魚の〆具は持ってる?〆る道具はジギンガ―にとって必須ツール

魚の〆具は持ってる?〆る道具はジギンガ―にとって必須ツール

こんにちは、凧揚げを久しぶりにしたけど、上げ方を忘れました、たけっぺです。

皆さん釣り上げた魚は、どうされていますか?

キャッチ&リリースという方もいれば、食べるのに持ち帰るという方で別れます。

食べるために持ち帰る場合、鮮度を保つのに〆る行為をしなければせっかくのおいしい魚が台無しになってしまいます。

今回は、なぜ〆るのかや〆る道具についてお話していきます。

魚を〆るのは鮮度を保つ必要行為

「巨鰤をつりあげたぞ!」「今晩は鰤づくしや!」

なんて羨ましいのでしょう…

せっかくの喜ばしい鰤はやはり鮮度抜群で食べたいですよね。

その為には、必ずすることがありまして

それは〆る行為です。

どんな魚でも、海水から出れば酸素を上手に取り入れれず死んでしまいます。

この悶絶状態から逃げるのに、必死に暴れたりします。

暴れると魚の体内で疲労物質が大量に発生してしまい、身のうまみ成分を破壊してしまいますし、熱で身焼けを起こし鮮度が急激に悪くなってきます。

鮮度を守るために、釣り上げたらすぐに〆るようにしましょう。

釣り上げて喜ぶ気持ちはわかりますが、食べるなら悶絶している魚をすぐに楽にしてあげましょう。

基本的に食べないなら食べきれないなら、すぐに逃がしてあげましょう。

〆る方法って?

脳と脊髄にダメージを与えることを〆ると言いますが

延髄を切ればいい魚もいますが魚が鰤などの大きな魚や骨が太いと、やりずらくお勧めできません。

素早くできる方法として、脳にダメージを与えるのが一番いいでしょう

ジギンガ―の憧れ鰤で少しお話していきます。

鰤の脳の位置というのは目と側線が交わる位置にありまして

印のある部分を〆具でダメージをあたえます。

目安として、目が大きく見開き・動きがおとなしくなるのでよくわかります。

これで魚が暴れませんので、次にすることが血を抜くことです。

脳にダメージを与えても心臓は動いており、放っておくと身に血が回り血生臭くなってしまいます。

鰓の付け根上下に太い血管が通っていますので、そこに刃物を通せば血がドバッと出てきますよ。

しばらく頭を下にして、海水につけると血抜けができますよ。

脳〆や血抜きしただけでもいいですが、脊髄にダメージを負わすとより鮮度が保てますよ。

しかし、これだけではありません。

鮮度を保つには、魚の温度を下げることをしなければなりません。

その方法については、記述がありますので参照してください。

オフショアで使うクーラーは保冷力がカギ!鮮度抜群を食すには…

〆るのに有効なツールとは?

そんな〆る行為に適したツールは色々ありまして

ナイフやピックなやワイヤーなどですが、どういった物がいいのかをお話していきます。

基本的に、海水で使用するのでさびにくい材質がいいでしょう。

脳〆しやすい(血抜き含む)タイプ

・ダイワ:フィッシュピック

お安くさびにくく、ピック部分を隠せる構造で安全とコンパクトになる製品です。

長めのピックなので、大きい魚でも使えますよ。

・フィッシュアロー ナブラ 一撃スティック

少し重たい〆具ですが、ピックの部分が絶妙な角度になっていて、一撃で〆ることができますよ。

でも、慣れるのに少し時間が…

見た目は、重厚感あってカッコイイですけどね。

・EXTREME 畠山研究所 〆具近海用 神経締め

〆具とは思えないステンレスの煌きが美しい〆具です。

管理人は密かにこれ狙っています。

カッコイイ!

・G-SAKAI:錆ナイフ シャークレイ

独特な形の〆具兼ナイフでして、決して錆びないのが自慢の製品です。

釣友がこれを持っていて、使わしてもらったのですが

〆るのがしやすいのに驚きました

形もユニークで、持っていて損のないナイフですね。

・ボーズレス ムラマサ 半波刃

メタルジグで有名なボーズレス

切れ味抜群!錆びることがない!がウリの商品でして

使わしてもらったのですが、とにかくよく切れるナイフです。

使用したらすぐに片付けることをお勧めします(ほんとによく切れます)

 

神経締めしやすいタイプ

基本的に大型の魚には太くて長いワイヤータイプを選びましょう。

あまり細いと、ワイヤーが折れ曲がり入っていかないので注意が必要です。

キーストン 神経絞め 

持っている方も多いのでは

鰤クラスは、1㎜の80㎝を選ぶと間違いないでしょう。

吉見製作所 形状記憶合金神経絞め 鮮度たもつ君 1.2-80cm

くるッと丸めてタックルボックスにしまえるので重宝しますよ。

あまり曲げこむと癖がつくのでほどほどに丸めましょう。

〆た後は周りを綺麗にしよう

「魚を〆た!よし!すぐにもう1匹追加や!」

え…ちょっち待ってください。

あなたの周辺は魚の血がありませんか?

魚の血は、ヌルヌルしていて大変滑りやすいです。

どんなにいいデッキブーツを履いていても、大変滑りやすいのが魚の血でして

ジギング船などは、満員であれば足の踏み場が無いくらいです。

他の人が通るのに船上が血があると、滑って危険ですので速やかに魚の血を洗い流しましょう。

船上のマナーですので守りましょう。

船長に怒られますよ。

まとめ

魚を〆るのは鮮度を保つための必要な手段です。

魚に悶絶させないようにする為の方法でもあります。

食べる分だけ持ち帰るようにして、食べない分や配りきれないのなら必ず必要な措置をして逃がしてあげましょう。

それが真のアングラーでして

後世に残す唯一の方法です。

綺麗な海を後世に残そう!魚に優しい環境を守ろう!  By たかっぺ