新型コロナウイルス感染予防について

釣具屋さんは情報の宝庫!釣るための情報を得るには常連になろう

釣具屋さんは情報の宝庫!釣るための情報を得るには常連になろう

こんにちは、トマトがたくさん取れすぎて困った、たかっぺです

釣りに行くときに、必ず釣れる情報を仕入れて出かけますよね

ネット情報や知り合いの情報など様々な情報の仕入れ方がある一方で、濃密な情報を得られる場所があります

それが、釣具屋さんでして

釣りに精通している釣具屋さんの店員さんこそ新鮮な情報を持っていて、是非とも仕入れたい情報ばかりです

しかし、簡単に教えてはくれるわけでありません

今回は、新鮮で濃密な情報を得るために釣具屋さんの常連になろう!というお話です

情報が無ければ釣りにならない

シーバスや青物を狙うにあたり

いきなり海に行っても釣れる確率は低いです

というのも、干満の影響・ベイトの有無・流れの場所などを考慮してポイントを絞っていく釣りです

これらのポイントとなる場所というのは、ネットなどで調べても検索外れが多いのが現状で

いわゆる鮮度が悪い情報になってしまい、逆に時間をロスするだけになってしまい釣りにならないケースも多々あるわけです

たくさん釣る人ほど情報を持っている

より多くのシーバスや青物を釣っている方で共通して言えることが

濃密な情報を持っていることや、新鮮な情報を持っていることが多いです

例えば、いきなり県外の有名なシーバスポイントに行っても、どの場所でどのようなアプローチが有効なのかは一人で探るにはかなりの時間が必要です

そこで、現地に精通している知人などが加わると濃密な情報を仕入れるので短時間でシーバスを狙って釣ることが可能になってくるのです

このように情報はとても大切で、どのようにして情報を仕入れればいいのかをもう少しお話していきます

新鮮な情報こそアングラーの味方

新鮮な情報といっても、干満の状況や降雨の状況ではありません

今現在に、ベイトがどこにいて、どのタイミングで、どのルアーで、タックルセッティングは、狙うチャンスは、等々の細かくてより濃密な情報こそ新鮮な情報となってきます

こういった情報を仕入れれば、後はその時にその場所に立ち集中するだけです

アングラーの味方になるような情報があればいいですよね

しかし、こういった新鮮な情報はなかなか手に入りません

それもそのはず、せっかく自分で見つけて釣れたポイントを人になんか教えたくないものです

管理人もその一人です

メジャーなポイントは教えたりしますが、肝心の攻め方についてはシークレット扱いです

だけど、そんな濃密な情報を誰でも仕入れる場所が一つだけあるのです

それが釣具屋さんでして

その釣りに精通している店員さんなら濃密な情報と引き出しを多く持っているのです

情報は釣具屋さんにあり!

新鮮で濃密な情報は釣具屋さんにあるということが分かっても、すぐに聞いて教えてくれるかというとそうではありません

なぜ教えてくれないのか、どんな方なら教えてくれるのか、暗黙のルールなどを少しお話していきます

実際に管理人も仲のいい釣具屋さんの店員によく聞いたりします

その情報のおかげでシーバスが釣れたことも多々ありますよ

いきなり教えてはくれない事実

釣具屋さんの店員さんは釣りに精通している人ばかりです

精通しているのに簡単には情報を開示してくれません

なぜか?

答えは簡単です

商売だからです

つまり、情報と引き換えに釣り具を買ってくれることで成り立つ商売でもあります

情報を教えても釣り具を買わないお客さんもいるわけで、簡単な情報は教えてくれますが

その先の濃密な情報を得るためには、かなり釣具屋に貢献して、たくさん会話しなければいけません

また、釣具屋さん側も釣れる情報を求めているわけで会話の中に釣れた場所や、いつ釣れたのか、など新鮮な情報を教えてあげることがいい関係を築くコツにもなります

常連さんは得をする

いい関係の常連さんになると、うれしい特典があることがあります

商品が安く手に入る、どんな商品が入るのかということでもありません

それが、一緒に釣りに出かけられるということです

釣りに精通している店員さんは、その情報力で自らも釣りに出かけては釣果を出す、強者です

そんな店員さんと一緒に釣りに行くのは勉強できるチャンスで、より細かく釣りを吸収できるでしょう

商品は買うようにしよう

先ほども言いましたが、釣り具は買いましょう

買わないお客さんは、店員さん側からすれば嫌なお客さんにしかなりません

顔には出しませんが、嫌なお客さんと思われると店頭に貼られている目で分かる情報しか教えてくれませんよ

せっかくの情報をもらったら、釣り具も買う様にしましょう

もちろん、強制的ではありません

釣具屋さんの店員さんといい関係を築くために必要な行為なのですよ

自分だけの情報ルートを確保しよう

情報は一か所だけとは限りません

より多くの情報を仕入れれることが、釣りの組み立てには最も重要なことになってきます

つまり、ネットワークを広げることで釣れる確率をあげるということで

一つの釣具屋さんだけでなく、他店の店員さんと仲良くすることが幅の広い情報となってくるのです

情報がたくさんあると、混乱するのではと思うでしょうが

鮮度の良い情報であれば、その時にどうするかの組み合わせが多くできて釣りを組み立てやすくなってきます

釣り具屋さんといってもたくさんありますが

中でも、深夜から開いているお店の常連になれば、かなり新鮮な情報を持てるでしょう

しかも、机の周りに他のアングラーが腰かけているような場所は、貴重な情報を得られる場合もありますよ

まとめ

たくさん釣る人、毎回大型な魚を釣る人

そんな人たちは、濃密で新鮮な情報をストックして釣りの組み立てを上手にしているから釣れているのです

なかなか新鮮な情報を得るのは難しいことです

そこで頼りになるのは釣具屋さんの情報です

簡単には教えてくれませんが、ぜひとも釣り具をたくさん買って、たくさん店員さんとお話して新鮮な情報を得量にしましょう

そ情報で、アナタの釣りは激変するはずですよ

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ