新型コロナウイルス感染予防について

ルーティン作りが釣果を呼ぶ!集中につなげる動作を見つけよう

ルーティン作りが釣果を呼ぶ!集中につなげる動作を見つけよう

こんにちは、寒い時こそアイスクリーム!たかっぺです

スポーツでよく聞くルーティン動作を皆さんは知っていますか?

最高のパフォーマンスを作るための集中の儀式であり、多くのスポーツでよく見られますね

実は、ルーティン動作は仕事であったり、趣味であったりすべての行動に対して集中力を高めたいときに特に有効な手段です

今回は、たかが趣味で?と思うかもしれませんが、意外にもルーティン動作で釣果に影響が出るお話をしていきたいと思います

釣りでは集中力こそが釣果の分かれ道

concentration

スポーツの世界では特に有効とされるのが、ルーティンです

プロ野球では毎打席や毎投するたびに決まった動作を取り入れたり、プロゴルフでも毎打席に必ず決まった動作をする方も多いのを画面越しで見ることがあります

集中力はいきなり出るわけではなく、集中する為の儀式的なものがあるから集中に近づいていくわけでして

これは、釣りにおいても同じことが言えます

集中するということは、魚が口を使いそうな時間帯にわずかな変化を掴むことができて、その瞬間を見逃さないということで

ただやみくもに、ルアーを投げたり餌を入れている状況では魚とのコンタクトポイントがずれてしまい釣ることが難しい状況になってきます

そうならないためにも、魚とコンタクトするには、流れの変化などタックルから伝わるごくわずかな情報を感じる必要があります

この情報を聞くのが集中であり、釣るためには必要なことなのですね

集中すればわずかな流れの変化も見える

current

「ルーティンを作らなくても流れの変化は見えるし、感じ取れるからいらないよ」

なんて思う方もいるでしょうが

人の集中力は長く持ちませんし、毎回同じように出るものではありません

毎回同じように出ないということは、感じ方も変わってきます

例えば、寒い状況下ではリーリングしても意識は寒いいう感情で分散され変化には気付きにくく見逃す場合があります

しかし、寒いながらも毎投ルーティンをして、いつでも集中できる状態を作っておけばわずかな変化をすぐに察知出来て集中力をMaxに出来ます

この時に変化についた魚や回遊してきた魚をバイトに持ち込むことができるのです

一見大げさな感じに見えますが、特に船釣りなどでは結構差が出たりするものですよ、ここぞという時に休んでいるのが何よりも証拠ですよ

殺気を出さないように

集中力が高められた時に、注意したいのが「釣れろ!釣れろ!」と思うこと、つまり殺気です

魚も生き物です

タックルを通して伝わる、嫌な感じがやはり伝わるのでしょう、食いつきが悪い気がします

魚が釣れる意識よりも、ロッドワークやリーリングに意識がいくと釣れたりします

集中力を高める=殺気を出すとは違うみたいですね

誰でも簡単!ルーティン探し

Simple

ルーティンワークはさぞかし難しいのでは…と思うかもしれませんが

自分がしやすい動作を同じように続ければいいだけです

プロ野球選手のマネをしても効果はあまり得られるものではなく、自分の行動の中で今まで集中できた時の行動を思い出してするだけでいいのです

簡単にできることを探す

とにかく簡単にできることを探しましょう

管理人のルーティンを例にすると、キャスティングとジギングでも同じことをします

それが、ルアーを投げる前に必ず左足先をキャスト方向に向けることと、肩の力を抜くという動作をします

今まで釣れた時の状況を色々踏まえてのルーティン動作でして、キャストが決まりやすくピンポイントでのキャストが決まりやすくなりました

自分が今まで釣れた時や集中できた動作などを色々考えてルーティンワークにしていきましょう

ものにこだわってはダメ

ルーティンで勘違いしてはいけないのは、物にこだわるということです

ルアーはその時の状況で変えたり、壊れたりします

ロッドやリールだって同じです

物でルーティンはできないと言っても過言ではなく、基本的に自分の集中力が上がる動作に限られてきます

とある漁師のルーティン

Fisherman

管理人の祖父は漁師でした

朝も早く、どれだけ寒くても漁に出ていた姿は、今でも深く思い出として残っています

海での仕事は過酷です

網をあげる時もバランスを崩せば、海中に投げ出されかねません

漁で命を落とした方も多いと聞いています

そんな祖父は、今では亡くなりましたが

漁に出る前に、必ずしていることがありました

高校時代にもよく手伝いに行っていたこともあり、その必ずしていることは管理人も真似をしていまして

それが、漁に出る前に必ず桶に水を入れ3回かぶるということと、漁の守りの神様に手を合わせるということです

今思えば、これはルーティンであり、ケガをしないための集中する行動なのです

水をかぶることで、目を覚まし体を起こし、祈ることで気合を入れる

まさに集中力を高める行動ですね

多くの漁師さんもルーティンを大事にしているのです

釣りだけじゃない!行動にはルーティン作りが大切

 jobs

釣りだけでほとんどお話していますが、どんな状況でもこの行動は大切です

仕事であったり、家事であったり、ルーティンを作っておけば作業ははかどることがあります

仕事前にストレッチをしたり、料理をする前に手を洗うなど当たり前の動作もルーティンになったりします

どんな場面でも集中力は大切です

集中力がなく油断したときに、人はケガをしやすくなります

生活や仕事などでもルーティンを大事にしていきましょう

まとめ

釣りでルーティンは関係あるの?

釣りでは、潮の変化による流れの強弱や魚の遊泳層を見つけることが釣果の近道になってきます

どんな釣りでもこれは同じで、この些細な変化を感じて釣りをすることで釣りやすくもなってきます

技量だけが優れても変化を見つけることができなければ、自分だけが釣れない…ということもあります

変化を見つけて、魚の居場所にコンタクトする為に集中力を高めるルーティンワークが大切なのです

釣りが上手い人ほど、集中力が高い人ほどこのルーティンを心がけている方は多いのですよ

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ