新型コロナウイルス感染予防について

こんなルアーケースが欲しかった!間切りで納得の明邦リバーシブルケースをご紹介

こんなルアーケースが欲しかった!間切りで納得の明邦リバーシブルケースをご紹介

こんにちは、勢いで500円貯金箱を買っても貯金しなければ意味がない、たかっぺです

釣行時にルアーを選別しルアーケースに入れて出かけるのですが

使用後の海水が付着したルアーを未使用と同じ場所にいれていませんか?

それ、未使用のルアーも、どうぞ錆びてくださいと言っているようなものです

洗えばいいだけのことですが、全て洗うのは手間と時間の無駄になってしまいます

かといって使用後のルアーを入れるケースを持っていくと結構かさばってしまいます

特に、ルアーをたくさん持っていく方にとっては結構悩ましいところですね

そこで、ルアーケース自体に間切りがあり、かさばらず結構収納できる明邦のリバーシブルケースが大変便利です

今回は、ルアーの分別に長け面白い収納ができる明邦のリバーシブルケースについてお話していきます

使用後のルアーを分別する

皆さん、ルアーを使用後にどのようにケースに収納しますか?

使用後と未使用を一緒にして使っているのがほとんどではないでしょうか

実は、海水などの塩分が強い場所では、ルアーを使用後と未使用で分けていないと、未使用のルアーが錆びやすくなります

洗えば問題はないと想いでしょうが

塩分濃度が高い外洋などは、さっと水を流した程度では海水が落ちにくいことがあります

特に、未使用のルアーにまで海水がかかるとフックにもよりますが、短時間で錆が発生してきます

錆は、フッキングに大きく影響します

できることなら、しっかりと分別できる工夫が必要になってきますよ

ルアーケースのアルアル

ルアーケース内のルアーでフックカバーや輪ゴムで縛っていないと、ルアーが絡まり取り出しにくさだけが出てきます

特に一つのルアーケースにたくさんのルアーを入れてしまうとなりやすくなります

絡まって思うのが、使用後でもきちんとフックカバーや輪ゴムでをちゃんとつけなきゃ…と思うのですがめんどくさがりなので結局しなくなったりします

こんなこともあるので、ルアーケースで良いものないかと探していると…ありました!

間切りで納得!明邦リバーシブルケース

*写真はリバーシブル100になります

使用後を分別できて、絡まりも皆無!

基本的に紹介するルアーケースはルアーが一つずつしか入らないため、めんどくさがりには大変重宝します

そんなルアーケースは、明邦工業のリバーシブル140です

よく見かけるゲームベストに入る大きさながら、間切りに大きな工夫がありルアー同士が絡むことが無く

使用後と未使用をきちんと分別できる優れものです

案外たくさん入る設計

このルアーケースの間切りの仕方が面白く、V型で区切りされているためルアーとルアーが触れることはありません

しかし、V型となるとスペースを多くとってしまうことがあり、ルアーが多く入らないとイメージされる方もいるのではないでしょうか

そこで、面白く考えてあるのが、リバーシブルです

つまり、表と裏にルアーの収納スペースがあり、よく使うルアーケースと大きさほぼ一緒です

ルアー入り総数が14個と結構入りながらも、分別と絡みを考慮した形は気に入っていますよ

ブレード系やバイブレーションに特にお勧め

実は、このリバーシブルケースはサイズ展開が豊富です

中でも、リバーシブル100についてはブレード系やバイブレーション最適なサイズです

ブレード系やバイブレーションは小型な物が多く、使用後にたくさん入ったルアーケースに入れてしまうと、下の方に入りこんでしまいます

そうなると取り出しにくさはイライラの元ですよね

そこで、バイブレーションやブレード系はリバーシブル100に入れています

特に、デイゲームだとこのケースの出番はかなり多いです

又、V型の間切りなのでルアーが暴れることが無く、ガチャガチャ音がしないのもいいですね

ケースごと丸洗い

このリバーシブルケースの特徴は収納だけではありません

ケースごと丸洗いが可能なのです

V型の間切りに水抜き穴も加工してあるので、ルアーそのまま入れて水洗いし、水もフタをしたまま切れるのでめんどくさがり屋には大変重宝します

アングラーの想いを集約したかのような使い勝手が大変いいので、かなりリバーシブルケースはお勧めですよ

絡まない=手返しがいい

先ほどにも述べましたが、絡まないことは手返しに繋がります

シーバスシーンにおいて、時合は長いものではありません

わずかな時間の時合しかないことが多い釣りです

そんなわずかな時合を逃すのは、シーバスアングラーにとって辛いだけになってきます

手返しはキャストやルアーの選定より前に、手返しを優先している道具からくるのです

どんなに腕のいいアングラーでも、ルアーの取り出しに手こずるのはナンセンスではないでしょうか

いろんなサイズ設定が魅力

今回ご紹介しているのは内寸140と100というサイズですが

色々なサイズに対応しています

内寸250㎜や120㎜といったサイズで、縦や横型にも対応しています

例えば、250㎜サイズでは、ロングジグをきちんと収納したい方にお勧めですし

120ミリでは、ショートジグを入れておくとスッキリと収納できるのでお勧めですよ

特にジグなどは、滑りやすいのでケースの中で暴れてしまいます

ある程度の長さの制約を取れた方が、暴れる幅も少ないのでアイの曲がりとかケースの破壊を防止できますね

まとめ

ルアーケース何がいいのか迷っている方は

是非、明邦のリバーシブル165Nがお勧めです

ルアーを絡ませることなく分別出来て、水洗いOK、使えば納得のルアーケースです

シーバスシーンにおいて、手返しを求めていくことは必須です

手返しも技術の内です

その技術を見河うための道具にもこだわりを持ちましょう

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ