ルアーケースを使い分けて収納しよう!取り出しやすく機能的にするには

ルアーケースを使い分けて収納しよう!取り出しやすく機能的にするには

こんにちは、最近肩こりに悩まされているたかっぺです。

オカッパリでシーバスゲームを楽しむ時、ルアーをどのようにして持っていきますか

色々な種類のルアーを一つのルアーケースに入れて持っていく方も多いのでは

これって、取り出しに面倒じゃありませんか?

また、一度使ったルアーを元のケースに入れると、使わなかったルアーにも海水が付着して錆びちゃったりします

ルアーケースにも色々なタイプがありまして

使い分けにお勧めなルアーケースと、収納方法についてお話していきます。

シーバス用のゲームベストの前ポケットどう使ってる?

オカッパリでラン&ガンを楽しむシーバスアングラーの必須ツールと言えば

大きなポケットが前面に配置されているゲームベストです。

このポケットはルアーケースがスッキリ収まり、取り出しやすい位置にあるので大変重宝します。

このポケットの大きさはメーカーにもよりますが、薄型のケースなら4つ入り、ルアーを分けて持つことができまして

ケースの使い分けによっては、ナイトゲーム~デイゲームまで通しで出来ちゃいます

わざわざ、ナイト用とデイ用とルアーを分けるために車に戻らなくてもいいわけでして

その為には、色々なタイプのルアーケースを揃える必要がありますが

使い分けて入れると、取り出しがすごく楽になりますよ

ルアーケースは大きく分けて4種類ある

そんなルアーケースには、大きく分けて4つの種類に分かれます

*ここでのルアーケースはゲームベストのポケットに入る範囲内のケースを指しています

*フック・スナップなどの小物類を入れるケースは省きます

・レギュラータイプ

多くのルアーメーカーがこのタイプを採用して、多く出回っているケース

なんでも入れれる万能ケース

・薄型タイプ

レギュラータイプの約半分の薄さのケース

小型のルアーやバイブレーションを入れるのに適しています

・深型タイプ

レギュラータイプと薄型タイプを合わせたくらいの深さのあるケース

ビックベイトやビックミノーなどの大きいルアーもたくさん入るケース

・コンパクトタイプ

薄型タイプの容量半分くらいのケース

ワームや小型メタルジグなど取り出しやすさに定評あるケース

と大きく分けて4種類あります。

これらのルアーを1つのケースにごちゃごちゃに入れて、尚且つ量があると取り出しにくいですよね

時には取り出しに時間がかかったり、ルアーが落ちたりしちゃいます

ウェーディングなら最悪ルアーが見つからない…なんてことに

使い分けるとルアー取り出しが楽

ケースを使い分けることで、探す手間も減り取り出しが楽なんです

シーバスはその日のパターンを読み解くことで釣果は上がります

それには色々なルアーを試して、とにかく手返しよくしないと時合を逃してしまう羽目になります

それには、どのルアーがどのケースにあるのかがはっきりしている方がいいわけです

また、一度使ったルアーは同じケースに入れていませんか?

海水で使ったのであれば、その日使わなかったルアーにも海水が付着してしまいフックが錆びたりしますよ

この時に、使用後のルアーを入れる空のケースがあると便利ですし、後々楽ですよ

*写真のように毎回こんなにケースを持っていくことは稀でして、1日釣り場にいる想定での組み立てです

今回お見せしたケースは…

今回写真で紹介したケースをご紹介します。

実は、これらのケースはメーカー独自のカラーとロゴを印字してありまして

無地感が好きな方は明邦工業のケースを選ばれるといいでしょう。

・アピア

レギュラータイプと深型タイプとあり、シンプルな中でアピアのロゴがさりげなくてカッコイイ

・ima

レギュラータイプのケースですが、カラフルなケースが多いのが特徴です

気分に合わせて選ぶのもありですね

・パズデザイン

シーバサーあこがれのパズデザインのケース(薄型)とコンパクトタイプのケースです

入荷してもすぐに売り切れる人気のケースです

明邦工業

無地が好きという方は明邦工業より、多数のケースがあります

実は、メーカーごとのケースは明邦工業がもとになっています

・VS-3010NDDM

深型タイプのケースになります

・VS-3010NDM (マルチ)

レギュラータイプのケースになります

・VS-3010NS

薄型タイプのケースになります

・スリットフォームケースM

コンパクトタイプのケースになります(最初からスリットが付属しています)

あまりルアーを入れすぎてはダメ

あれもこれもいる…となると、ルアーケースはパンパンになってしまい、小分けにしても取り出しにくくなります。

持てる量が限られるというのをお忘れなく

釣行前に、ある程度予想を立てて組み立てるようにしましょう

なんでも入れるのではなく、パターンをある程度把握したルアーセッティングが望ましいですよ。

まとめ

シーバス釣りは、機動力と効率化が釣果に結ぶつくことがあります

それを可能にしている一つがルアーケースになってきます

ルアーがごちゃごちゃに入れてあると取り出しにくい…

取り出しやすさはテンポよくランガンにつながります

テンポが多くのポイントを回れ、テンポの良さが場所の見切りにもつながりますよ

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ