ロッドを折らないために車にロッドホルダーを取り付けよう

ロッドを折らないために車にロッドホルダーを取り付けよう

こんにちは、牛乳大好きたかっぺです。

皆さん、車にロッドを入れる時、どのようにして入れていますか?

ロッドを固定して釣り場に向かう or 車内のどこでもいいから入れるだけ

実は、この行為のどちらかが大切なロッドを壊してしまうはめに…

今回は、ロッドが壊れないためのツールについてお話していきます。

車内でロッドを固定していないと…

 

冒頭分でもありますが

車内のどこでもいいから入れるだけは、ロッドの破損のリスクが高いです

実際、管理人も2回ほどロッドティップを折ってしまったことがありまして

周りの友人たちも同様のことを言っていました。

ブレーキや随所のカーブなどで、ロッドの当たり所が悪いとロッドティップは簡単に折れてしまいます。

中には、ドアを閉めた時にロッドがずれているのに気づかず挟んでしまったとか

折れると、期間と修理費が重なるだけでして(修理不可もある)

やはり、破損を防止するのには、ロッドを車内で固定して釣り場に向かうほうがいいですよね。

と…いうわけでして

車内でロッドを固定する為の、ロッドホルダーについて詳しくお話していきます。

見た目がカッコイイ

よく、運転をしていると見かけませんか?

横1列にズラッとロッドが並んでいる車を

管理人の車にも、ロッドホルダーが付いていまして、ジギングを2名で行きますが

ロッドがズラッと並んでいるのが、とてもカッコイイ!

リールやロッド自体機能美ですから、それが並ぶとカッコイイ!

と…思っているのは管理人だけでしょうかね。

色々なタイプがあるロッドホルダー

ロッドホルダーの中には、まるで最初から添えつけてあるようなものもあったり

(取り付けが少しややこしいですが)

簡単脱着できるものもあったりして、色々ありまして

どれを選ぶのかは、好みの問題になってきます。

例えば、助手席や運転席のヘッドレストに取り付けできるタイプもあったり

アシストグリップを外して、社外のロッドホルダーを組付けたり

後部座席のアシストグリップを活用してバーを組み込みロッドホルダーにしたりと様々です。

簡単脱着できるものは案外安価で揃えたりできますが、組付けの手間が多く機能美も考えたいなら

高価なロッドホルダーが必要となってきます。

タイプ別お勧めロッドホルダー

先ほどにもありましたが、車内用のお勧めロッドホルダーをいくつかご紹介します。

タイプ別とは、安価で済ませたい方機能美を意識したい方と2通りのタイプでお話していきます。

管理人自体も、安価な物や、少し高価な物を車を変えるたびに色々つけていましたので、メリット・デメリットを含めてお話していきます。

安価で済ませたい方にはこちら

・クレトム:インテリアバー

比較的、お買い求めしやすく簡単に取り付けができる優れものです。

アシストグリップに取り付けるだけでOK!

しかし、ロッドを固定するものなど使い勝手も考えると色々オプションが必要になってきます。

・セイワ:ヘッドレスト用ロッドホルダー

コンパクトカーにもってこいの製品でして、以前フィットに乗っていた時にジギングに行くとき

運転席にロッドティップが来るので、無理やり上げていましたが、この製品でかなり助かりました。

助手席や運転席のヘッドレストに取り付けるだけで、ある程度のロッド本数にも耐えれました。

・ボトムアップ:カーロッドホルダー

運転席と助手席のヘッドレストに挟み込むだけの簡単設置

お手軽に取り付けられて、ロッドの破損リスクは軽減されますね。

ただし、ロッドがあるのを忘れてシートを倒さないようにしましょう!

 

 

機能美にもこだわりたい方にはこちら

・カーメイト:ロッドホルダー

アシストグリップを取り外して、ロッドホルダーに置き換える製品でして

管理人は現在これを取り付けていまして、これの便利なところは取り付け位置が天井ギリギリで取り付けれるところでして

車内空間が広くとれるのがお勧めの理由です。

しかも、機能美でカッコイイ!

しかし、取り付けにはアシストグリップをはずさないといけませんし、時間も結構かかります。

外し方は、最寄りのディーラーで聞かれた方がいいでしょう。

定期的に増し締めをすることもお忘れなく

盗難予防にロッドはすぐに片付けよう

最近よく耳にします。

「車上荒らしでロッドが盗まれた」

実は、大半がロッドホルダーに、ロッドがそのままにしてあったために盗まれたようでして

どんな人が、車内を物色しているか分かりません。

カッコイイのはわかりますが、大切なロッドとリールを守れるのは自分自身ですので

釣りが終わって、帰宅したらすぐにタックルは片付けちゃいましょう。

車内は釣り具の倉庫ではありませんからね。

まとめ

ロッドの破損を防ぐ為にはロッドホルダーは必須のツールです。

折れてしまっては、その日の釣りだけでなく、修理から戻ってくるまで時間がかかってしまいます。

そんなことが無いように、ロッドは固定して釣行しましょう。

こだわりたい方は、高価でも機能美のあるロッドホルダーを選ばれた方がカッコイイですよ。

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ