オフショアに最適!メタルジグ収納にお勧めケースを厳選紹介!

オフショアに最適!メタルジグ収納にお勧めケースを厳選紹介!

こんにちは、もう一つの趣味がお料理をすることです、たかっぺです。

オフショア釣行時にメタルジグはどうして持っていきますか?

g単位や種類ごとにルアーケースに入れて運んだり、簡易なカゴに入れて持ち運びをしているのでは

ルアーケースは最良のアイテムですが、もっと取り出しやすく見やすい物がありまして

カゴでもいいのですが、ジグのアイがカゴに挟まったり取り出しに難ありと言った感じでして

今回は、これからジギングを始める方やケースを探している方に、見やすく取り出しやすくするケースについてお話していきます。

メタルジグはたくさんありすぎると収納に困る

釣行前にジグを取り分けて持ち込むのでしょうが、皆さん多くのジグを持ってきます。

沢山あるメタルジグは、正直収納方法にも困ってしまうこともあります

管理人も、メタルジグはたくさんありカゴに大量に入れて持ち運びしていましたが

ある日カゴの網が破れてボックス内にグチャグチャになっていたこともありましたよ。

ジギンガ―の皆さんは、それぞれ収納に関しては工夫されています。

中にはきちんと整理されていて、タックルボックスを見とれてしまうほどの方もいます。

色々勉強させてもらい、管理人は今のスタイルで落ち着いています。

様々なシチュエーションに対応する為

沢山のメタルジグが、その日にすべて使うとは限りません。

色々なシチュエーションに対応すべくメタルジグを持ち込む訳でして

曇りの日や晴天、海水の色、船長のアドバイスなどなどをまとめて使うジグを決めていきます

その為には、いくつかの大きさや動きの異なるジグを出船前に取り分けて持っていきます。

ロングジグとショートジグで分けるのがコツ

メタルジグには大きく分けてロングジグとショートジグに分かれます。

これらを分けて収納するのがコツでして

ロングとショートジグを同じルアーケースの中に入れて収納でもいいですが

取り出す際に重かったり、ケースが重さに耐えきれずと大変なことに…

また、ロングジグしか使わないことや、ショートジグしか使わない時期もあり得ますので、分けておくと取り分ける時に便利ですよ。

たくさんのジグは1つの収納ケースに入れておこう

管理人は、カゴでひとまとめにしたり、たくさんのルアーケースに取り分けていた時期もありましたが

ケースごと取り出すのが正直めんどくさいですし、時短になりません。

ましてや、周りが釣れているのにジグ交換に手間取ってしまうと、取り返しがききません

ということで、お勧めは一つのケースにジャンル別のジグを入れるということでして

つまり、ジグを立てかけて収納区分でき安定していて探しやすい物が理想になってきます。

今となっては、このアイテムは必須ですね。

重たすぎるのはNG

ここで、注意点があります。

いくら、メタルジグがたくさんいると言っても、必要以上に持っていくとタックルボックスが重すぎます

逆にたくさんのメタルジグを持って行っても選ぶときに探してしまうので意味がありません。

また、船に出し入れする際も重いと苦労しますよ。

管理人が通う遊漁船で、初心者だったころ荷物を船に入れる時に船長さんが手伝ってくれた時があったのですが

「重すぎる!自分でやって」

と、怒られたことがありました…

今でも、「こんなに必要ない」と度々言われますけどね

その時の必要なものを必要な数量だけ持っていくと、迷ったり、合っていない誘いをしなくて済みますよ

これ、結構大事なことです

メタルジグを厳選するには

必要なものを必要なだけというと難しい感じしますが

簡単な方法として、船長さんに聞くのがベターです。

予約確認時や出船前確認の電話で近況とお勧めメタルジグを聞いておくようにしましょう。

ホームページで、たまにどのようなジグがいいなどは記述している時がありますので、要チェックですね。

ジギンガ―にはお勧め収納アイテムをご紹介

色々お話しましたが、その中でお勧めな物をご紹介していきます。

・明邦化学工業:インナーストッカーBM-L

メタルジグをたてて収納できる優れもの

その利点はジグによって仕切れる・使いやすい・取り出しやすい要素が詰まっています。

ジギンガ―に特にお勧めです。

・明邦化学工業:ストッカーBM-3010/3020

明邦のバケットマウスシリーズにピッタリなジグ収納です。

メタルジグを1本ずつ収納出来て取り出しに優れています。

3010は小さめ、3020は大きめなサイズで、Dが付くものはワイド使用です。

バケットマウスシリーズを購入する際に、同時に購入するといいですよ。

・明邦化学工業:リバーシブル250V

ロングジグを収納するのにピッタリです。

不必要なときは、ボックスごとどけるようにすると釣行前は楽ですよ。

・ダイワ:ジグバック ショート/ロング

ケースではないですが、持ち運びがしやすく、水洗いも出来て頑丈

ケースごと出して、釣り座の引っ掛けるところに付けれる仕様ですので、とても重宝しますね。

メタルジグをその場で交換できるのは、本気の証

そのまま洗えることが大前提

タックルボックス内収納だけでは、意味がありません。

使用後のメタルジグは海水が付着しています。

そのまま、元の場所に入れるのでしょうが、釣行後には放置は絶対にいけません。

すごく臭くなります!

釣行後は真水で洗うのですが、ケースごと洗えるのがよく考えてあるので重宝しますね。

大事な道具を守るには、大事なメンテナンスからですよ。

関連記事があるので参照してください。

釣りが終わればすぐに簡易シャワーで臭いの原因の海水を洗い流そう!

まとめ

ジギングは、全てが魚の都合です。

少しの地合いも逃せないので、ちょっとしたことには注意しておきたいですね。

中でも、タックルボックス内のジグの収納には気を使うべきです。

ここをもたもたしてしまうと、せっかくの時合いが遠のいてしまいますよ。

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ