表層で流してバイトが多く出ているも、流し続けるとさすがにバイトが無くなり、他のルアーにも反応がなくミノーにバイトマーカーを付けて流した1投目でバイトがあることもありました

どんなシチュエーションでもバイトマーカーはフローティングベストの小物入れに入れるようにしていますよ

たまたまなのか、100%バイトマーカーが決めてとは言えませんが

あきらかに反応の違いを実感できたことを覚えています

バイトマーカーといっても色々あるけれど

sticker

バイトマーカーと聞くと、アングラーによる視認性向上のために蛍光色のシールや目玉をルアーに張り付けるなどを思い浮かべますが

今回ご紹介するバイトマーカーは、アワビ本舗の小沼アワビバイトマーカーです

これ何がありがたいかというと、魚のヒレの形にカットしてあるのがすごくうれしいです

ただ張り付けるだけで、ルアーのバランスを考える必要なくチューニングできる魔法のシールでして

大小サイズが1枚のシートにカッティングされているので使いやすいですね

アワビの煌きが効いていいる

又、このシールはアワビ殻の独特な煌きが、ベイトの艶めかしい煌きに似ているので本物の餌と思いバイトしてくるのです

色もイエロー系からグリーン系、ブラック系とシーバスやメタルジグでよく使われる色なので、使い勝手がいいのが特徴的ですね

シルバーベースのボディーにグリーンのバイトマーカーを貼ったり

マヅメ時にはより目立たせるためにピンク系を張ったりとアングラーが考えてできるのも面白みの一つでしょう

アワビを全体に張り付けるのもGOOD

ちょっと話がずれますが、このアワビ色がとある季節に効果絶大な時があります

年中使えるアワビ色なのですが、春先のナイト・デイゲームでスローな釣りを展開する状況で爆発力があります

春先はアフターで少し弱り気味のシーバスが多い季節でして、食べやすいベイトを捕食したりします

特にバチパターンで、どのルアーやどのカラーにも反応しなかったのがアワビシートを張ったルアーに好反応を示したことがありました

アワビの艶めかしい煌きがよかったのでしょう

また、小女子パターンの時のデイゲームでも鉄板バイブレーションにアワビシートを貼り、ボトムなどをゆっくりとトレースするとバイトが多発するときもありました

デイゲームの必須ルアーで、使用率が高いコアマンのIPシリーズやパワーブレードに専用チューンとしてアワビシールがありまして

デイではそのアワビ色以外には反応が無かったことを覚えています

それが春先には大爆発する状況が多々ありましたよ

ただ、伊勢湾の小女子が見られなくなった今はデイでも難しくなってきているように思います

まとめ

とあるチューニングで大爆発な釣果を出した方法として

アワビの煌きを取り入れるバイトマーカーの存在があります

最近では色々なカラーが使われている中で、このアワビ色でしか反応しなかったり、ヒレをアワビで演出したりと驚きのチューニングでバイトを得ることがあります

とてもいいルアーも釣れ続くことは稀です

そのルアーでより釣るための手段としてバイトマーカーは面白いチューニング方法なのですね

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ