ブログがブログらしくなるバイブルを”ココナラ”で販売中!

フックリムーバーもう持ってる?どんな刺さり方でも簡単に取れる優れもの

フックリムーバーもう持ってる?どんな刺さり方でも簡単に取れる優れもの

こんにちは、趣味のやる気はあれど、仕事のやる気は無し!たかっぺです

近年の釣りの便利化は止まりません

魚を掴むフィッシュグリップや、ロッドやタックルの強靭かつライトな仕様等様々な釣り具が時代に合わせて便利になってきます

そんな中で、管理人も思わずポチってしまった便利ツールが、今回ご紹介するフックリムーバーです

昔に合った針外しを、より確実に外せるツールとして、注目の品物です

購入して、実際に使ってみた感じを今回はお話していきましょう

便利グッズや新し物好きの方にはたまらない1品ではないでしょうか

フックをペンチで外すのはもう古い

シーバスを無事ランディング成功!フックを外して写メ取ってリリースを…と思いきや

シーバスにかかったフックが外しにくい…と持ってるペンチでぐりぐり

中々取れないフックの位置に悪戦苦闘したことありませんか

ペンチで挟むも滑って力が伝わらず外しにくいこともたまにあります

そうこうしていくと、次第に弱っていく魚…

外し終わっても、蘇生に時間がかかり次のキャストに時間がかかったりするワケですが

実は、ペンチのフック外しは理想の外し方ではありません

確かに、しっかりと掴む入れる方向が原因となってきます

シーバスならまだしも、歯の鋭いサワラなどではペンチを使っていても外しにくさから歯でケガをしてしまう場合もあるのです

特にオフショアでは、大きなフックを使用したり大きなトリプルフックを使います

暴れる魚とめり込むフックでどうしても外しにくく、ぬめりなどでペンチが滑ってしまうこともあるので危険な場合も出てくるのです

こんな些細な問題を解決しているのが、今回紹介するフックリムーバーです

ペンチとフックリムーバーとどう違うのか、詳しくお話していきましょう

フックリムーバーは簡単・安全!

今回紹介するのは、スタジオオーシャンマークのフックリムーバーです

このコンセプトは、フック外しを簡単にかつ安全に外せること

このフックリムーバーのフックを掴む部分は、ペンチとは違いガッチリとフックを掴む3点支持

つまり、フックを保持するためにはペンチとフックの2点支持より、リムーバーの持つ構造の3点支持が圧倒的に保持力に優れています

確実につかむことで滑らず力が入りやすく、魚に食い込んだフックもあっさりと取れるのです

フックを掴むばかりではありません

もう一つ優れているのが、その長さ

長くて作業がしづらいいイメージを持ちますが、以外にもしっかり掴んだ状態で軽い力で外すことができます

又、何よりも魚の口の近くに手をもっていかないところが安全でいいですね

人間工学に基づいたデザインフックリムーバーの人間工学に基づいたデザインは、「押す」「引く」「捻る」の動作の質を一層高めます。手に馴染むトリガーとEVA製ハンドルは、握り込むことによって人と道具の一体感を高め、動作の精度と力の伝達を向上させます。

スタジオオーシャンマークHPより一部抜粋して引用

持ち手も、しっかりと力が入る大きなグリップと握りやすさがあるので、使用感としてはパーフェクトで購入してよかったものと言えます

デメリットは長いこと

メリットばかりとは限りません

実は、その長さがちょっとしたデメリットではないかと思います

長さ故に収納にとても困ります

先端部分は、しっかりとした作りなのですが、少しの衝撃で曲がってしまいそうな感じです

収納場所をしっかりとしておかないと、どこかにぶつけたり曲げたりしやすいので注意が必要ですね

管理人はライジャケに刺せる場所があるので、活用しています

ターゲットごとのラインナップ

スタジオオーシャンマークのフックリムーバーは魚種によって製品化されています

HR260L-HD・HR180L・HR165S SEABASS・HR150M・HR130Sの5種がありますが

どんな釣りものに適しているのでしょうか

トンジギ等のマグロには

HR260L-HDがお勧めとなってきます

大型魚からルアーを外すときには、リーチが長い場合が有利になります

ルアーが丸呑みされたら…ペンチで外すには厄介な部分もあり、より安全に太いフックを外す為の専用と言ってもいいでしょう

青物などに

これからのオフショアの寒ブリ時期に活躍できるHR180Lは暴れ狂う青物から素早くフックを外すのに必要なスペックではないでしょうか

ロックショアからの青物狙いにも効果は高そうですね

ただし、大型のヒラマサを狙っている方はHR260L-HDの方が無難かも

シーバス専用モデル

HR165S SEABASSは、いろんなルアーの長さを使うシーバス釣りにとっては使いやすさが光っています

他のモデルに比べてグリップ部分がガングリップになっています

より見やすく、より外しやすくを考慮したモデルです

使用場所を選ばず、ディープウェーディングでもすんなり外せる形はシーバスフィッシングでは理想形ですね

又、専用のケースも販売されています

小型魚対応モデル

HR150M・HR130S

魚にダメージを与えやすい手掴みや魚掴みを使用しなくても、フックさえ持てれば簡単にフックを外すことができるモデルです

スーパーライトジギングやアジングやサビキなど手返しを重視したHR130Sを、タイラバやフックを多く使う釣りにはHR150Mを、歯が固いクロダイにも向きそうですね

合わせて購入しておきたい

実は、これら全てに当てはまりますが

合わせて購入しておきたいのが、コード類です

針外しにしては高額なものです

そんなものが海に落としてしまえば…

そうならないためにも、コードは絶対に必要なのです

スタジオオーシャンマーク:カールコード CC1400

同メーカーで揃えるのは、本気の証

何よりも統一感出てカッコイイですね

アピア:タフネススパイラルコード(ロング)

耐久性は名前から分かる通り、タフな仕様です

後悔よりも安心の信頼を身につけたいですね

釣り具の進化は止まらない

管理人が釣りを始めた頃に比べると、今の釣り具の便利さは格段に上がっています

上がっているどころか、スタイル性や男心をくすぶるものばかり

おもわず、店頭で目についたものは、常に”ほしい”欲求との闘いです

釣り具に求めることは、釣るために最低限の事ではなく、最高のパフォーマンスを引き出せることと思っています

その為の進化は、これからも止まらないのではないでしょうか

まとめ

ペンチで一生懸命フックを外していて怪我をした…

そんな経験をした人は管理人だけでしょうか?

より確実に、より安全にフックを外す専用ツールのフックリムーバーをご紹介しましたが

針外しとしてはいささか高額な部類です

これが必要かどうかは、アングラーの価値観次第

より充実して釣りを励みたいので、管理人はシーバス専用モデルを迷いなく買いました

新し物好きで、釣りを充実していきたい方の為のツールですね

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ