巨鰤ジギングをする前に…乗合船のマナーを覚えておこう【ここをクリック!】

伝説級の集魚力!ハイブリッドルアーは必ず入れておいた方がいいワケ

伝説級の集魚力!ハイブリッドルアーは必ず入れておいた方がいいワケ

こんにちは、素麺は1束じゃものたりません、たかっぺです

デイゲーム必須ルアーといえば、何を思いますか?

バイブレーションやスピンテールなどありますが

必ず入れておきたいルアーとしてハイブリッドルアーがあります

シーバスや青物、フラットフィッシュまで集魚力が半端ないルアーで

今や、どこの釣具店でも熱を入れて販売しているハイブリッドルアーの一体どんなところがいいのでしょうか

また、どんなものがいいのかをお話していきます

これから本格的にシーバスやフラットフィッシュをされる方は、よく覚えておきたいルアーの一つですよ

誰もが認める釣れるルアー

色々なルアーがある中で、”釣れる”に特化したルアーが存在します

それが、ハイブリッドルアーで、鉛のヘッドにシャッドワームを合体させて飛距離を稼げて、ベイトライク動きを出せるルアーです

質感とその泳ぎから、もはやベイトと思わせる動きが食わせスイッチを簡単に入れることができるのです

ここ最近では特にハイブリッドルアーは釣れるルアーとして、どこの釣具屋さんでも置いてあるルアーで

よくシーバスやフラットフィッシュを狙うなら、必ず購入しておきたいルアーというのをよく聞きます

なんで釣れるルアーなのか、なんでお勧めしているのかをもう少し深堀してお話していきましょ

集魚力は半端じゃない

 

ハイブリッドルアーの真骨頂は、集魚力に長けるということ

その状況を思い知らされるのがデイゲームで

鉄板バイブレーションやスピンテールで広く探ったり、ここぞというところでワームで誘い食わせるのが少し前のシーバス事情でしたが

今では、終始ハイブリッドルアーで誘い食わせることが多くなってきました

鉄板バイブレーションやスピンテールが食わないというわけでなく

単にトラブルも少なく艶めかしい動きのハイブリッドルアーの方が集魚力が高いことが挙げられます

飛距離+ベイトの質感=釣れる

シーバスやフラットフィッシュを釣る上で必要なことは飛距離です

あの潮目に…沖のブレイクに…あのかけ上がりに…届かせるには、ロッドのパワーを伝達しやすい重さのあるルアーでないといけません

ハイブリッドルアーの特徴の一つとして、鉛製のヘッドが挙げられ

そのヘッドの重量で遠くに飛ばせることができ

ベイトライクなハイアピールのシャッドテールワームを組み合わせることで、泳ぎと質感でベイトそのものの動きになり、違和感なく食ってくるというワケです

近年では、色々なハイブリッドルアーが出てきました

全てが釣れそうな感じは抱き、どれも釣れるのでしょうが

中でも特にお勧めな物を少し、ご紹介していきましょう

厳選!!お勧めハイブリッドルアー

釣具屋さんに行くと、釣れそうなハイブリッドルアーが揃えてあります

特に大量生産が可能なメーカーは、ここぞとばかりに目立たせて置いてあるので目移りしますよね

そんなルアーもいいのですが

今まで、人が釣っている物や、管理人が釣ったものを厳選して紹介していきましょう

これから、シーバスゲームをしたい方や、フラットフィッシュを始めたい方は参考にしてください

コアマン:VJシリーズ

もはや伝説級のルアーです

一時期、注目を集めすぎて欠品が続いたルアーです

中には、このルアーでないと釣れる気がしないという方もいるほど

シャッドワームを逆に刺した奇妙な形ですが、独特のバイブレーションがフィッシュイーターの本能をくすぐるのでしょう

今でも入手が困難なところもあるとか

ブロビス:ハイブリッドスイマー

管理人がハイブリッドルアーに大きな関心を寄せた傑作ルアー

泳ぎが面白く、水流を受けると小刻みにしっぽを震わせながら、左右にスイングしたような動き

更には、ボディーにロールを加えた動きにシーバスが何匹も追尾してきたことがありました

また、飛距離も今回紹介した中では一番飛んで姿勢も綺麗です

より小さいサイズのアイブリッドスイマーネクストはさらにヤバいルアーですね

ブルーブルー:ジョルティ―

独特なヘッド形状と移動アイシステムで飛距離と飛行姿勢が美しいルアーです

ジョルティ―の泳ぎはよく揺れるワームのしっぽが特徴的です

合わせて、ボディーのロールでフラフラ泳ぐ様は、このルアーでしかない味ですね

管理人の釣り仲間でジョルティ―しか使わない方がいますが、いつも結果を出しているので腕がいいのか、ルアーがいいのか…

ジャッカル:ビッグバッカ― ワグシャッド

特に青物が回遊する時期に使いたいルアーです

その動きは、ハイピッチロールアクション

それも、結構激しめのアクションで、早く巻けば手元に鉄板バイブレーションのような振動がきます

激しい動きで、青物を誘い出すにはもってこいのルアー

また、アイの位置でシャロ―攻略も可能なので、大河川や遠浅のサーフでは面白い結果になるのでは

マーズ:ストライクヘッド+ローリングシャッド

シンプルな形状のストライクヘッドはマーズのワームと合わせて使うことを前提にしています

近距離戦では特に定評があるマーズのワームですが、飛距離を伸ばしてその柔らかすぎず固すぎないワームで、シーバスを騙せる数少ないルアーです

ワームの真骨頂に飛距離を追加したハイブリッドルアーは是非入れていきたいアイテムですね

釣れないと嘆く前にしたいこと

色々といいことばかり書いていますが

ルアーである以上、必ずスレます

同じコースを投げていると、必ずシーバスは見飽き、見向きもしません

釣れないのではなく

釣れるルアーなのに釣れなくしているのは、やはり投げすぎによるスレなのです

釣れると聞いたのに釣れない

ではなく、ルアーはハイブリッドルアーだけではありません

先発からハイブリッドルアーを使ってもいいですが

レンジを意識することや、流れに対してどのようにアクションさせるか、早く巻くや変化を付けるなどもしていくことも必要になります

釣れるルアーを、より釣りやすくするにはアングラーの”どのようにする”が求められるのです

最初は難しいかもしれませんが、幾度も通い意識することが大事ですね

まとめ

今ではなくてはならないルアーのハイブリッドルアーについてお話しました

釣れるワームに飛距離を+したことで、よりアグレッシブにフィッシュゲームを堪能できるでしょう

シーバスを始めたい方や、フラットフィッシュを始めたいと思っている方は

是非、ハイブリッドルアーを一つは持っておくようにしましょう

釣れるルアーをどのように操るかも意識して楽しむと、おのずと魚は受け答えてくれるでしょう

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ