巨鰤ジギングをする前に…乗合船のマナーを覚えておこう【ここをクリック!】

巨鰤を釣り上げろ!!秋冬シーズン鳥羽ジギング遊漁船をご紹介

巨鰤を釣り上げろ!!秋冬シーズン鳥羽ジギング遊漁船をご紹介

こんにちは、おにぎりの具は唐揚げでお願いします、たかっぺです

次々と良い釣果情報が出てる、鳥羽のジギング船

今シーズンもいい思いができそうな予感しかありません

そんな鳥羽は三重県でも屈指の人気エリアです

その釣り場は人気メーカーのテストの場でもあり、腕に覚えのあるジギンガ―が足しげく通う場所でもあります

そんな鳥羽で釣りをしてみたいけど、どこに遊漁船があるのか分からない…

そこで、今回は鳥羽エリアで人気のジギング船をご紹介していきましょう

今回紹介した以外でも、多々あるのでこれを期に色々調べてみてはいかがでしょうか

巨鰤ジギングを三重県で

三重県で屈指の漁場である鳥羽は巨鰤ジギングの聖地とも呼ばれています

木曽三川の豊富な栄養が流れ込む伊勢湾の出口にあたる鳥羽では、その栄養のおかげでベイトが育つ環境がよく

良質な餌を食べている青物の身質は脂のノリよく甘いのが特徴的です

そんな漁場をジギングで狙うのですが

テクニカルな場所でワンピッチワンジャークの速度とふり幅、ロングジグやショートジグの使い分けがはっきりしている漁場でもあります

そのテクニカルな場所では、メーカーのジグやタックルのテストが頻繁に行われていて、時期になると腕に覚えのある強者が揃う場所でもあるのです

ですが、難しいかと思いきや、ある程度知識があれば、シャクリ方が上手な人を見つけてはマネするだけでパターンを掴むことができるから、誰にでもチャンスはあるのです

秋終盤から冬にかけてシーズンインする鳥羽の巨鰤を狙ってみませんか

巨鰤ジギングに精通する遊漁船

遠方からも足しげく通う方もたくさんいる鳥羽のジギングですが

よく耳にするのが

どの船に乗ればいいのか分からなかった

と、最初に来た時は船探しに苦労したとか

それほどジギング船の数も多いのが特徴的なところです

そんな鳥羽のジギング船の一覧的なものをまとめましたので、気になるところはチェックして実際に釣行してみてください

いい出会いがあればいいですね

ミスターこーじ

鳥羽の老舗であるミスターこーじ

遊漁船としては歴史のある人気船です

ブログの面白さと気さくな船長さんで常連さんも多い船ですね

ジャーク忠丸

釣りが激ウマの船長さん

自らも操船の傍ら釣竿を出す熱血船長さん

しかも、いきなり横で鰤釣りあげられるからビックリでした

いい誘いの勉強になりましたよ

キャスティングヒート

管理人もよく利用しているキャスティングヒート

青物大好き船長さんです

操船技術が高く、船の流し方が絶妙です

人気船で土日祝はシーズンともなれば予約だ取れない状況にも…

山洋丸

でかい船にひときわ目を取られます

その安定性から、安心の釣りが約束されますね

酔いにくく女性の方でも安心して乗ることができる遊漁船ですね

気さくな船長さんで分からないことは何でも相談してみましょう

ファイヤードルフィン

鳥羽にこれあり!のリスキージグの開発者のファイヤードルフィン

鳥羽の鰤の火付け役にもなったジグ

ジギングの熱い思いを乗せて走る老舗遊漁船です

このジグには何度お世話になったことか…今でもよく使いなければ不安になります

強丸

大型船で安定の船体での釣りは快適そのものです

ひろい船内はゆとりのやり取りを実現させてくれますね

強風化でも安心して釣りができますよ

ジギングだけでなく、ウタセ真鯛にも精通している人気船です

オーシャンズマロン

午前と午後と鳥羽の海を楽しませてくれるのがオーシャンズマロン

新艇は心地よく、エンジンの揺れが少ない船で快適です

SLJうタイラバにも熱を入れていて、午前にジギング午後にタイラバなんて釣りもいいのでは

鳥羽の遊漁船ご利用の注意点

そんなジギングが楽しめる鳥羽の遊漁船ですが

利用するにあたり注意点があります

それぞれ把握してから船に乗り込むようにしておきましょう

はじめていかれる場合には事前に確認しておくと迷わなくて済みますよ

釣り座について

それぞれの船によって違います

早い者勝ちで席を取る場合と、平等にクジ引きで決める場合があります

必ず前日に確認するときに合わせて聞いておきましょう

キャンセル料について

状況に応じて発生する場合はあります

船長さんも予約状況で燃料をどうするかやルートを決めています

ドタキャンも多いと聞きます

遊漁船には遊漁船のルールがあります

できる限りキャンセルが無いようにしておきましょう

氷について

クーラー用の氷がもらえるところと、無いところはあります

無いと事前にコンビニ等で勝っておかなければならないので

前日確認の際や予約の際には必ず氷の有無を聞いておきましょう

鮮度抜群の魚を冷やさず持ち帰るのはご法度ですよ

タックルについて

タックルの持ち込み本数は制限がかかる場合があります

人数が少なければ多く持ち込めるでしょうが

基本的に、一人3本程度が理想です

それ以上だと、他の方へのロッドホルダーが無くなる場合があるのでよりセレクトしてベストセッティングで釣りを楽しみましょう

初めての方へ

ジギングは一見一人の釣りに見えるでしょうが

実はチームプレイでもあります

例えば、乗船者の方たちがジグの重量200gを使用している中で、一人100gを使っていると潮の流れによって流されやすくなります

数メートルの間隔しかない位置では絡まってくださいと言っているようなものです

ジグの重量や、タックルバランスは合わせるようにしておきましょう

分からないことは前日までに船長さんに確認するようにしてください

せっかくの楽しい釣りをごたごたで終わるのはもったいない始末です

そうならないためにも、ジギングにおけるマナーを一読しておくと迷わずにすみますよ

オフショアジギングを始める方必見!乗合船のマナーを知っておこう

まとめ

さあ!鰤だ!鳥羽だ!

この時期になれば、強者が集結する時期です

色々な情報交換の場所でもあり、巨鰤のチャンスも高い場所です

そんな鳥羽に来てみませんか?

沢山あるジギング船の中で、自分にある船を見つけて楽しい鳥羽の釣りを堪能しましょう

あなたに巨鰤のチャンスが巡ってくるかもしれませんよ

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ