ブログがブログらしくなるバイブルを”ココナラ”で販売中!

とっても簡単!余ったラインを素早く回収【糸くずワインダー】をご紹介

とっても簡単!余ったラインを素早く回収【糸くずワインダー】をご紹介

こんにちは、四十肩で肩甲骨あたりが痛い…たかっぺです

リーダーを結び替えた・ハリを結び直したときに出るラインの余りは皆さんどうしていますか?

持ち帰ることが基本で、どこかのポケットに入れ込みゴミを出さないようにするのがマナー

しかし、ラインって意外にごわつきポケットなどには収まりが悪いことがあります

知らないうちにポケットからはみ出たりしていることありませんか?

それでラインを落としたら意味がないわけです

専用のライン巻きを携帯しておくと、ごわつきどころか綺麗に回収してくれたり時短にもつながるのでお勧めですよ

釣り場のごみ問題との関係

ラインがゴミ問題と関係あるの?

と疑問視する方もいるのではないでしょうか

近年釣り場のゴミ問題は深刻化しています

目立つものといえば、弁当の空箱やパンの袋やペットボトルなどが目立ちますが

それ以外にも、針やラインの放置も目立っています

釣り場のごみが増えるとどうなるか…

ゴミが多い堤防は、立ち入り禁止となってきます

実は、この立ち入り禁止箇所は、加速化している状況であり、世間の目はアングラーにとって冷ややかな眼に変わってきています

こういった状況は、現状ではアングラー自身がマナーとモラルを守ることが回避できる現状なのです

釣り禁止の原因はごみの放置!持ち帰る意識を高めよう!

ラインが散乱している影響

先ほど挙げた中で、針が散乱していると危険と言うのは認識できますが

ラインが散乱しているとどうなるのでしょうか?

実際にある例として、鳥にラインが絡まり飛べなく死んでしまったことや、ラインが海中に漂い船のスクリューに絡んでしまう等の漁業関係者にも悪影響を出しています

ちょっとの切れ端だから、捨ててもいいか

ではなく、少しが積もって影響が大きくなっていることが危険視されているのです

実際に、清掃活動に参加したときに思ったのが、ラインのゴミがとても多いことです

量からすると大したことはありませんが、生き物からすると脅威になってきます

余ったラインは収納しにくい

余ったラインをポケットなどに回収するときに、ごわつき収納しづらいことがよくあります

PEラインを回収するときに、うまくまとめないと切れ端がポケットから出ていることありませんか?

どこかに引っ掛けて、ポケットからラインがはみ出ることもあるワケなのですが

結構気を付けないと、回収したラインが落ちてしまうことになってしまいます

フロロカーボンラインも厄介です

芯が強いラインは、巻き付けて何かで縛っておかないともやじゃもじゃになって収納どころではなくなります

スーパーの袋に入れるのせよ、取り出して縛ってをするのは手間ですよね

是非携帯したいライン回収機

 

あるものを購入する前はスーパーの袋を持っていき、満杯になるまで溜めていましたが

かなり手間だし、袋を開けるとラインが飛び出たりするので逆に厄介でした

そこで、釣具屋さんで見かけた、余ったラインを巻きとり収納できるものを購入したら、結構スムーズにラインが巻きとれるので今では重宝しています

それが、第一精工の糸くずワインダーになります

糸くずワインダーは巻取り・ごみ捨てが簡単

糸くずワインダーは巻き取りがとてもしやすいです

ラインを入れる入り口は少し狭いながらも、少しラインを入れて回転させると内部の突起がラインを絡め取り巻き付けてくれます

回転は手動なのですが、親指だけで操作ができるのがいいですね

巻き取ったラインも捨てる際には、フタが大きく開くのでわずらわしさが無く捨てやすいです

ただ、この製品カラビナが付属していません

購入の際は、自分好みのカラビナも合わせて購入するといいでしょう

お勧めはピンオンリールが便利ですね

自分でできるゴミの持ち帰り

近年の釣りブームでたくさんの方が、釣りに興味を持ち楽しさをしり趣味とされる方も多いのではないでしょうか

しかし、その一方で大変な事態が起きています

釣り場自体が禁止となる堤防が次々に出てきています

その背景は、ゴミ問題です

本来堤防にゴミは存在しません

釣り人が集まり、ビニール系のごみや釣りで使ったラインや針をその場に捨てる方が多く、海洋流出や生き物の影響を考えた結果に立ち入り禁止となるのです

楽しい釣りは、後世まで残していきたいもの

残すには、自分のごみは自分で片付けることだけで解決できるのです

皆のフィールド、楽しい釣りをいつまでもするためには皆さんの協力が必要なのです

まとめ

ラインが巻きついて飛べない鳥を見た時は衝撃でした

普通に飛べる鳥が、人が捨てたラインゴミで命を脅かす事態は避けるべきです

自分で出したラインゴミは全て回収しポケットやスーパーの袋に入れて帰るのですが

よりコンパクトに、より確実に持ち帰ることができるのが糸くずワインダーになります

ゴミを捨てない意識の大切さは、ツールにも表れます

皆さんも、ゴミを捨てないための工夫を意識し釣りを楽しみましょう

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ