タイラバロッドは掛ける・乗せるが鉄則!厳選タイラバロッドをご紹介

タイラバロッドは掛ける・乗せるが鉄則!厳選タイラバロッドをご紹介

こんにちは、寒暖差があると風邪ひきやすいですよね、たかっぺです。

タイラバでより多くの鯛を釣るには、ロッドについても考えるといいですね。

タイラバ専用のロッドは最近多く出回るようになりました。

しかし、どういった物を選べばいいのか迷いますよね。

今回は、タイラバロッドに求められることやお勧めのロッドについてお話していきます。

タイラバロッドで求められること

タイラバでのアタリは独特で、ラバーの部分を鯛がベイトと勘違いし追尾しながらかじるように捕食します。

鯛に違和感なく食い込ますためには、感度に優れて繊細なティップが備わっていないといけません。

ライトジギングロッドでもタイラバはできますが、しなやかさが少し欠けるため鯛が違和感を感じ離してしまうことがあります。

また、鯛の引きは3段引きとも呼ばれ独特な面白い引きをします。

鯛の引きにも負けないロッドパワーと独特なアタリを捉える繊細なティップ~ベリーが求められるロッドとなってきます。

タイラバロッドの注意点

タイラバロッドはティップが繊細で衝撃に弱いことがデメリットになります。

タイラバをガイドに引っ掛けてティップを大きく曲げて固定するとティップに大きな負荷がかかり少しの衝撃で折れやすくなります。

関連する記事がありますので参照にしてください。

ジギング船移動中に要注意!メタルジグは暴れない工夫をしておこう

より食い込みをよくしたいならロッドの角度も大事

タイラバを巻いている時のロッドの角度はタイラバにとってとても大事です。

ドテラ流しでも船を立てている場合でもロッドもラインとの角度も重要になってきます。

鯛がラバーを食えながらバイトしてきた時に、違和感なく捕食させるのがタイラバロッドです。

ティップを曲げていなくラインと直線になるとダイレクトにアタリをとってしまい鯛がすぐにタイラバを離してしまいます。

ティップを曲げて、タイに違和感なく食わせるようにロッドの角度に注意しましょう。

タイラバロッド厳選紹介

繊細なティップやバットパワーを兼ね備えた専用モデルはどのような物があるのかを厳選してご紹介します。

管理人がよく通う鳥羽海域や五ケ所湾での実績高いモデルです。

鯛を掛ける・乗せるに特化しているモデルをご紹介していきます。

・ダイワ:紅牙AIR N65MB-TG

鯛を乗せるためにあるようなロッドでして、そのティップの柔らかさは触っていて怖いくらいです。

全体的に綺麗によく曲がるので、ロッド曲げて鯛の引きを楽しみたい方向きです。

紅牙独自のガイドセッティングは感度を最優先している証拠ですね。

・ダイワ:紅牙AIR K67HB-METAL

鯛を掛けるためのロッドでして、潮流の変化を素早く察知できる感度を持っています。

潮流の情報を元にヘッドの重さやラバーの形状交換を早くできるのがこのロッドの特徴です。

鳥羽の激流ではこのロッドは釣法するでしょう。

・ダイワ:紅牙AGS N69MHB-METAL

AGSはカーボン素材のガイドを使用したモデルでして、高感度がウリのモデルになります。

また、曲がりこんでからが威力を発揮するダイワのテクノロジーもあり柔らかさと強さを合わせ持つロッドです。

・テンリュウ:Red Fip  RF661B-L (TAI-RUBBER)

ジギングで有名なロッドメーカーが手掛けたタイラバ専用ロッドです。

独特な粘りと繊細さを合わせ持つモデルでして、鯛を掛けると綺麗に全体的に曲がりバラシを軽減しています。

また、独特なデザインはがカッコイイですね。

デザインと全体的な使用は手放せないでしょう。

・テンリュウ:Red Fip  RF792B-L (TAI-RUBBER)

7.9ftある長いロッドが鯛にラバーを違和感なく食わせ乗せれるロッドでして

取り回しを犠牲にしてまでも、食わせに徹するスタイルがタイラバファンにはたまらないですね。

・ジャッカル BIN-BIN STICK HS BSC-HS610SUL-ST

ジャッカルのタイラバロッドの種類はどのメーカーよりも群を抜いています。

このモデルはソリッドタイプでして、きわめて高感度でわずかな変化も捉えれるティップが備わっています。

・ジャッカル BIN-BIN STICK  EXTRO  BSXS-C68M

かなり細身のブランクスながらも粘りあるロッドでして

ティップが繊細で少しの違和感も察知できて鯛を自動で掛けてしまうというこだわりのロッドです。

昨年のタフなコンディションでよく釣っていた方は、このロッドでしたよ。

貴重な1匹をとる為のロッドと言えます。

ロッドを100%生かすにはドラグ設定も大事

少しロッドとはかけ離れましたが、ロッドの性能をいかすうえで必要なのがリールドラグの設定です。

鯛のアタリを確実にとり、違和感なく食い込ませるにはティップ~ベリー部分が重要ですが

重量のあるタイラバヘッドを使う深場や潮流が速いところでは巻き途中に大きくティップ~ベリーにかけて曲がります。

この曲がりが少し大きくなると、鯛がくわえてもすぐに離してしまいまして

この分を補う意味でも、リールのドラグ力はかなりユルユルに設定したりします。

タイラバを巻いている途中にドラグが出ない程度に緩めるのです。

このドラグ設定もロッド同様重要なことですので、参考までに

まとめ

タイラバでの鯛のアタリを捉えるもロッドのティップが繊細でなければ鯛を釣ることが難しいと言えます。

それには、タイラバ専用のロッドを使うのが理想でして

今回ご紹介したモデルは鳥羽や五ケ所湾で特に実績の高いモデルです。

特に鳥羽の激渋や激流の時に使うとよくわかりますよ。

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ