リールのラインの固定はどうしてる?ラインストッパーをご紹介

リールのラインの固定はどうしてる?ラインストッパーをご紹介

こんにちは、キムチと納豆はよく合いますね、たかっぺです。

釣り具を片付ける時に、リールのラインをどのようにしているでしょうか。

ベイトリールであれば、リーダーに輪を作って引っ掛けたり、スプール内にそのまま巻き込むようにしていませんか?

人それぞれやり方はあると思いますが、便利なグッズを使えばひと手間が省けますよ。

今回は、ラインストッパーについて焦点をあててお話していきます。

ベイトリールにはラインストッパーがない?

ジギングシーンや、キャスティングシーンにおいてよく使うベイトリールですが

よく見ると、ラインを止めるところがありません。

見た目が悪くなるや、機能的に必要が無いなどの理由はあれど、無いと不便です。

ストッパーが無いとなると、そのままスプールに巻き込んだりドラグノブに巻き付けたりとなっちゃいますよね

でも、そんなことをしていると手間がかかるので、もどかしいです。

このもどかしさを解消するのに、他社でラインストッパーを使っています。

よく思うのが、「最初から付属してくれたらいいのに…」

なんて思ったりするときがありますがね…

スプール内に巻き込んで保管すると…

先ほどの話の続きですが

スプールの中にラインを巻き込んだりすると

巻き癖の強いフロロカーボンラインだと綺麗に巻かれずモジャモジャになっちゃいます

この状態で、次の釣行時にラインを出していくと、下のラインと絡んだりしまして

特にPEラインでリーダーをフロロにしているとこの状態になりやすいですよ

ラインを絡まっているところまで出して修正することがでてくるので、めんどくさいですよね。

出来る限り、スプール内に巻き込まない方がいいですね。

大型スピニングリールはめんどくさい

中型スピニングリールはラインストッパーはついていますけど、大型のスピニングリールにはついていません。

かなり太いラインを使用するので、中型スピニングリールのようなストッパーでは、壊れてしまいます。

(壊れると修理できませんので要注意)

付属のバンドでスプールをカバーしてラインを止めます

フロロカーボンラインで太糸だと、ちょっと手を離すとモジャモジャモジャ…になったりしませんか

疲れた釣行後にこんなことになると、がっかりしたりしますよね。

よく、ジギング釣行後針だけ外して、ガイドにラインを通したまま、そのまま保管している方もおられますが

管理人の家の釣り具置き場は狭すぎて、そういうわけにはいきません…

お勧めラインストッパー

そんなこんなで、ラインストッパーは結構必要になってきます。

色々探すと、取り付けるとカッコイイ!というのもあったりしますので

色々ご紹介していきます。

特にベイトリールでは種類が結構あり、カスタム感もでてくるものもあるので必見ですよ。

ベイトリール用のラインストッパー

・コーモラン:ラインストッパー

ワインダー付きのベイトリールでとても重宝するラインストッパーです。

簡単脱着で、特別なことは一切なし!

使っている方も多いのでは

・ソルトウォーターボーイズ:ラインストッパー

ベイトリールの取り付けねじを利用してラインストッパーを取り付けるタイプです。

取り付けると、カスタム感が出てカッコイイですね。

取り付けできるリールの種類が限られますのでよく確認してください。

・リブレ:ラインストッパー

ベイトリールの取り付けねじを利用して取り付けます。

カスタムで有名なリブレの製品でして、ハンドルをリブレにしている方はこちらを選んだ方が統一感が出ますよ。

ハンドルの位置によって製品が異なりますので、確認してください。

スピニングリール用のラインストッパー

大型スピニングリール用では、バンドより楽で簡単脱着できる優れものです。

・ソルトウォーターボーイズ:ラインストッパー スピニング用

ハンドルキャップを外して取り付けるタイプです。

太いラインを巻けるのでとても重宝しますよ。

リールの種類と品番をよく確認してください。

リールを買う時はセットで購入しましょう。

これらの製品は、リールを購入したときに一緒に購入した方がいいでしょう。

購入して、あとで取り付けるのもいいですが

また、注文したりすると、送料が余分にかかったり、時間がかかったりしちゃいます。

忙しいサラリーマンの方なら、時間が削られるのは死活問題!

少し大げさですが…、釣り具は選ぶのは楽しいですが結構時間がかかりますからね。

まとめ

ラインストッパーについて色々お話しましたが

例えば、実釣終了後に片付けがすぐに終わると、その場で横になって寝ることもできるのであって

そのことを考慮すると、こういった補助製品は大助かりですよ。

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ