シーバスタックル PR

昌栄のネットキーパーは最高のランディングネットツールだった!

こんにちは、首ヘルニアで毎日リハビリ中のたかっぺです

シーバスをするうえで欠かせないのが、ランディングネットですが

ランディングシャフトやランディングネットは良いものを使っていても、それを装着できるツールに気を使っていますか?

よく引っ掛けるホルダーやステータイプでシャフトをゲームベストに差し込んでいますが、跳ねたりすれば簡単に外れてしまい不意に落としてしまうことは多いようです

こういった行為は意外に危険な行為で、自分も海に落下する危険もはらんでいます

今回は、そんな跳ねたりしても簡単には外れずランディング時には簡単脱着できる昌栄のネットキーパーについてお話していきましょう

ネットは落とさない

今では当たり前の光景となったランディングネットは背負ってのシーバスゲーム

背負っていたネットが跳んだら落ちたことってありませんか?

ネットが落下してよくあるのが、折り曲げるところが落下の衝撃で凹んでいたり、開きが悪くなってしまったりすること

実際にあったのが、最悪折り曲げてロックするはずの機能が壊れてしまうこと

シーバスを狙う上で欠かせないランディングネットは結構その部品はアルミ製で衝撃で壊れやすくもなっています

また、落下防止でコードをよくつけていますが、落下に際に引っ張られて自分も海や川に落下する危険もあります

そのような不慮の故障や事故を防ぐ意味でも、今回紹介する昌栄のネットキーパーは最良のツールなのです

どういうものなのか色々お話していきましょう

ランディングネット用ホルダー・ステーの弱点

引っ掛けて背負うタイプは管理人も色々使ってきましたが

結構不意にネットが落下したりしていました

この落下原因は何なのか、弱点ともいえる引っ掛ける構造のホルダーやステーについて考察してみましょう

跳ねると外れる

管理人も嫌と言うほど経験しています

わずかな段差を飛び越えたり跳ねたりすると、不意にランディングネットが落ちたりすること

引っ掛けやすいように取り出しやすいように、Dカンにホルダーやステーを差し込みますが

脱着を考えるとだいたい20㎝もないくらいのホルダーやステーになるのですが、Dカンに差し込むだけでロックするわけだないので少し激しく動いただけでも簡単外れてしまいます

簡単に曲がる

ホルダーやステーは硬質な太い針金や薄いステンレス製プレートを使っていることがありますが

簡単に曲がってしまいます

幾度も脱着を繰り返すと少しづつ力が加わって曲がっていきます

気付かないうちにホルダーやステーは広がっていき、より簡単に外れてしまうことはあるようです

Dカンに刺しにくい

Dカンのサイズと、ホルダーやステーの幅がほとんど一緒と、Dカンを持ち上げても差し込みは結構難しいと感じます

体が柔らかい人や固い人と色々な人がいるわけで、特に肩回りが固いと非常に辛いですね

結構辛いと感じる人はおおいのではないでしょうか

海に落下の危険

落下防止でゲームベストとランディングネットをリーシュコードなどで紛失防止をしていますが

ランディングネットが落下した際に引っ張られてバランスを崩して自分が海に落下してしまうことも無いとはいえません

昌栄のネットキーパーという選択

ホルダーやステーの弱点を克服したものが昌栄のネットキーパーです

脱着もスムーズで、何より激しい動きをしても落ちないのは釣りに集中できていいですね

ゲームベストの他にウエストバック等Dカンがついているところなら取り付けできて落とすことを気にしなくていいのがアングラー目線で考えられていてお勧めですよ

跳ねても落ちないマグネット

一番の嬉しいところは跳ねても落ちない仕様です

凹凸な構造でしっかりと取り付けれて、マグネットが内部に仕込んであり最大約4㎏の吸着で落ちにくい構造になっています

ゲームベスト側の取り付け部はフリーで動くので跳ねても可動域が広いので落ちないようになっているのが納得するところです

ゆすっても外れない接続

横風やファイト中などでランディングネットが横になっても落ちる心配はありません

ゲームベスト側の接続部がよく動いてくれるのと、接合したときにランディングシャフトの重さで接合部がしっかりと保持されます

どんな体制になっても落ちないのはファイト中に安心できますね

取り出しが簡単

一見取り出ししにくそうな接合ですが

簡単に取り外せます

ランディングネットを取り出す際は上に持ち上げるようにすれば簡単に外れてくれます

最大4㎏のマグネット吸着ですが、簡単に外せるので操作性はかなり楽です

外しにくいなどあれば、付属のワッシャーで磁力の調整ができるので試してみましょう

取り付けは少しやりにくい

便利ツールなネットキーパーですが

一つだけデメリットがあります

それが取り付けにくいということです

Dカンに接続用の部品があるのですが、これを持ち穴にあわせて取り付けるのが肩が固い人は結構苦しいかもしれません

ゲームベストの中には、背中のDカンが下方についていることもあるので、その場合も辛さが出るでしょう

ですが、それでもホルダーやステーよりかは取り付けしやすいので愛用しています

良いツールが安心な釣りになる

管理人は釣りをする際には安心な釣りを心掛けています

趣味として釣りをしていますが、その根本は大自然を相手にするという危機感を持って行動します

その安心を得るために必要なことは、周りをよく確認することは勿論ですが

装備品に手間取るようなことは無いかを意識しています

その一つが、ランディングネットを背中に背負うためのホルダーやステーになってきます

軽くて丈夫なランディングシャフトや獲りこみしやすいネットも大事ですが、身につけるためのツールにはよりこだわりを持つようにしましょう

何よりも不意なことは不慮の事故につながってしまうので安心を意識して趣味をしていきましょう

まとめ

少しの段差を少しジャンプして渡る時に、ランディングネットが落下…

落下防止用のコードを付けていたから海に落ちなくてよかったものの、少し間違えば自分も海に落ちてしまうこともあることです

海難事故は不注意によって引き起こされやすいです

海や川をランガンしてシーバスを釣るスタイルは、特に危険と隣り合わせです

危険を少しでも回避するために、より良いツールを選び装備するのがシーバスアングラーの役目ではないでしょうか

今回の昌栄のネットキーパーは、まさにそのようなアイテムです

よりアイテムでよい釣りを

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう! By たかっぺ

(Visited 35 times, 1 visits today)
ABOUT ME
takape
伊勢湾でのルアーフィッシングに情熱をささぐ、体はガタガタの熱血サラリーマン中年アングラーです。 長い年月してきたシーバスからショアジギング、オフショア等様々な釣りの楽しみをこのブログを通してお伝えしていきます。