厳寒期のサーフは足元を温めろ!ウェーダー選びが最も大切

厳寒期のサーフは足元を温めろ!ウェーダー選びが最も大切

こんにちは、寒くても冷たい麦茶は作り続けます!たかっぺです。

晩秋~年末にかけて、遠州灘や熊野灘はシーバスや青物などで連日にぎわいを見せています。

特に、サーフでの釣果はランカーシーバスや鰤と言った、ショアから大型に出会える大きなチャンスです。

しかし、この時期は寒さとの闘いでして、特にサーフでは風や波の影響でよく冷えます。

寒いと、長いこと釣りができずに即リタイヤとなってしまいまして

今回は、厳寒期でのサーフでの必須アイテムのウェーダーについてお話していきます。

厳寒期のサーフにはネオプレーンウェーダーが必須

ウェーダーの役割は、体温保持と皮膚の保護でして、長靴の延長みたいなものです。

ウェーダーの素材には大きく分けると2種類ありまして

ナイロン製ネオプレーン製とあるわけですが

ナイロン製は主に夏場のウェーディングでの使用率が高く、夏場みたく比較的水の温度が高い時期に使います。

ネオプレーン製は、ウェットスーツと同じ素材でして、防水性と高い保温性で水が冷たい時に使います。

実は、冬季でも海水温度は外気温以上に下がらず、外気温より海水の方が暖かい状態でもありまして

ナイロンウェーダーでもいいじゃないかと思われますが

ナイロン製は保温力に関しては高くなく、逆に冷たい風にさらされると体温を奪ってしまいます

長い釣行時間や、アングラーが多く身動き取れない状態では、より寒さが応えますよ。

また、ウェーダー内にたくさん着て動きにくくなると疲労感は増してしまいます。

そんなこんなで、冷たい風やかぶる波で体温が奪われにくいのはネオプレーン製が有利ですね

逆に、夏場にネオプレーン製のウェーダーでは暑すぎて悶絶しますよ。

ネオプレーンウェーダーの欠点をしっておこう

厳寒期に必須なネオプレーンウェーダーですが、基本的に消耗品と考えましょう。

「せっかく高いお金出して買って、消耗品は無いよ」

と思われますが

保管状態にもよりますが、劣化してくると継ぎ目の部分から浸水してきまして

小さな穴などは、簡単に補修材で直せるのですが

継ぎ目が裂けてしまっては修復が難しく、また補修したとしても同じ場所から浸水したりします。

また、劣化はどんどん進行していきまして、いたるところの継ぎ目が避けてきたりします。

ナイロン製でも同じですが、特にネオプレーン製にあることです。

保管方法について

先ほどの欠点は保管方法によって、大きく違ってきます。

ネオプレーン製ウェーダーのブーツとネオプレーン素地の境目は折らないように気を付けましょう。

織り込んだところのシール材が伸ばされてはがれやすくなりますよ。

基本的には、ハンガーなどに吊るして保管が望ましいですが

スペース的に無理な場合は、ウエスト部分を織り込んで、ふわっと丸めるようにし、継ぎ目にあまり負担にならないようにしましょう。

それと、水気と汚れはしっかりとってから保管してくださいね、カビの原因になりますよ。

考え方は2通り

そんな、ネオプレーン製のウェーダーですが

高価なものになると5万円以上の物もあります。

より保温性が高い物や劣化しにくく、動きやすさを求めた物が高いものになってくるのですが

・高いものを買って少しでも長く着れるようにする方

・お求めしやすいお物を購入して短いスパンで交換する

と別れてきます。

管理人は、後者の方でして

ぽっちゃり体系ってのもあるのですが、幾度も冬季に浸水したことがあり、冷たさで足が凍る体験を何度かしました。

だいたい2年履ければいいかなって感じで私は使っていますよ。

動きやすさや保温性を追求した高価なモデル

先ほどの考え方の高価な方はどういった物なのかというと

・RBB:ZIPタイタニュームウェイダー

シーバサーなら知らない人はいないRBBの製品です。

注目なのは、保温性と動きやすさでして

ひざの曲げ伸ばしが、すごい楽なウェーダーです。

管理人以前はこれを使っていましたが、派手に転んでしまって敗れちゃいました…

・ダイワ:タイトフィットソルトクロロプレンウェーダー SW‐4501C-T

太もものダイワのロゴがカッコイイ!

このウェーダーはストレッチが効いていて、かなり細身です。

動きやすさと、ごわごわ感が解消されたモデルですね。

即交換を考えたコスパに優れて保温力があるモデル

・プロックス:3Dインナーネオプレンウェダー(フェルトピン付)

プロックスの製品は、安くて丈夫なこと

安いと言っても保温力は上記のハイエンドモデルに引けを取らず、動きやすさも抜群です。

ひざを曲げた時も圧迫感無く曲げれますよ。

ちなみに管理人は今年これ使っています。

・マズメ:ネオプレーンウェーダー

シーバサーでは知らない人はいないマズメからコスパに優れたモデルです。

暖かいのは言うまでもなく、マヅメのロゴがカッコイイですね。

今年初めに取り寄せしようとしても売り切れ続出で困りました。

サーフでは足元の対策も必須

風を通さなく、保温性が高いネオプレーン製ウェーダーですが

ブーツのほうはネオプレーンでなく、長靴みたいな素材でして

長いこと、波をかぶったり、冷たい風を浴びると足元が冷えてきます。

靴下を2重履いても寒い時は寒い!でして

インナーでネオプレーン製のソックスがあり、とても重宝します。

寒い時期は、ネオプレーン製のウェーダーとソックスで決まりですね。

車内にいれる場合いは密閉できる入れ物を

釣行後に皆さんは、ウェーダーをどのように車内にいれていますか?

簡易な入れ物に脱いだらそのまま入れた場合、しばらくすると海水の劣化した臭いがしてきますよ。

その匂いは、原因をとことん掃除しないとこびりついてしまいます。

車内の嫌な臭いについては、記述がありますので参照にしてください。

釣りが終わればすぐに簡易シャワーで臭いの原因の海水を洗い流そう!

理想は、水洗いをしてフタが付いている入れ物に入れるか、防水素材で出来ているチャック付きの入れ物に入れるかです。

家に帰ってきたら、真っ先にウェーダーは真水でしっかり汚れを落としてから陰干ししましょう

長く快適に着れる唯一の方法ですよ。

まとめ

とっても寒い時期の防寒対策は足元から!

ネオプレーン製ウェーダーで寒さを防ぎ、釣り場でねばることができれば釣果も見えてきます。

またネオプレーンは、衝撃性にも強いので、少しの転倒でもケガが防げる優れものです。

夏場はナイロン、冬場はネオプレーンと使い分けてシーバスや青物をとことん釣りまくりましょう!

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ