タイラバタックル PR

ネクタイ・フック交換がやりやすい時代になった!!紅牙βユニットが優秀過ぎるワケ

こんにちは、メルカリでルアーを大量に売ったら結構なお金になりました、たかっぺです

タイラバで数釣りの季節になってきました

その日の潮色や水深にあわせて、ヘッドやネクタイの色や種類を決めていきバイトがある時が面白いのですが

少し問題が…

ネクタイを交換する際がとてもやりにくいということ

どのメーカーもしっかりとゴムやシリコンで留めてあるのですが

そのシリコンなどにネクタイを通したり、また組み直したりというのが細かい作業過ぎて何とかしてほしいところ

そんな中に、ダイワより紅牙βユニットが登場して、作業がとてもやりやすくなったので

今回は、とてもお勧めな紅牙βユニットについてお話していきましょう

素早いが正解

タイラバのヘッドやネクタイ交換は素早く交換ができるのがタイラバを楽しむ秘訣と考えています

海水で濡れた手で、ネクタイの通す穴は小さく入れ込むのに時間がかかったり

フック交換については別のユニットにあらかじめ結び準備しておかないと、船上では細かすぎてイライラしてきます

それが時合の真っ最中なら尚更ですよね

ですので、タイラバだけでなくジギング全般において素早い仕掛け交換は正解といえるものなのです

そして、素早いネクタイ交換を可能にしているのが、新しく発売されたダイワの紅牙βユニットになります

どういったところがいいのか等をインプレを交えてお話していきましょう

交換がしにくい=酔う

交換がしにくいということは手元をずっと見ている状態

揺れる船内で下を向きながら作業をすることは、酔ってしまうということ

酔ってしまえば楽しさも半減どころか、身動き取れない状況にもなってしまいます

ジギングでもそうですが

管理人が思う楽しい船釣りは

体が健全であれば釣れなくても、その時その時思うことを実行する経験値の積み重ねが一番の醍醐味と考えます

その醍醐味を失ってしまうのが身動き取れない状況になり

リーダーを結ぶにせよ、ジグを交換するにせよ

作業が楽で確実な物が楽しむ釣りに変わるのです

紅牙βユニットが優秀

色々言っていますが

非常に簡単な構造の紅牙βユニット

一体どんなところで簡単優秀なのか少しお話していきましょう

ネクタイを通すリングが大きい

以前の紅牙のユニットは、リーダーとフックを取り付ける治具にシリコン製の輪をネクタイと一緒に取り付ける物でした

これだと、濡れた手と揺れる船内ではネクタイを通し辛かったりしていました

他のメーカーでも簡単構造はありますが、どれも穴が小さいのが気になっていました

そんな小さい穴を改善して形になっているのが

ひょうたん型のリングになります

ネクタイを通せばキャップでかぶせるだけでしっかり止まるので、細かな作業が楽になりましたね

フック交換が容易

このひょうたん型リングはネクタイだけでなく

フック交換も素早く対応できます

よく4本針を使用していますが

フック1本1本をアシストフックの輪に通して結束します

通す際に穴が小さいとやりにくいだけで、釣行前にフックを通したものをいくつか準備しておかないと船上ではとてもやりつらい作業です

リング大きくもなったおかげで楽な交換が可能になっているのです

キャップも大きく扱いやすい

リングも取り付けしやすさでいいのですが

ネクタイを外れないようにするキャップがとても扱いやすい形です

しっかりとネクタイを止めるのは勿論ですが

大きくて持ちやすさもあるので濡れた手でも扱いやすさはありますね

結びやすい

リーダーを結ぶ際に通す穴は小さいのは勘弁してほしいです

おじさんの老眼が進んでしまった目には、この小ささは害です

よく見えるリングでとてもありがたい

と同時に、穴が大きいのは結びやすさ満点です

簡単な結びで対応する管理人と大きなリングは最強ですね

βユニットのみもお勧め

紅牙βユニットはダイワの製品で組み合わせるだけとは限りません

ユニットさえあれば、お好きなネクタイやフックと合わせられるのがこの製品のいいところ

外しやすい・取り付けやすいという観点から見れば

これほど便利な製品は無いと思います

人の好みもあるでしょうが

かなりお勧めで、βユニットだけ購入という手もあるのではないでしょうか

 

シンプル構造がベスト

オフショア全般に言えることですが

仕掛けはシンプルでまとめていきたいですね

それは、道具からノットまで幅広く言っていて、シンプルで強いものは難しくしない釣りに精通してきます

釣りは難しいと感じてしまうと、その時点で複雑な方に向かっていきより難しさを出してしまいます

過去に、結び方からタックルバランスなどを必要以上に追いかけていた時期がありますが

それが釣果に結び付いたことはさほど感じません

全てにおいてシンプルな物が、釣りに集中できて楽しむことができるのではないでしょうか?

まとめ

タイラバのネクタイやフックを止める治具はどれもやりにくい物ばかりで仕掛けの組付けに時間がかかってしまうことは多々ありました

船が揺れて下を向いていると、酔ってしまうことも

仕掛けはシンプルが一番と感じているこの頃

そんな中にダイワより紅牙βユニットが出てきました

ネクタイやフックが脱着簡単で、とにかくお勧めです

これからタイラバを始めたい方には、是非使ってもらいたいですね

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ

(Visited 154 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。