シーバス用ルアーにスナップは常識?場所を考えてセッティングしよう

シーバス用ルアーにスナップは常識?場所を考えてセッティングしよう

こんにちは、秋はどこも釣りやすいので場所選定が迷いますね、たかっぺです

皆さんはシーバス狙いでは、ルアー交換を素早くするためにスナップを使うと思いますが

場所によってはスナップでは少し不安になる場所もありまして、スプリットリングを使用した方がいい場合があります

今回は、シーバス用のルアーでもスプリットリングでの結束をする場所やリングの選定についてお話していきます

特にでかい個体が多い場合には必須になってきますよ

確実に獲物を捕るために

buri

シーバスをボートやオカッパリから狙う際にルアー交換を容易に出来て時短に出来るスナップは今やシーバスでは当たり前になっています

色々なルアーを簡単にローテーションしてシーバスを釣り上げることができたらうれしいですよね

しかし、このスナップは場所によっては不向きなところもあります

スナップ自体高強度な物が多く出回っていますが、スプリットリング並みの強度というわけにはいきません

荒れる磯場や青物も混載するエリアでは確実に獲るためのセッティングを心がけて挑むようにしなければ、後悔しか残りません

また、スプリットリングの大きさによってルアーの泳ぐ性能が変わることがあったりと万能ではないことが言えます

繊細な動きを望む場合ではスナップの方が軽く小さいのでルアーの性能を発揮しやすくなるからです

もう少し詳しくお話していきます

でかい個体と青物が混在するエリアなら

Big fish

通常シーバス狙いでは、ルアーを接続するのにスナップを使います

その方がルアー交換は容易で、ある程度の強度があるために使いやすいのが理由ですが

とにかく確実に魚を取らなければいけない場所が存在します

その場所とは

大型のルアーをよく使う場所や、磯場(ヒラスズキなど)、大型のシーバスの実績が高い場所、青物が混載するエリア

になってきます

また、多くのアングラーが集う場所では強引ファイトをしなければいけないところや、バラシによる警戒心を強めてしまうこともあるのでこういった場所でもルアーにもよりますがスプリットリングを使う場合があります

接続方法について

 Split ring

スプリットリングだけで接続でもいいのですが、スプリットリング内にリーダーが入り込むと不意に外れる場合があるのでお勧めはできません

接続には、平打ちリング(溶接リング)とスプリットリングを使いまして

 Connection

ルアー交換の際はスプリットリングオープナーを使ってルアー交換をしていきます

Split ring opener

かなりめんどくさいのですが、過去にどでかいシーバスをスナップが伸びたことでばらしてしまった経緯があるので今ではでかい個体がよく上がる場所では管理人の中では常識になっています

関連記事があるので参照してください

フィッシングプライヤーは選び方が大事!お勧めプライヤー厳選紹介

スプリットリングは大きすぎないものを選ぼう

point

平打ちリングとスプリットリングで接続するのですが、あまり大きいと重くなってしまったり、ルアーアイにリングが入りづらかったりしてきます

メーカーによってリングの大きさやlb数は変わりますが、シーバス用のルアーにセットする際は#3・4を基準にしていくといいでしょう

リングは小さければ小さいほどルアーの大きさを阻害しませんが、#0や#1など小さいとルアーの泳ぎが悪くなったり強度不足でリングが伸びたりしますので小さいリングははやめておきましょう

ルアーは、アイの位置が絶妙にセッティングされていまして、稀に泳ぎ出しがおかしく泳ぎが破綻してしまう場合があります

そんな時に疑うのがスナップやリングでして

激しく動くはずのルアーがふり幅が少ないと感じた時はスナップやリングの大きさが悪さしている場合が多いですね

小型のルアーでスプリットリングは不向き

no

7㎝程度の小型のルアーで平打ちリングとスプリットリングでの接続は動きを悪くしてしまいます

軽くてよく動くように設計されたルアーではフロント部分に重いものを付けると動きが遮られてしまうことがあります

特にミノー系に多いのですが、全然泳がないなんてことがあるので、平打ちリングとスプリットリングの接続にはある程度大きいルアーをお勧めします

実は、リングだけではなくてスナップでも同じことが言えます

でかいスナップで小型のミノーをセットしてもうまく泳がないや泳ぎ出しが悪いなんてことがあるので、スナップも番手を揃える方がいいでしょう

BBベアリングスイベルは使わない方がいい

 BB swivel

シーバス用のルアーでリングを装着する場合では、BBスイベルは使わないようにしましょう

BBベアリングスイベルを付けて、スプリットリングで接続すると、ルアーの大きさが大きく見えることがあります

ルアーだけのシルエットではなくて、プラスして大きさに反映されてきます

人間の視覚や感覚ではルアーだけを見ていますが、魚から見たらBBベアリングスイベルを含むルアーは餌の大きさになります

これを意識するしないは、バイトが多い少ないに影響します

過去にBBスイベルを使っていたのですが、ルアー同じなのにアタリが自分だけない状態に遭遇して、周りの方をよく見るとスナップやリングだけの方が多くセッティングを見直したら、ルアー同じでよく釣れたことがありました

それに、回転抑制の為だけのスイベルなのであまり意味はなかったですけどね

まとめ

シーバスシーンではあまり見ない平打ちリングとスプリットリングでの接続ですが

シーンを厳選するとどうしてもスナップでは頼りない状況に遭遇します

スナップを伸ばされて取れなかったのはアングラーのセッティングミスになってきます

確実に獲物を獲るには、確実に獲れるセッティングで挑みのがセオリーですよ

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ