フィッシングツール PR

素手のバス持ちは危険?!ジョーグリップで安全フィッシングライフ

こんにちは、かがんでお風呂洗いは腰にきます、たかっぺです

2023年に第一精工より面白いフィッシュグリップが発売されました

おもわず、リアクションバイトして購入したのですが

バス持ちスタイルの方にはかなり優秀で新しい発想のフィッシュグリップと思っています

その名も”ジョーグリップ”

素手のバス持ちは危険が多く、結構リスクな部分もあります

その点を大きく補ってくれるので新しく発売されたジョーグリップについてお話していきましょう

ガッチリつかむためのツール

シーバスや青物をバス持ちでの写真撮影はかっこいい持ち方で写真映えもするのですが

大きな口を親指で挟みこみ持つときに、よく滑りませんか?

魚が暴れたら尚更滑ってしまい、最悪せっかく釣れた魚を海に落として逃げてしまうこと…

ガッチリつかむツールとしてフィッシュグリップがあるのですが

結構高価だったり、安いもので挟む力が弱かったりズレていたりと

そんなもどかしさの中で、誕生したのが第一精工のジョーグリップです

魚が暴れてもバス持ちをガッチリする為の便利ものを紹介していきます

素手のバス持ちは危険!

管理人は今回ジョーグリップを購入したのですが

購入理由は素手のバス持ちが結構危険だからです

オフショアで魚を〆る際に暴れる魚を抑え込むために下あごに挟み込むフィッシュグリップでは押さえつけれず

直接口をもって頭を固定して〆ていました

しかし、鰤や大型のハタ類であれば素手でするのは結構危険なワケで過去にはケガをしたこともあったのです

その理由は…

滑る

魚にはぬめりがあるのですが

ヌメリが少しでも手につくと、とにかく滑る滑る…

力強く口をロックしても、ヌメリですり抜けてしまうような経験はありませんか

特にオフショアで青物を〆る際に暴れるので、余計にすり抜けてしまいます

刺さる

過去に、大型のマハタを釣り上げ〆る際に

両唇を掴み作業していましたが、ぬめりで滑りとっさに下唇に手を入れた時”ガブッ!”と手を食われました…

意外にマハタなどの歯は鋭いので、親指に歯が刺さり悶絶を味わいました

揺れる船内で膨らんだ魚体をフィッシュグリップで固定するのは結構至難ですからね

落とす

フィッシュグリップを持たず素手のランディング時代の事

ウェーディングで釣れたシーバスを釣り共に見せようとしたときに

カッコつけてシーバスを高く上げて見せようとした際に滑ってしまい、見せずにリリースとなってしまいました

思いっきり笑われました…

バス持ちの救世主ジョーグリップ

…と、色々なことがある釣り人生ですが

このジョーグリップを見た時は、衝動買いでした

今までの苦い経験を強みに変えてくれるバス持ちスタイルの救世主だと思っています

何がどう凄いのか、少しお話していきましょう

しっかりグリップ

ジョーグリップの構造はバス持ちでもしっかりグリップするように作られています

特に親指にはめる側は魚の口の中を包み込むような構造です

滑り落とすということが激減するのではないでしょうか

力の入りやすい仕組み

親指と支える人差し指で魚の下顎を掴みバス持ちは成立しますが

より掴みやすくするために、手全体に力が入りやすくなっています

つまり、ジョーグリップには持ち手がありしっかりと力が伝わるような工夫がいいですね

また、指ガードもついていて魚に触れない工夫もありがたいですね

安価

フィッシュグリップは安い物もありますが、ある程度挟む力とずれが無い物を選ぶのが大切です

色々見てみると、結局ある程度のお値段するものを選んでしまいます

しかし、ジョーグリップは色々な工夫がありながらも求めやすい価格設定が魅力です

約1500円で購入できるのはうれしいですね

ジョーグリップが使えない魚

安価で誰でも滑りにくいバス持ちができるグリップとしてメリットだらけだと思いきや

意外にデメリットも多かったりします

基本的にバス持ちできない魚はジョーグリップでも危険なので辞めておきましょう

代表的な3通りについて少しお話していきましょう

歯の鋭い魚

基本的に刃の鋭い魚はケガのリスクの方が高いのでやめるべきです

太刀魚・サワラなどが代表的で

これらの魚には、フィッシュグリップで安全に掴む方が良いでしょう

口の小さな魚

ジョーグリップは意外に大きいです

シーバスや青物などの口に入るような設計です

鯛やイサキなど口が小さい魚には入りきらないのでフィッシュグリップを使用しましょう

顎の強靭な魚

石鯛やコブダイなどの顎の力の強い魚はジョーグリップでも割れる恐れが出てきます

硬く安全な作りのジョーグリップですが

万が一のこともあるので貝殻を割るような魚には使用は辞めておきましょう

バス持ちにこだわりたい方はお勧め

今は広くフィッシュグリップが普及していますが

中には、バス持ちスタイルにこだわっている方も多いです

特にシーバスなどは、バス持ちの方が魚の大きさが伝わりやすく写真も映えやすいです

より安全にバス持ちをするために、ジョーグリップはお勧めです

バス持ちをして魚を〆る方にも特に安全です

フィッシュグリップでは滑り〆るのが難しいと思っていてバス持ちをしているアナタ!

このジョーグリップを使い〆る作業は楽ですよ

まとめ

第一精工より発売されているジョーグリップについて色々お話してきました

バス持ちは滑るし危険という方も多くなってきた昨今

フィッシュグリップを使う方が大半になってきても尚バスモチにこだわるスタイルはかっこいいですね

バス持ちを安全に力強くするためにジョーグリップを使ってみてはいかがでしょうか

オフショアで〆る作業には使い勝手は満点なのでお勧めですよ

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ

(Visited 133 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。