新型コロナウイルス感染予防について

購入を考えている方必見!21ツインパワーSW4000XGはライトショアジギングに最適!

購入を考えている方必見!21ツインパワーSW4000XGはライトショアジギングに最適!

こんにちは、GWはほとんど家にいた、たかっぺです

ついに21ツインパワーSWが登場しました

その中で、狙っているのがヒラスズキやショアジギング用として4000XGを今回購入しました

入荷後に2回ほどロックショアを楽しんできたので、使ってみた感想等をお話していきます

これから購入を考えている方の参考となればと思います

21ツインパワーSWを選んだ理由

21ツインパワーSW4000XGを購入した主な目的は、ロックエリアでのヒラスズキやライトショアジギングです

時期にもよりますが、イサキが回遊始めるころにはライトショアジギングは非常に有効です

イサキだけではなく、海水温上昇とベイトが接岸してくる時期にもなり、ワラサ(鰤クラス)・シイラ・鰆なども有効になってきます

PEライン1.5号くらいを300m巻けて、軽快なリーリング・耐久性・防水性・ドラグ性能が高次元に備えているリールとなると、ステラなどが候補に挙がってくるのですが

いささか高額…

ステラ並みの性能を持ちながら、お値段約半額の21ツインパワーSW4000XGを購入した次第です

バンキッシュやセルテートの4000・5000クラスも考えていましたが

キャストフィールとデザインで21ツインパワSWの方が自分には合っているような感じでした

ちなみに、それまではモアザンの3012hを使っていましたが、経年劣化でいたるところにガタが来ていたので買い換えを考えたわけです

21ツインパワーSW4000XGはこんなリール

そんな21ツインパワーSW4000XGは、ソルトウォーターで使うことを想定されたリールで3代目になります

過酷な環境を想定した作りこみで、ボディーやギア等細部にわたり高耐久素材を採用されており、大型魚がかかっても安心してやり取りができる作りこみが魅力です

特にギアとボディーには巻きに備わる力が大きくかかるので、受けとめるために剛性感はシマノ最高峰の作りではないでしょうか

又、リールの最大の課題である防水性能は高い次元を誇っています

リールの寿命を左右するのが塩カミで、海水がリール内部に侵入し排水されないままほおっておくと結晶化した塩がリールの動きを遮ってしまいます

シマノの最高峰ステラと同じ機構で防水構造となっているので、波しぶきを受けるロックエリアでも通用するリールなのです

アングラーが不安に思うことを解消し、過酷な環境で大型の魚と対峙できるリールで、お求めやすい価格で21ツインパワーSWシリーズがリリースされています

今回購入した4000XGは主に、PEライン1.5号~2号を想定しているリールです

ヒラスズキや、ライトショアジギングに向いており、ハンドル1回転約100㎝の巻取り量がこれらの釣りに精通してきます

4000XG以外にも、5000HG/XG・6000PG/HG/XG・8000PG/HG・10000PG/HG・14000HG/XGと種類も豊富でロックショアジギングやオフショアでも使える豊富なラインナップは素晴らしいですね

実釣してみて分かったこと

21ツインパワー4000XGを購入して、3回ほどヒラスズキやライトショアジギングをしてきました

60㎝くらいのヒラスズキが3本ほど釣り上げた実際の操作感やドラグなど感想をお話していきます

PEラインは1.5号を300m、リーダー7号約1ヒロ半でヒラスズキとライトショアジギングをしてきました

まだ開封した間もないことから、ハンドル回転はグリスのなじみがないので重く感じますが、それでも高剛性なボディーとギア構造により滑らかでカッチリとした巻き感は十分に感じ取れます

まったくブレの無いハンドル回転はルアーの動きがよくわかります

ルアーが見えないサラシなどでは、リーリングでルアーの動きを掴むことがあるのでフィーリングはいいですね

と、プラグ操作に関しては21ツインパワーSWは出来過ぎくらいと思うくらいの好印象でした

重さが少しネック

しかし、長時間シャクり続けるショアジギングでは、少しリールの重さが気になってきます

このリールの短所ともいえるのが重量ではないかと思いますが、自重が350gと重たい部類に入ってきます

耐久性と高剛性を求めたので仕方ありませんが、あまり力のない女性の方は少し疲れるのではないでしょうか

このあたりは、使うロッドとの相性にもなってきますが

今回使用したロッドは11ftのシーバスMHクラスで、ロッドの重さも相まってそう感じただけで実際の重心位置はリールシートの位置に近いのでキャストフィールはよかったですよ

巻きやすい大きいハンドルはいい

これは個人的なことですが

21ツインパワーSW4000XGは大きめのハンドルノブが付いています

これが、結構に握りやすく巻き心地の良さにも結び付いています

デザインも、質感もよく手になじみやすく力も入るので、このハンドルはお気に入りです

少し滑りやすいのが気になりますが…

全体的なデザインは

全体的なデザインに関しては、個人差があるので何とも言えませんが

管理人個人的には、大人しめのドイツのスポーツセダンみたいでこのデザインは好きです

今までのツインパワーSW機のデザインの中では、一番しっくりくるのではないかと思っています

少し、ステラとかぶるようなデザインはステラに次ぐ最高機種を思わせるので好印象ですね

ドラグ性能に関して

実用ドラグでは7㎏と幅広い設定値を設けています

実際にヒラスズキをかけてドラグの滑り出しやドラグ音は気持ちいいの一言です

引きに柔軟に追従する回転は、滑り出しからスムーズにラインが出るので安心したファイトができます

瞬時にドラグ調整ができる調整しやすいノブもよくて、指によく絡む形状なので細かな調整はできるのはいいですね

ラインが出る時の金属が奏でる甲高いドラグ音はちょっと病みつきになりそうです

この音を録音して、聞きながらお酒を飲めるレベルですね

シマノのどの機種もドラグの設定や効きには定評があるので、ドラグに関しては問題ないの一言です

評価は…

全体的な評価に関して言うと高評価で、間違いなく今後使い続けるリールであることが言えます

実際にステラSWを購入するより、さほど変わりないツインパワーSWの方がお安くお求めできます

バンキッシュの5000番やセルテートの5000番と迷いましたが、よりソルトウォーターに特化したモデルを選んでよかったです

このツインパワーでこれからもヒラスズキやショアジギングを楽しんでいきますよ

検討を考えている方へ

過酷な環境で耐えうるリールは数少ないです

今回の21ツインパワーSW4000XGは耐久性と高剛性は信頼の証で、リールの基本性能を高次元に備えています

使ってみなければわからない部分はありますが、使って納得する部分は多いのではないでしょうか

特にヒラスズキやライトショアジギングで中型青物を狙うには最高のリールですね

まとめ

今回購入した21ツインパワーSW4000XGについてインプレをしました

使ってみて、そのタフネス性がにじみ出ている最高の機種と思っています

使えば使うほどその良さが出てくるリールなので、これからが楽しみです

後はヒラスズキを釣るだけですね

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ