満月でシーバスは釣りやすい?ルアー選びとポイント選択がカギ

満月でシーバスは釣りやすい?ルアー選びとポイント選択がカギ

こんにちは、食欲の秋到来!っていつもよく食べるたかっぺです。

秋の夜長のシーバスを楽しんでいますか?

十五夜のお月さんを浴びながらウェーディングしていると自然と調和している自分にテンションが上がります

しかし、満月の夜のシーバスは簡単には釣らしてくれません

明るさで視覚が効くことや、潮流の速さなどが関係し釣りづらいのが正直なところ

月夜でシーバスを捕獲するにはルアーやポイント選びがカギになることがあります

満月の夜のナイトゲームは苦戦する

 full moon

シーバスは夜行性の魚で、夜に活発に回遊します

しかし、暗闇でベイトが見えているのかというと、ほとんど見えていません

流れの中に潜み、ベイトが流れてきたら側線で感じ取りテリトリーに入った時に捕食するのが一つのバイトシーンです

この光景がよくわかるのが明暗部でして、明るいところにベイトは集まり、それを狙うシーバスは暗闇に紛れています

ナイトゲームで明暗部ができる場所と言えば、橋脚下や常夜灯などがあり、1級ポイントとなるためにシーバスアングラーが多いのもうなづけます

しかし、この明暗部で釣りづらくなる時期が満月の夜でして

月夜である程度魚の視覚が効くので、通常のナイトゲームでの攻め方では見切られてしまいがちです

明暗部だけでなく、月夜に照らされたところはシーバスはいるけど食わない状況に陥ったりしますよ

こういった状況はお手上げかというとそうではなく

ルアーのセレクトとポイントの選択でずいぶんと違ってきます

いつものナイトゲームの攻め方では通用しない

 Night fishing

いつも皆さんはナイトゲームで使うルアーと言えば、チャートカラーやレッドヘッドなどがあげられます

しかし、こういったカラーを満月の夜にチョイスしてしまうと、ある程度視覚が効くのかルアーであることを見切られてしまいます

ミノーやシンキングペンシルを使い、わずかなレンジの差で釣りをすることはいいのですが、ルアーカラーのチョイスを間違えると釣れない負の連鎖に陥ったりします

また、満月の夜は大潮付近であり、干満の差が大きい周期です

干満が大きいと、時合が極端に短い場合があります

流れに沿って回遊してベイトを探すのですが、潮の流れが速いのでベイトの移動もめまぐるしく変化します

このようにルアーが見切られることや、潮の早さなどが関係していつも以上に釣りづらくなるのが満月の夜なのです

ルアーカラーの選択肢を増やそう

 Lure color

では、満月の夜のシーバスナイトゲームはあきらめるしかないのか…

諦める前に出来ることはたくさんあります

ただ釣りにくいというだけで、ゲーム性の高さの観点からでは面白い周期なのです

ナイトゲームではチャート系やレッドヘッドを使ったりします

このカラー選択に、ナチュラル系とクリア系を入れておくのが満月の夜のセレクトになってきます

ナチュラルは何となく分かりますが、クリア系は持っている人は少ないのでは…

クリア系は自然界ではシラスなどの稚魚などで、捕食者にとっては格好の獲物になります

クリアなボディに月夜に煌きが加われば、シーバスは楽して食べれる獲物と勘違いし捕食するのでしょう

月夜には、クリア系は必ず持っておいた方がいいルアーなのですよ

明暗場所は釣りづらくなる

Light and dark areas

ナイトゲームの定番である橋脚や常夜灯周りは確かによく釣れる場所でもあります

しかし、満月の夜では、明暗が薄れてしまっていたり、流れがいつも以上に早くなる状況であるため釣りにくいのが正直なところです

釣りにくいというだけで釣れないとは違います

立ち位置の選定やルアーのキャストポイントをシビアにしていけばいいのです

立ち位置を毎回少しづつずらしたり、キャストポイントを流れに対してどのように攻めるのかをよくイメージすることが釣果に結びついたりしますよ

明暗以外では

シーバスのポイントは明暗部だけではありません

1級のポイントというだけで、他にもたくさんのポイントは存在します

その一つが、流れのある中でもシーバスが居つける場所でして

それが、潮目や反転流などの流れが緩くなる場所やストラクチャー回り、流れが淀む場所になってきます

特に明るく照らされた海面などでは潮目ははっきりわかります

潮目に向かって飛距離を稼げるルアーで探ると、入れ食いなんてパターンもありますよ

常に流れを探して、流れの変化がある場所はシーバスの回遊コースで居つく可能性が高いですよ

満月の夜は流れを意識したポイント選択とルアーカラーの選択で可能性が広がったりしますよ

ポイントに入る時は慎重に

 Status

実は、管理人を含め多くのアングラーがしがちなことで

それがよく周りを見ないでルアーをキャストしているということです

大潮の満潮時ではいつもより水面が高い状態です

水面が高いということは、シーバスのポイントが手前に出来ているということを頭に入れておきましょう

よく皆さん手前の状況をよく確認せずルアーをキャストしています

せっかく手前にいたシーバスが人の気配で逃げていくのを幾度も見ています

特に1級ポイントであれば尚更です

基本は、手前にわずかな流れの7変化があるのならそこはポイントになるということを頭に入れておきましょう

また、そういったポイントは近づくことはNGです

せっかくいる魚を逃がしてしまっったり、逃げたシーバスは周りのシーバスに伝わるのか更に釣りにくい状況を作ってしまいます

ポイントを見つけた場合や、ポイントに近づく際は特に注意しましょう

まとめ

満月の夜は釣りにくいと誰しもが嘆く、ナイトシーバスゲーム

しかし、ルアーのカラーの選定やポイントの見方などを知れば、満月の夜でも70UPを連発できるかもしれませんよ

シーバスが釣れないのではなく、釣りにくい状況を作っているのはアングラー側だということを知りましょう

そうすれば、ナイトゲームの幅が広がりシーバスゲームの奥の深さを知ってしまうでしょう

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ