新型コロナウイルス感染予防について

シリコンブレードの魔法!バクリースピンがシーバスの特効ルアーになる訳とは

シリコンブレードの魔法!バクリースピンがシーバスの特効ルアーになる訳とは

こんにちは、今年の目標は痩せることです、たかっぺです

春先のマイクロベイト攻略には手を焼きますね

デイゲームでマイクロベイト対策で必ず入れるルアーの一つにバクリースピンがあります

ブレード系ながらも、金属ブレードよりも食いがいいのが特徴的で、かつクリアな水質に特化しているので重宝しています

今回は、このバクリースピンについて色々お話していきます

すれた時こそシリコンブレ―ド

luer

デイゲームで使うルアーでは、バイブレーションやブレード系などが使う頻度が多いですよね

しかし、バイブレーションやブレード系は波動が強く、あまり波動を出してしまうとルアーを見切られる傾向にあります

スレた時の切り札でワームを使いますが、ワームをする前に是非試してもらいたいルアーがあります

それがバクリースピンです

シリコンボディーでシリコンブレードとかなり斬新なルアーですが、水中でフックやブレードの反響音が全くなく、スレたシーバスには効果的なルアーになってきます

シーバスの特効ルアーのバクリースピンについてもう少し詳しくお話していきます

デイゲームではブレード系は有効だが…

luer

デイゲームでブレードが有効なのは、ブレードの回転反射による煌きがシーバスを誘い、ベイトに近いサイズ間で口を使ってきます

ブレード系では金属製が多く反射と音でシーバスを寄せて釣りやすいのが特徴的なのですが

中には音がルアーとわかってしまう個体もいるらしく、見向きもされないことも多いとか

シーバスはいれどルアーの存在がバレているので、ブレードといえど食いが悪いことが多々ありました

この食い気が無いシーバスを食わせる能力に長けるのが、ブレードの素材をシリコンに変えたシリコンブレードが威力を発揮します

アフターシーバスには効果的

seabass

食い気はあるけど速い動きにはあまり反応してこない産卵後に戻ってきたシーバス(アフターシーバス)にはこのバクリースピンは特に効果的です

このルアーが出る前には、とにかくスローな誘いをして、ルアーのカラーにも変化を付けたりしていました

例えば、鉄板系バイブレーションによりナチュラルなカラーになるようにアワビシートを貼って、ボトム付近を波動を感じながらゆっくりリーリングしたり、ブレード系ルアーにもアワビシートを貼ったりしていました

しかし、これでも食わないことも多々あり、最終的にはワームやメタルジグを使っていたのですが

このバクリースピンが出てからというもの小細工なしで、今まで難しかった春のデイゲームが嘘のように釣れ続き二桁釣果を上げたこともあります

また、アフターのシーバスは大型も出るのですが、バクリースピンを使うと大型の確率もかなり高いので手放せないルアーです

マイクロベイトはこれがあれば怖くない

School of small fish

バクリースピンはサイズ展開が豊富です

15g・20g・30gとありますが、特にマイクロベイトの時期ではバクリースピン6gと15gを持っていればハクや稚鮎をベイトにしているシーバスは釣りやすくなります

表層付近を流しやすく、小さいサイズ+シリコンブレードは驚異的です

今まで食わせるのに苦労していたシーバスが、ただ巻くだけで釣れるのはありがたいですし、デイゲームで釣れるのは驚きですね

ちなみに、ハクパターンでは、ハクの群れの中を同調させるというよりは、蹴散らすようなリーリングがいい時もあるので、タダ巻きの中に色々織り交ぜるといいですよ

稚鮎の時はこれ!小沼アユ!

稚鮎パターンでは、このバクリースピンの小沼アユがさく裂するときがあります

このカラーの反応がやばい時が多いです

特に、河川遡上前に漁港などに群れを成している稚鮎には効果絶大です

他のバクリースピンでも釣れるのですが、小沼アユだけは釣れ続いたことがあります

しかし、河川の遡上が始まると、なぜか食いが悪くなる傾向があるので惑わされますが

銀粉も相まってとてもいいカラーでお気に入りの一つですね

水質がクリアな状況ほど使いたいルアー

 Clear sea

このバクリースピンは年中使えるのですが、向いている状況と向いていない状況がはっきりしています

それが、水質によるものでして

特に濁りがある状況下では、アピール力が無い為釣りづらいルアーになってきます

濁りのある状況下では、金属ブレードの方がバイトが多く釣りやすくなってくる傾向にあります

逆に冬場や春先のクリアな状況では威力を発揮します

このバクリースピンは、ボディーだけでなくブレードにも銀粉を施してあるので、その煌きはベイトの鱗が反射している状況によく似ているとも言われています

これが、水質のクリアな状況下では威力を発揮するというわけです

また、シリコン素材同士でフックの音が水中で反響しないので、よりベイトライクな泳ぎとなるので、これほど理にかなったルアーはないと言えるでしょう

人気の為品薄状態

このバクリースピンは、とても人気のルアーで、しかも生産が一時期に集中して行われるため、在庫が無いことが良くあります

気になる方は、とにかく見かけたら即購入することをお勧めします

ちなみに、釣具屋さんで取り寄せる場合には、一度に同じものを4個購入で取り寄せは可能になってきます

金属ブレードをシリコンブレードに交換するだけでも効果大

Remodeling

 

実は、ボディーとブレードがシリコン素材のバクリースピンでないとだめなのかというとそういうわけではありません

このシリコン素材のブレードは別売りをしていて、3枚一組で販売されています

この別売りブレードを使って、金属製のブレードをシリコンに交換するだけでも違いが出てきます

特にお勧めなのが、メガバスのマキッパのブレードをシリコンに変えたり、ブルーブルーのシャルダスにシリコンブレードを付けると、巻き心地が流れの変化を掴みやすくなるほか、サイレント仕様になるのでよく釣れるのでお勧めですよ

まとめ

このバクリースピンはデイゲームではかなり重宝するルアーの一つです

シーバスを誰よりも多く釣る為に、色々小細工が必要な今ですが

これだけシンプルに釣れ続くと気持ちがいいものです

シーバスにとっては、恐ろしいルアーの一つになることは間違いないでしょう

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ