巨鰤ジギングをする前に…乗合船のマナーを覚えておこう【ここをクリック!】

結束良し!根スレ良し!フロロリーダーはプレミアムMaxに決まり!

結束良し!根スレ良し!フロロリーダーはプレミアムMaxに決まり!

こんにちは、若いころと違い体力に自信が無くなってきた、たかっぺです

シーバスを狙際にストラクチャーをタイトに攻める時は多いです

この時に使うリーダーの種類として使うのがフロロカーボンライン

根スレに強い特性を持つので愛用している人も多いのでは

このフロロカーボンラインで最も信頼しているリーダーとしてシーガーのプレミアムMAXがあります

その信頼は何なのか

今回はシーガーのプレミアムMaxに焦点をあててお話していきましょう

これからシーバスを始める方にもお勧めですよ

ストラクチャー狙いの最強フロロ

シーバスを狙う際にストラクチャーを攻める場合は多いです

少しでもタイトにシーバスが潜むであろう物陰にルアーを流し込むのですが

掛かった瞬間から少しでも取る確率を上げれるタックルシステムは必須です

その一つが根スレに強い特性を持つフロロカーボンラインでリーダーを結束するのですが

品質に信頼を置くものは準備しておきたいですよね

どのメーカーも使いやすくいいものばかりなのですが

中でもひと際使って納得しているリーダーが存在します

そのリーダーがシーガーのプレミアムMax

リーダーを色々試している管理人ですが、フロロリーダー最強と呼んでいます

扱いやすさと強さを両立しているフロロカーボンラインはコレ一択ですね

色々かみ砕いてお話していきましょう

フロロカーボンラインの特性

 

お話をする前に

一般的に言われるフロロカーボンラインについての特性はご存じでしょうか

それは

比重がナイロンラインより重く、引張強度はナイロンより劣り、摩擦に強く、樹脂の性質上固いのが特徴、比重が高いことからなじみが良く、根ズレに強い汎用性が高いライン

固さゆえに巻きグセがつきやすいです

こういった特性でフロロは使いづらいという方も多いわけです

フロロリーダーを使う際の注意点

根スレに強い性質のフロロラインですが

性質にもあるように固く結束はしにくく、巻き癖が強くルアー操作にも影響が出てしまいます

どんなフロロラインでも、このクセは完全に抜けません

このクセはリーダーとして使う際には要注意事項になりますよ

結束は確実に

性質上固いため、PEラインを結束する際には確実な編み込みが必須です

この編み込みが弱いや均等でないと、すっぽ向けや断線になるのがフロロラインでは目立つところです

一つ一つをしっかりと編み込むことや巻き付けることでトラブルは回避できます

編み込み終わりや、巻き付け終わりには必ず引張結束が確実にされているかを確認しておきましょう

特にナイトゲームでは操作がしにくいので結束が弱くなる場合が多いですよ

巻き癖は必ず取る

周りでシーバスがよく釣れているのに、なぜ釣れないのか…

その一つの原因であるのが、リーダーの癖をそのままにしてルアー投げている場合が多いです

リーダーが太ければ太いほど、癖は強くルアーの動きを阻害してしまいます

時間がたつと癖もほどけてきますが

最初から、この巻き癖を引っ張り取るようにしておくことで、余計な動きをなくしルアー本来の動きをさせるようになるのです

プレミアムMAXを使うワケ

そんなフロロラインの中でも使用感にとても長けているのがシーガーのプレミアムMax

フロロリーダー最強の呼び声はどんなことなのでしょうか

少しお話していきましょう

細くて強い

シーバスをストラクチャーで狙う際に必要なことは、タイトなコースを攻めること

少しコースがずれただけでも口を使ってくれないシビアな状況もあるワケで

根スレに強いフロロを選択し、ラインであることを意識させないようにセッティングすることも重要です

ラインが太ければ根スレの安心感は増えますが、シーバスからは偽物と判断されてしまう

そのためにラインは細ければ細い方がいいわけです

しかし、細いと根スレが怖い…

プレミアムMaxでは細くて強いのが特徴の製品

今まで4号のフロロラインを使っていたのが3号で同程度になります

細ければ細いほどシーバスの食いがかわるので、この強さは誰よりもシーバスを多く釣りたい人にはぜひ使ってもらいたいラインですね

結束がしやすい

PEラインとフロロラインを結束する場合にフロロラインの方が固くてツルツルしていて結束しづらいことがありませんか

それはラインが細くなればなるほど鮮明に出てきます

このプレミアムMaxは、結束のしやすさはフロロラインの中ではナイロンラインに近いしなやかさを持っているのではないでしょうか

編み込んだ時にラインに食い込む感じはとてもいいですね

しやすさはノットを確実に編み込めることに繋がります

すっぽ向けてルアーだけが飛んでいくのは嫌ですからね

巻き癖が取りやすい

リ―ルからラインを出す際にもじゃもじゃになったりしませんか

フロロラインの癖が強い証拠で

途中でPEラインと引っ掛かり、めんどくさい思いをしていませんか?

プレミアムMaxでは、癖はあるものの強い癖が付きやすい印象ではありません

しかも、一度癖を撮ると綺麗に癖が抜けてるのでわずらわしさはありません

ルアーの動きにも影響も考えると、癖のとりやすさは大事ですね

まとめ

ルアーでシーバスを釣るにあたって必要不可欠になるのがリーダーです

ストラクチャーが無いような場所ではナイロンラインでリーダーを結束すればいいですが

少しでも根スレが予測されるような場所ではフロロライン一択しかありません

根スレで切れるのが嫌だからリーダーを太くするとシーバスの食いは悪くなり、細くすると根スレですぐに切れる…

細くて強いリーダーは無いものか…

そこで、シーガーのプレミアムMaxの出番になってきます

一番手下げても強度があまり変わらなく結束しやすいいいリーダーですよ

リーダーで悩んでいたり、シーバスを始める方には是非お勧めしたいですね

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ