スーパーライトショアジギングお勧めアシストフックをご紹介

スーパーライトショアジギングお勧めアシストフックをご紹介

こんにちは、ブログ執筆には目薬が必要な、たかっぺです。

メタルジグを購入したら、最近では針もセットでついていてラッキー!

「でも、針が曲がったりしたら予備がいるよな」

はい、その通りです!

最初からついているフックは、メーカーがオリジナルで工夫したものがついている場合がありまして

同じものは、なかなか見つかりません。

今回は、交換用のアシストフックをご紹介していきます。

アシストフックにはいろいろ種類がある

アシフトフックにはいくつか種類があるので、覚えておきましょう。

たいていのフィッシュイーターはメタルジグの目をめがけて襲ってきます。

その為、メタルジグの目付近についているアシストフックが一番重要になってきます

アシストフックには

・1本針…シングルフック

・2本針…ダブルフック

・2本針の長さ違い…段差フック

とそれぞれ読んでいます。

この3つの役割については、以前に解説していますので参照ください。

ショアジギングアシストフックの種類と注意点を解説

フロントフックの補助的役割のメタルジグのリアに3本針(トリプルフック)も、標準でついてきたりします。

魚を確実に針掛かりする為でして、つけていた方がいいのですが

根がかりが多い場所は外しておきましょう。

メタルジグがなくなるだけですので…

取り付け位置に要注意

メタルジグには、左右非対称と呼ばれるジグが結構ありまして

メタルジグが落下する時に、出っ張った方が下を向いてヒラヒラと落ちていきます

これが誘いにもなるので、大事なのですが

実は、この出っ張った方とは逆の位置にアシストフックをつけないと針が絡む原因となります。

針が絡んでいると、せっかくアタックしてきたのにフッキングしなくなりますよ。

針自体も見せるのが釣果UPの秘訣

スーパーライトショアジギングでのターゲットの中にアジ・サバ・カマスなどがいまして

メタルジグに反応しますが、5gのメタルジグでも魚のサイズが小さいとなかなかフッキングに至りません。

キラキラするものに集魚効果がありまして、メタルジグだけでなく針にも工夫されている物もいいですね。

針自体のふところ部分に平らな加工がされている物がそうでして

メタルジグを操作すると、針までキラキラしてアジ・サバ・カマスが反応するわけですね。

アシストフックは自作もできるけど

実は、アシストフックは自作が可能です。

針自体単体で売っていて、アシストラインとそのほかの道具があればできます。

でも、針が小さく、作業がしづらいこともあってスーパーライトショアジギングではお勧めできません。

「俺は、全部自分で考えて自分で仕上げる!」

という方には、以前に作成についてご紹介してますので、そちらを参照ください。

超簡単!ライトショアジギングのダブルフック自作方法をご紹介!

作る場合、フック、アシストラインも小さく細くしなければいけませんので注意しましょう。

スーパーライトショアジギングでは

針はSサイズ(もしくは最小NO)、アシストラインは一番細い物をお勧めします。

お勧めアシストフックをご紹介

アシストフックについてある程度理解してもらったところで、どういった物がいいかを

ご紹介していきます。

・クレイジーオーシャン:フラッシュアシストS

先ほどの写真にあるフックがこれです。

シルバーとゴールドが対になっていて、集魚効果抜群!

錆びやすいので、注意が必要

・カツイチ:デコイ ミニアシストツイン

ジギングでおなじみ、デコイのフックです。

デコイのアシストフックはとにかく丈夫でして、吸い込みバイトも確実にフッキングする形状

針のも平打ち加工がしてあり、集魚効果抜群です。

・コアマン:こだわりアシストフックM

シーバスで有名なコアマンの製品です。

岸壁ジギングのノウハウをつぎ込んで作られており、よく刺さる針に適度な長さが

スーパーライトショアジギングに合っています。

シングルフックのみですが、2本セットしてダブルフックとして使用も可能です。

ツバスなどの小型青物にはこれですね。

・ダイワ:SLJ アシストフック SS ダブルフック

ダイワ独自の技術でよく刺さります。

手まで刺さらないように注意しましょう。

ティンセルがついていて、アピール力は平打ち加工には劣りますが

針自体の落下速度がティンセルがついていることにより遅いため、ゆっくりの操作に向いています。

とにかくよく刺さります。

 

メタルジグ交換はスナップを使って簡単に

メタルジグとラインを直結でもいいのですが、少し面倒ですよね。

交換するときに非常に便利なのがスナップでして

スナップにラインを直結すれば、交換もらくちんです。

でも、簡単に脱着出来て便利なのですが…

不意の青物がかかれば、スナップが伸ばされることもありまして

強度が高いものを選ぶ必要があります。

 

まとめ

アシストフックについて色々ご紹介しました。

フックは、魚との距離を知事める大事な役割を持っています。

なんでもいいわけではなく、見合ったフックを選んでこそ釣果が伸びますので

今回の記述を参考にしてください。

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっ