ショアジギングルアー編 PR

こだわり詰まった【ダイワ:リアルブレードTG】持ってる?青物キャスティングはこれだ!

 

 

こんにちは、ダイエットを決意したその日にケーキを食べました モンブラン大好き!たかっぺです

春に迫る日々ですが、青物キャスティングの準備は済んでいますか?

実は、今期最有力候補のルアーが管理人界隈で話題となっています

それが、今回ご紹介するダイワ・リアルブレードTG

2023年に発売されたブレードジグですが、その釣れっぷりを見てしまった管理人はすぐに購入しちゃいました

ダイワのリアルブレードTGは何がいいのか、実体験を踏まえてお話しましょう

一人爆釣劇のブレードジグ

以前にこんなことがありました

オフショアで浅瀬にて鰤が乱舞することがあり、同船者の方はミノーやトップ等様々なげていましたが全く見向きもしない状況

ところが、一人だけ爆釣劇をされている方がいました

その方の投げている物…それがリアルブレードTGでした

発売されて間もないことに加えて、キャストで綺麗な飛行姿勢と緩急の反応がとても良いジグと強靭なフックがついているのはまさに青物キラーと言ってもいいでしょう

その方の腕もさることながら、そのブレードジグは是が非でもほしいということで即購入となったのです

時期も過ぎてまだ自信が釣っていませんが、可能性高いブレードジグで今後注目すべきジグなのでご紹介していきましょう

高速回転ブレードとTGの魔力

青物やサワラを狙う上で欠かせないルアー

それが、ブレードジグ

高速回転のブレードのキラキラが青物やサワラに好アピールするので、青物がいて高活性なら間違いのないジグになります

それもタダ巻きで緩急を織り交ぜながら操作する等、誰しもが青物が釣れてしまうという必ず持っておいた方がいいルアー

その中でも、鉛製ではなくてよりコンパクトに出来てベイトに紛れ込ませれるぐらい小さいものは更にベイトとして認識されやすくなります

何でも食ってくるようなイメージの青物ですが、基本はその海域で食べているであろうベイトが全てになります

小さいカタクチイワシがベイトの時ほどTG製は圧倒的に食わせやすく、高回転のブレードは圧倒的な集魚力になるのは間違いないですね

青物にはコロラドブレード

木の葉型のウィローブレードや丸みを帯びたコロラドブレード

と2種類ありますが、どちらも強烈なフラッシングで集魚力は高いブレードですが、特に注目するのはコロラドブレードです

ウィローブレードより小さいコロラドブレードですが

注目するのは水流を受けると強烈なバイブレーションを発生させて波動を強めるため、特にアピールが強いとされています

現に、サワラなどはブルンブルングリングリンと泳ぐルアーに攻撃することが良くあり、サワラを狙うなら波動の強いコロラドを使うというのが最近の通説になります

こだわり過ぎたリアルブレードTG

青物を釣るために考えられたブレードジグはたくさんありますが

中でも突出しているのがダイワのリアルブレードTGではないかと思っています

アングラー目線で作られている感じで、とても扱いやすいですね

ボディ構造に注目

リアルブレードTGはタングステン製です

中でもダイワのTG製品は造形がとても美しく、加工が難しいタングステンを細かな造形ができる唯一のメーカー

その造形がリアルブレードにも施してあります

それがルアー後部のフィン形状です

キャスト時の絡みを軽減させる効果と、直進安定性に加えて極端な動きでも追従性能が高い形状ですね

コロラドブレード

オリジナルのコロラドブレードが付いています

メッキ調のブレードではなく、どちらかと言うと銀粉に近いような質感でとてもナチュラルなフラッシングが出そうな雰囲気

高速回転が可能なスイベルがあり、速度が遅くてもしっかりと回転しているような感じです

貫通力抜群の太軸シングルフック

リアルブレードはボディに目が行きがちですが

フック形状も面白いです

太軸のフックなのですが、懐が深くジギングフックを思わせるような形状です

しかもめちゃくちゃ刺さりが良すぎます

コロラドが回転するとフックも同じく回転しますが、刺さりが極端によく、懐が深いのでフッキングが決まりやすいわけです

この、ブレード付きフックだけ販売があってもいいと思いますが…

使い方次第では鯛も狙えるかも…

リアルブレードの重量設定は60g・80gもあります

あまり使わなそうな設定と思いますが、その使い道は無限になります

一つは、水深あるエリアで食い気の無い青物を釣るためにボトムから巻き上げる方法や、シーバスジギングなどにも有効と思います

この形状で80gはタイラバヘッドみたく小粒なので、60.80gは持っておいた方がいいというワケです

また、タイラバでも非常に有効ではないかと思います

鯛もブレードによく反応することがあり、カーリー系に反応が少ない場合の選択肢になると思います

ドテラ流しでは、巻かずにブレードを感じながら泳がすだけでも釣れてしまうかも…

オフショアだけでなく、ショアでも使える重量設定なので万能ジグではないでしょうか

まとめ

ブレードジグは最近特に人気があるルアーです

中でも、TG製でコロラドシングルフックは小粒ながらもハイアピールなので食わせやすさに突出しています

そんなブレードジグの中でも、更に突出しているのがダイワのリアルブレードではないかと思っています

お小遣い制で中々購入できませんが、少しづつ揃えていきたいルアーですね

久しぶりに揃えたい欲求が強くなるルアーに出会えましたよ

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう! By たかっぺ

(Visited 57 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。