新型コロナウイルス感染予防について

ヒラスズキゲームやショアジギングにお勧め!RBBレックバックをご紹介

ヒラスズキゲームやショアジギングにお勧め!RBBレックバックをご紹介

こんにちは、イチゴ大福うますぎ!たかっぺです

ヒラスズキゲーム・ロックエリアでのショアジギングではロックエリア専用ライフジャケットを付けて移動しますが

ルアーを入れるポケットなどは視認性を向上する為に、ポケットがないモデルが多いです

ルアーケースを入れるのにヒップバックを使う方は多いのではないでしょうか

しかし、ヒップバックはルアーケースの取り出しにくさあったり、長時間着用で圧迫感があったりするものです

これらを解消できるものとして、RBBレックバックを購入しました

今回はRBBレックバックを磯で使用した感じをお話していきます

ストレスないツールを選ぶ

 

RBBHPより一部引用

ロックエリアでは、ポケットが無いタイプの視認性向上を目的としたライフジャケットを装着します

衝撃性や耐久性も考慮したモデルがロックショア専用としてありますが

ポケットが無いとルアーケースの持ち運びはできず、ウエストに装着するヒップバックをよく使います

実は、このヒップバックはルアーケースを入れる際バックを回転させてケースを取り出すか、手をまわして取り出したりします

都度、ケースの落下防止にフタのファスナーを締めたりするのですが

結構な手間と、ルアーケースが上手く入らないなんてことは頻繁にありました

ショルダータイプのバックも使ったことがありますが、重く感じるのでショアジギングには辛いものがあります

このちょっとしたストレスは、足場が不安定なロックエリアでは疲れる元です

いいものが無いかなと思い、ネットを検索しているとRBBから発売されたレックバックに目が止まりました

迷うことなく、お小遣いもらったばかりだから、即ポチポチ…

届いてすぐにヒラスズキにGO !という感じに、使った感想をインプレしていきたいと思います

ロックショア専用のライジャケは機動性抜群!お勧めライフジャケットを厳選紹介

自然な位置にバックがあると釣りが楽になる

 

いざ実釣して、先に思うことはとても楽です

太もも付近にルアーケースを入れるバックがあり、ロックエリアを歩行がしにくいと思いましたが

バックが揺れないように、ウエストとふともも付近にベルトがあるのでバックが揺れず、歩行も苦になりません

また、ある程度ウエストのベルトを締めこめば、まったくズレることが無く、とてもありがたいです

ヒップバックはたまにズレ落ちる時があったので…

そして何よりも、ルアーケースが収納しやすいです

しかも、ルアーケースが2つ入っても収納に余裕があります

ルアーケースだけではなく、プライヤーやフィッシュグリップや、その他小物類も収納可能です

それが、手を下した位置にあるので、ルアー操作に全て集中できてルアー交換も時短になりました

収納方法で釣りがこんなに楽になる、正直驚きです

RBBレックバックは高機能

実際にどんな収納能力があるのか、どんな工夫があるのかを見ていきましょう

ツールが全て収納可能

このレックバックには、ルアーケースが2つ余裕で入るポケットがあります

このポケットは分割式になっていて、ルアーケースが入るスペースと、リーダーなどの小物を入れるスペースもあります

実際に、ルアーケースを2つとリーダーを入れてもまだ入ります

ポケット下部には水抜け穴があるので、不意に波をかぶっても大丈夫ですね

又、フタ(フロントフラップ)もファスナー式ではなくマジックテープ+ロック式なので、開閉がすごくスムーズです

フロントフラップを折りたたんでマジックテープで固定すれば、ルアー交換は更に容易ですね

フィッシュグリップホルダーも暴れないようにバンド固定できる物が付属しています

どんな形状のフィッシュグリップに合わせられやすく、脱着可能なのでベストに付けたりとアングラーの使いやすいようにできるのがいいですね

プライヤーも取り付けれる物が付属しています

プライヤーだけでなく、小物類を入れれるように小物入れにもなっています

予備の針やスナップ類をいれておくのにちょうどいいですね

このように随所に小物やツールを収納できる工夫はアングラーにとってはとてもありがたいですね

締め付け感が無い

結構締め付け感があるのかと思いきや、バックの位置とバックの重みで骨盤にうまく引っ掛かり楽に移動できました

強めに締め付けても、バック自体にクッションもあるので痛いなどもなく、楽な取り付け感が印象的でした

ヒップバックの場合、緩むとすぐにズレ落ちたりすることがあったりしました

ベルトも容易に調整でき、よほど激しく動かない限りはズレ落ちることはないので、使い勝手はかなり良好ですね

歩きやすい

最大の魅力は歩きやすさです

バックが太もも付近にあると歩く際にバックが暴れ、歩きにくいかと思いきや、太もも付近にベルトがあるのでバックが暴れず歩きやすいです

ウエストと太ももも2本のベルトでバックが動かないようになっているので、足場が不安定な磯場での移動は苦にならないレベルでした

少し、狭いところを通る時はバックが邪魔をしたりしていましたが、少し慣れが必要な感じでしたね

磯渡しを使って磯に行きましたが、8時間着け続けていても苦にならず歩きやすさもあるのでロックショアでは移動性を損なわない優れものです

岩場をよじ登る時はちょっとした工夫を

ロックショアで欠かせないレックバックですが

ちょっと足を動かしにくいシチュエーションがあります

それが、岩場をよじ登ることや下ることです

太もも付近にバックがあるので、どうしても足上げがしづらくなったりします

しかし、太もものベルトを外して位置をずらせば苦にはなりません

少しの工夫で色々出来るのが、このレックバックの使い勝手のいいところではないでしょうか

ロックショアでこそ、レックバックはお勧めですよ

まとめ

磯でヒラスズキやショアジギングは、いつ大型が来るかドキドキするのが醍醐味です

その瞬間の魚と向き合うためには、自分の装備は動きやすさが求められます

ロックショア専用のライフジャケットやルアーを入れるバックなどを厳選すると動きやすく快適にロックショアを楽しめます

その中の一つに、RBBレックバックがあります

移動にも、ルアー交換にもちょうどいい位置にバックがあるのでロックショアに良く出かける人はお勧めですよ

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ