今週のお勧め記事!タイラバの極意ここにあり!【ここをクリック!】

スー・チョー・ニーサン持ってる?魅惑のアクションがシーバスを虜にするワケ

スー・チョー・ニーサン持ってる?魅惑のアクションがシーバスを虜にするワケ

こんにちは、布団に花粉が付いていてくしゃみがひどい、たかっぺです

シーバスで人気ルアーはと聞かれると、今現在の最新ルアーが頭をよぎりますが

最新ルアーにも引けを取らず、今も尚素晴らしい実績を持つ往年の名作ともいえるルアーが存在します

それが、邪道のスーサン・チョーサン・ニーサン

名前がかわいらしく、ルアーの形が特徴的です

何よりも、その泳ぎはどのルアーにも無く、シーバスにとっては魅惑の動きで虜にするルアーです

今回は、邪道のスーサン・チョーサン・ニーサンにスポットを当ててお話していきましょう

発売から10年以上の1軍ルアー

邪道のスーサン・チョーサン・ニーサンは発売開始から10年以上たっている名作ルアーです

その独特な形から繰り出されるアクションは、ほとんどがローリングアクションでシーバスのスイッチを促せるルアーの一つです

そして常に同じレンジをキープできる、長けたレンジキープ能力はどんなん場所でもきっちりと最後までルアーを引ける性能の高さ

小型ベイトのハク・稚鮎・イナッコ・カタクチイワシでは外せないルアーの一つです

タダ巻き一つで食わせの能力が高いですが

アングラーの操作によく追従してくれるので、パニックベイトや弱り切ったベイトを演出しやすいのも大きな特徴ですね

スーサン

 

75㎜ 7gと小型ながら飛距離が出る小型ミノー

その独特なフォルムが特徴的なのですが、その泳ぎはローリングが主体のアクション

狙いの水深は50㎝とシーバス狙いではベストなセッティングです

流れの攻めや、アングラーの意図の操作によく追従してくれる食わせと誘いのルアーです

チョーサン

 

75㎜ 9gとスーサンのフォルムそのままにタングステンウエイトで更に飛距離を伸ばす設定です

泳ぎはスーさん独特な泳ぎを受け継ぐ中、飛距離が伸びるのは狙える幅が広くなるということ

風が強く、少し荒れた時の強い味方ですね

ニーサン

 

100㎜ 13gの兄貴的存在

サイズが上がっても、スーさん譲りの動きはそのままで大河川や中規模河川で望まれるサイズです

イナッコでは大変いい思いをしているニーサンは大場所では外せないですね

アクションはほぼローリング

 

スーサン・チョーサン・ニーサンどれも特徴的なのがルアーの動きです

ミノー系の動きといえばミノーがボディーをくねらせるローリングと、泳ぐような姿勢のウォブリングが混じった動きが多いですが

アクションはほとんどはローリングのみのアクションです

見た目はフラフラと泳ぎ、弱り切ったベイトそのものの動き

シーバスは弱り切ったベイトが自分のテリトリーに入った獲物に狙いを先に定めます

トレースコースとピンで入った時は全神経を張り巡らせてバイトに備えましょう

レンジが一定の強み

更に強みの一つが、レンジ設定です

水深50センチを狙いの層としているので、上を向いているシーバスにとってはそのシルエットはベイトそのものです

ナイトゲームでシーバスを攻略するには、水面付近は欠かせません

そして、レンジキープ能力は高くきっちり足元までルアーを引けるので、回収寸前バイトもあるのがこのルアーの特徴です

使えば納得のタダ巻きでよく釣れるミノーは10年以上たっても健在ですね

操作が楽しいルアー

タダ巻きでもよく釣れるのですが、アクションによく追従してくれるルアーです

特にロッドの操作でさらに弱ったベイトを演出できる数少ないルアーともいえるでしょう

スーサン・チョーサン・ニーサンを使うにあたり外せないアクションについて少しお話しましょう

チョンチョン攻撃

ラインテンションを張ったり緩めたりし、ルアーを小刻みにジャークさせる方法です

ロッドティップでルアーをはじくように操作すれば、小刻みに左右にルアーが振られます

短いスパンのドックウォークでベイトが瀕死で逃げ惑う姿を演出できるメソッドです

狙いのスポットで意図的に操作すると…

ヨタヨタ攻撃

リーリングしながらロッドを小刻みに震えるように操作すると、ローリングしながらルアーが小刻みに震えるように動きます

特に流れの中ですると、痙攣しているベイトを演出出来ているのに食わせられないシーバスにアピールできます

操作の感じは関連記事があるので参考にしてください

フラフラメソッドで春の気難しいデイゲームシーバスを攻略せよ!

小型ベイトの強い味方

スーサン・チョーサンに関して言えば、そのサイズ感から小型ベイトに圧倒的に強いルアーです

ハク・稚鮎パターンでは必ずルアーケースに入るルアー

管理人のホーム河川では、稚鮎パターンで護岸ゾーンをアップから少しアクションを付けて流す釣りでサイズは出ませんでしたが過去に数釣りを楽しんだ記憶があります

最近では、どちらかというと先発ではあまり使わず、中盤~終盤にかけての出番が多いですね

その動きの良さから、他のルアーで見切られた状況で使うといいかもしれません

最近では、他社のルアーもより面白いものがたくさん出てきていますが

邪道のスーサン・チョーサン・ニーサンはルアーのポテンシャルがかなり高い仕上がりになっています

今後も1軍扱いは真chがいないルアーですね

まとめ

魚が泳ぐ感じではなく、限りなく弱っているベイトをどのように見せるかを徹底した作りこみで魅了する邪道のスーサン・チョーサン・ニーサン

泳ぎの良さから、色々な攻め方が可能なルアーです

その物陰に潜むシーバスを、このルアーで攻撃されたら必ず口を使うでしょう

発売から10年以上たっても、他のルアーに引けを取らないのは素晴らしいですね

持っておいて損はないルアーではないでしょうか

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ