今季伊勢湾青物大爆釣!ライトショアジギングで鰤がでた!

今季伊勢湾青物大爆釣!ライトショアジギングで鰤がでた!

こんにちは、眉毛1本だけが異常に伸びてくる、たかっぺです。

今季青物が湾奥まで入り込んできて、あちこちで賑わいを見せている伊勢湾ですが

よく見ると、釣れている人とそうでない人の差があるような気がしています。

やはり、楽しみで来られたのですから、それなりの釣果を上げて帰ってほしいですね。

今回は、青物で盛り上がりを見せているのに中々釣れ続かない人にどうしたら人より多く釣るのかをお話していきます。

今期の青物はちょっとちがう

本題に入る前に、近年の伊勢湾の状態を少しお話していきます。

管理人も伊勢湾でよく釣りをするアングラーです。

今年の伊勢湾で、湾の奥まで青物が入ってくるのは結構珍しいことでして

今までは、サワラやワラサなどの大型青物は稀に釣れる程度でしたが、今年の青物は異常と言っていいほど多い状態です。

7月頃から、三重県側の津方面でツバスやハマチが多く回遊していまして、これは毎年のことですので珍しいことではありませんが

四日市方面でツバスやハマチが多く入ってきていて珍しい光景に不思議な感じを覚えていました。

しかし、月日が経つにつれてツバスやハマチに加え、ワラサや鰤、そしてサワラまで数多く上がるようになっています。

私は海洋学者ではないので、はっきりとはわかりませんが

温暖化や黒潮大蛇行などが影響して日本の海流が変化によって、青物の大きな回遊が起こっているのではないかと思っています。

今後どうなるか分かりませんが、心配ですね…

でも…目の前に青物がいたら釣り上げたいのがアングラー魂ですよね。

タックルはどういたった物がいいのかな?

では、本題に入っていきますね。

今回のように、伊勢湾内で青物を狙うのであれば、場所はやや水深があり潮通しがいいエリアになってきます。

比較的足場もいい場所が多く、ベイトがマイワシやカタクチイワシなので、12㎝のミノーや40gまでのメタルジグが主流でして

ロッドはシーバスロッドのMHクラスや専用のライトショアジギングロッドになります。

これらのロッドは、青物以外にもシーバスもできるので重宝しますよ。

あまり柔らかいロッドだと、ルアーが遠投できないのでおすすめできません。

以前にライトショアジギングに特化するロッドとリール・ラインについての記述があるので、そちらご覧ください。

ライトショアジギング初心者にお勧めタックルを厳選して紹介

青物を釣る為のルアーは

ライトショアジギングではメタルジグをシャクリ誘うのが有効ですが

青物に有効なルアーとしてミノーやジグミノーもセレクトしておきましょう。

メタルジグについては、以前にご紹介している記述がありますので、そちらを参照してください。

必釣!ライトショアジギング専用メタルジグを厳選して紹介!

ライトショアジギングでビックバッカ―ジグが威力絶大!青物入れ食いも!

青物でミノーを使う場合には、基本的にミノー系のリトリーブは早く巻いてリアクションでバイトさせます。

ミノーを使う場合に考慮してほしいのが、足場が高い堤防では水噛みのいいリップの長いルアーをセレクトしていきましょう。

いわゆる、ダイビングミノーであって高い場所からでも安定してレンジをキープして早巻きでも浮き上がりにくい利点があります。

伊勢湾内で青物の実績のあるルアーやジグミノーとして

・ダイワ:ショアラインシャイナーZセットアッパー125S-DR

高い足場からでもレンジをキープでき、早く巻いても浮き上がりにくいルアーです。

流れの変化に入ると、バランスを崩すので、それが誘いにもなりますよ。

・ダイワ:ショアラインライナーZLH 130F -HD

レンジは、約1m程度ですが、重さがあり、内部のワイヤーが太く、針も大型の針を装着しています。

青物を視野にいれたルアーとしてつくられているため、やり取りも安心してできます。

・メガバス:マキッパ

今や伊勢湾でなくてはならないブレード付きジグミノー

ただ巻くだけ!とても簡単!

ツバスやハマチ・サワラに有効ですよ。

・ジャクソン:ピンテールミノー サワラチューン

サワラは、横に早く動くものによく反応します。

とにかくかっ飛ばして、早巻きするミノーです。

青物がかかっても耐えるスナップを使用しよう

これらの紹介したルアーにもう一つ付け加えるなら

ルアーの脱着によく小さいスナップを使っている人を見かけます。

青物がかかれば、すぐに伸ばされますよ。

「せっかくかかったのに…」

バラすのも釣り人の責任ですよ。

後悔しないように、テンションがかかれば外れにくくなるクロスロック式になっている物や、スプリットリングを使いましょう。

青物を釣るにはまず飛距離から!

色々タックルやルアーについてお話しましたが、肝心なことがあります。

それは、飛距離を出すということです。

ナブラがある場所に投げ入れることも勿論ですが、距離を出してルアーを長時間引いて青物に気付いてもらうことが肝心です。

それには、ルアーを飛ばすしかないのでして

せっかく重量のあるルアーと耐えるロッドがあるのですから、思いっきり投げてみましょう。

以前にキャスト方法を記載した記述がありますので、そちらを参照してください。

飛距離こそシーバスの近道!初心者の為のキャスティング講座

飛ぶ飛ばないで大きく釣果に差は出てきますよ。

誘い方で青物の食いが違う!

タックルとルアーは完璧!飛距離が出るように練習した!あとは釣るだけ!

…ちょっち待ってください!

ミノー系はただ早く巻くだけでも釣れますが、ちょっとした誘いのメソッドも使いましょう。

青物は、早い誘いによく反応しますが、終始ルアーを見ているだけのスレている状態にもなってきます。

そこで、一瞬の食わせの間が必要になりまして

そのメソッドはいたって簡単です。

・一瞬巻きを止めるストップ&ゴー

・巻きに緩急をつける

いままで反応しなかった青物がバイトしてきますよ。

先ほど紹介したメガバスマキッパは、特に効果的です。

誰も釣れていないのに、自分だけサワラが入れ食いなんてことも…

未来の釣り場を守りましょう。

今期の青物は大変盛り上がりを見せています。

しかし、その一方でゴミの問題や近隣住民とのトラブルで、釣り場の立ち入り禁止区域に指定されることもありまして

この先、未来の釣り場がなくなってしまうことが目の前に現実としてあります。

釣りは、素晴らしい趣味です。

自分の子供や孫に、素晴らしいフィールドを残すように心がけていきましょう。

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ