タイラバタックル PR

タイラバで困ったらこれ!参力プロスペックTR極で気難しい鯛を攻略

こんにちは、毎日仕事をさぼって釣りしたいと考えてるサラリーマンたかっぺです

暑くなってくると鯛の活性があがり、2桁釣果の方もいるほどタイラバによい時期になりました

良くなったと言っても、よく釣る方やまったく釣れない方と分かれるのが現実にあるワケですが

その一つの原因に、肝心なネクタイ選びがポイントになってきます

そのネクタイ選びで、最近「よくアタル!」と噂のネクタイがあります

それが今回紹介する参力の替え玉プロスペックTR極

食い渋る時も高活性の時も、よく釣れるアイテムとして重宝しています

今回は、タイラバ用のネクタイセット 参力の替え玉プロスペックTR極についてお話していきましょう

ネクタイ選びが釣果を左右する

タイラバでは、ヘッドで鯛に興味を持たせて、巻き続けることによるネクタイの波動で鯛にベイトアピールをして食わせることが基本です

中でもネクタイのカラーや細い・太い、カーリー・ストレート等の形状によっても食いがかわるのがタイラバです

ネクタイ選び一つで釣果がかわると言っても過言ではなく

よく釣れるためのネクタイを試行錯誤をしながら当日のヒットパターンを模索していきます

それがタイラバの奥の深さにもつながり面白いのですが

パターンを見つけられない場合には、鯛はいるのに食わないといった状況にもなりボウズという結果もあるのです

探る釣り

パターンを見つけるために奮闘するわけですが

一番のネックはネクタイの形状

多い方では、3回の誘いで見切りをつけてどんどんネクタイを交換する方もいます

とにかくバイトが無いのであれば、探すしかないわけです

船長さんの情報を頼りに、最近のヒットパターンなども照らし合わせてセッティングするのですが

そこで食わない場合には、タイラバでの腕の見せ所となってきます

とにかく色々なメーカーからネクタイは出されていて、何をどのようにすればいいのかは試すしかないわけで

途中で訳が分からなくなったり、自分が何をしたいのかもわからなくなってきたりもするのが辛いところですよね

時間が足りない…

何よりも、交換とセットするのに結構な時間を費やしてしまうのももったいない話

一つ一つネクタイの形状を吟味して取り付けてカラーも交換となると

時間がいくらあっても足らないのが現実です

しかも、時合があってもうまく乗れなくなるとイライラがとまりません

それが船中で一人となるとイライラが爆発してしまいますよね

参力プロスペックTR極という選択

イライラ解消のために、お勧めしたいのがフックやネクタイがセットになって販売されている物

ダイワやがまかつでも、パターンに合わせたセッティングで売られている物も増えてきていて、管理人もダイワを愛用しています

が…

最近、このネクタイがよく釣れると話題の物があります

特によく通う鳥羽海域ではお勧めされるほどです

それが、参力の替え玉プロスペックTR極

まじまじと見てみると、他社のネクタイよりも色々な変化があるのでいくつか紹介していきましょう

微量なスカート

最近のタイラバでは、一昔みたくスカートの搭載しなくなってきました

ほとんどがネクタイの形状というシンプルな構造なのですが

この替え玉プロスペックTR極はスカートを少量搭載しています

スカートは支流の変化でなびくように動きます

それがイカやエビなどのベイトに似せることができると言われます

多彩なベイトパターンを演出する為にも、この微量なスカートは必要なのですね

細身でよく動くネクタイ

ストレートタイプのネクタイを見ると、一つのネクタイを分割しています

近年はどちらかというと細身のネクタイが主流になってきています

特に日中でマヅメから外れると、より食わせやすいアピールが少ない方がバイトが多いと思います

細身のタイプに分割してさらに細身+若干のカーリー使用

アピールの変化で食わせやすい仕様となっているのは要チェックですね

これは食いますね

カーリーに独特な細工

カーリータイプを見ると細身でよく動く形状をしています

それだけでなく、独特な形状をしていて

水流の変化でより艶めかしく動くような加工がしてあるのも、特徴的なところですね

アピールと食わせやすさは別といいますが

いいとこ取りした形というワケでしょうか

フックが強い

このフックは、カルティバ製のロックというフック

ジギングやロックショアでは当たり前になっているオーナー製です

フックのフトコロも広く強い素材は大鯛の引きにも負けませんね

 

 

フックは多点掛けに交換もあり

替え玉プロスペックTR極で少し変えたいところがあるなら、フックになります

当初から信頼のフックが搭載していますが

近年のタイラバでは、2本針ではフッキング率が甘いことがあります

特に活性の低い時や、スレている場合などではフックは3本針か4本針にして多点掛けをした方が獲りやすくなってきます

ダイワの紅牙で4本針があるので、それを使うとタイラバでのバラシが軽減してきますよ

鯛の口は意外に硬いですから、フックが貫通していないということも多々あるということは認識しておきましょう

 

伊勢湾では強い存在

実は、この替え玉プロスペックTRは明石海峡でテストされたものと伺います

潮の早く複雑な海域での場面でのテストは、どのフィールドでも使えることになります

鳥羽海域では急流な場所もあり、ドテラでは無風状態でも巻かなくてもいいくらいの早さとなります

その中での使用は、とても合っているような感じを受けます

かといって潮が緩い状態では使えないのかというとそうでありません

どんな場面でも使えるオールマイティーな仕様がこの替え玉プロスペックTRの強みなのではないでしょうか

まとめ

今、鳥羽海域で話題沸騰中のタイラバ用のネクタイ参力の替え玉プロスペックTRについてお話をしました

管理人がネクタイ交換に奮闘している中、次々にバイトをさせている人に仕掛けを見せてもらうと替え玉プロスペックTRを使っていたことがありました

船長さんもお勧めしている参力の替え玉プロスペックTR

タイラバが初めての方も上級者の方も納得して使える代物ではないでしょうか

次回のタイラバ釣行までには揃えておかないと釣れないかも!…しれませんよ

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ

(Visited 200 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。